ナレッジ共有SaaS「Qast」を運営するanyがHENNGEから資金調達、総額8,000万円でプレシリーズAラウンドをクローズ

~社内のナレッジ共有ツール「Qast」、導入社数は1,200社を突破~

社内のナレッジ共有ツール「Qast(キャスト)」(https://qast.jp/)を運営するany株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:吉田 和史)は5月11日、HENNGE株式会社から第三者割当増資による資金調達を実施したことをお知らせ致します。

(※写真左:HENNGE株式会社 代表取締役社長 小椋 一宏様、写真右:any株式会社 代表取締役 吉田 和史)

【資金調達の概要】
4月に完了した資金調達(グローバル・ブレイン、GazelleCapitalから)と合わせて、今回のプレシリーズAラウンドで総額8,000万円を調達致しました。
この度調達した資金は、「Qast」のプロダクト開発と人材採用、マーケティング費用に充てさせていただきます。

Qastをより多くの企業様にご活用いただき、社内の情報共有に関する課題を本質的に解決できるよう努めて参ります。


【HENNGE株式会社との取り組みについて】
HENNGE One(https://hennge.com/jp/service/one/)をはじめとするエンタープライズ向けSaaSを提供するHENNGE社を株主として迎えることで、営業基盤のシナジー効果やセキュリティ面の強化を測って参ります。
これまで多数のB2Bプロダクトを展開し、昨年IPOされたご経験をお持ちで、anyとしてはそのノウハウを活用させていただきつつ、相互に事業をグロースさせていきたいと考えております。


【引受先からのコメント】
HENNGE株式会社 代表取締役社長 小椋 一宏 氏
「エンタープライズ向けSaaSであるQastを運営されるany株式会社への出資を行わせていただけることを嬉しく思います。
同じくエンタープライズ向けSaaSであるHENNGE Oneを運営する当社の支援により、営業面、技術面、セキュリティー面でのサポートを強化することができQastサービスの拡販に繋がることを期待します。」


【Qastとは】https://qast.jp/
Q&AとWiki(メモ)で社内のナレッジを一箇所に蓄積し、いつでも検索できるようにするための情報共有ツールです。



4月30日にはMicrosoft Teamsとのシームレス連携を発表し(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000033337.html)、チャットツール上で流れる重要な情報をナレッジとして蓄積することが可能です。

 



Qastは、以下のような課題を解決します。
「社内で何度も同じ質問が発生。毎回同じ説明をしていて非効率…」
「ノウハウやナレッジが属人化しており、社内に蓄積されていない」
「チャットツールで重要な情報が流れてしまい、必要な時に探せない」
「既存の情報共有システムが使いづらく、うまく活用されていない」
シンプルで使いやすいUIを特徴としており、チャットツールのTeamsやSlackと連携することによって、常に最新の情報を取得することが可能です。
例えば、テレワーク導入の際に誰に聞くべきかわからない質問を投稿したり、web会議の議事録を共有、日報やタスクのマニュアル化、全社的な掲示板等の用途でご利用いただけます。
Qastは、30日間無料でのトライアル利用が可能です。

下記よりトライアルアカウントを発行いただけます。
https://register.qast.jp/


【会社概要】
企業名                 any株式会社
代表者                 吉田 和史
所在地                 東京都渋谷区笹塚3-21-5 笹塚KNビル203
設立                    2016年10月3日
事業内容              Qastの企画、開発、運営
会社HP                http://anyinc.jp/
お問い合わせ    info@anyinc.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. any株式会社 >
  3. ナレッジ共有SaaS「Qast」を運営するanyがHENNGEから資金調達、総額8,000万円でプレシリーズAラウンドをクローズ