DMM RAIDEN RACING、株式会社PR TIMESとPRパートナー契約を締結。日本ドローンレース業界初の『挑戦』

日本初プロフェッショナルドローンレーシングチーム『DMM RAIDEN RACING』はドローンレース業界初となる試みとなるPRパートナー契約を締結致しました。


DRONE SPORTS株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:小寺 悠、http://teamraiden.com/) が運営する、日本初のプロフェッショナルドローンレーシングチーム『DMM RAIDEN RACING』と、株式会社PR TIMES(所在地:東京都港区、代表取締役:山口拓己、東証マザーズ:3922、以下PR TIMES)はPRパートナー契約を締結したことをお知らせいたします。​

DMM RAIDEN RACINGは、『空の新スポーツ』として世界で大きな注目を集め、急速な勢いで盛り上を見せる『FPVドローンレース*1』で、日本初となるプロフェッショナルドローンレースチームとして活動しております。チーム初年度となる今年、世界最高峰プロドローンレースリーグ『Drone Champions League』(以下:DCL)、中国プロドローンレースリーグ『X-FLY』『Drone GP』の計3つの海外リーグに参戦して参りました。*2
 

DCL18最終戦3位獲得。表彰台で喜ぶDMM RAIDENメンバーDCL18最終戦3位獲得。表彰台で喜ぶDMM RAIDENメンバー

弊社ではチーム活動を通じて日本のドローンスポーツシーンを盛り上げていきたいと思う反面、まだまだ日本ではドローンレースの知名度は低く情報発信の難しさを感じておりました。今回のメディアスポンサー契約は日本ドローンレース業界で初の取り組みとなり、PR TIMESが2018年8月に本格始動的に開始した、スポーツチームや団体が自ら情報を発信することを支援するプロジェクト『SPORTS TIMES』(https://prtimes.jp/sportstimes)を活用し、PRパートナーのPR TIMESと協力関係を構築しながら積極的にドローンレースの情報発信を行ってまいります。


DMM RAIDEN RACING『世界への挑戦』


◆株式会社PR TIMESからのコメント
この度、ドローンレースという新しいスポーツの情報発信を支援させていただくことに「SPORTS TIMES」として誇りを感じております。 ドローンスポーツ領域からは初のご参画になります。 一方で、ドローンレースという競技、DMM RADEN RACINGというチーム自体をまだまだ知らない方々は多くいらっしゃいます。 RADEN RACING主体の情報が、それを求める人や場所に伝わるようにワクワク感を持ってサポートさせていただきます。 今までよりも、情報発信力を高めたDMM RADEN RACINGにご期待ください!

*1:FPVドローンレースの魅力:FPVとはFast Person View(一人称視点)の略で、ドローンレーサーはHMD(ヘッドマウントディスプレイ)を装着し、ドローンから送られてくるリアルタイム映像を見て”まるでドローンのコックピットに乗っている感覚”となりスピードを競います。FPVドローンレースは世界で爆発的な人気を博し、急成長しているスポーツの1つです。
*2:DCL2018シリーズランキングは4位で終了。Drone GP・X-FLYの2リーグはシーズン途中となっております。

◇DMM RAIDEN RACING 公式SNSのフォローを是非よろしくお願いいたします。◇
◆Twitter◆Follower627◆速報情報を知りたいファンにオススメ!
https://twitter.com/RAIDEN_DRONE?lang=ja
◆Instagram ◆Follower1326◆毎日更新中!写真からチームを見たいファンにオススメ!
https://www.instagram.com/raiden_drone/
◆Facebook◆Follower690◆大会時、LIVE配信をしてます!チームの様子を見てみたいファンにオススメ!
https://www.facebook.com/raidenracing/

◆Web◆
 http://teamraiden.com/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. DRONE SPORTS株式会社 >
  3. DMM RAIDEN RACING、株式会社PR TIMESとPRパートナー契約を締結。日本ドローンレース業界初の『挑戦』