国内初、AIが最短1分で「住宅解体」の見積もり予想金額を算出解体希望者と工事会社のマッチングサービス「くらそうね」正式版の提供開始

全国800社以上のネットワークと累計2万件超の見積もりデータをもとに開発、空き家問題の早期解決を目指す

 解体工事・外構工事の一括見積もりWebサービスを運営する株式会社クラッソーネ(名古屋市中村区、代表取締役 川口哲平、以下クラッソーネ)は、この度、複数の解体工事会社による見積もり予想金額の算出をAIによって自動化した国内初のサービスとして、解体を希望する施主と工事会社のマッチングサービス「くらそうね」正式版の提供を4月1日(水)より開始します。これにより、平均20日かかる解体工事金額の見積もりを最短1分に短縮することができるほか、工事会社との直接取引により、従来のハウスメーカーや大手不動産会社を介す際のマージンが発生せず、工事費用を削減することが可能となります。年内に本サービスの月間利用者数2,000名(※)を目指し、社会課題化する「空き家問題」の早期解決や、昨今注目を高めている「住まいの終活」の推進に取り組みます。(※「くらそうね」の見積もり予想金額算出機能の利用者数)

 

 

CEO川口(左)とCOO堀口(右)CEO川口(左)とCOO堀口(右)

 近年、空き家問題が拡大し戸建て住宅の解体ニーズが高まる中、空き家や住宅の解体工事を行うには、複数社の見積もり取得までに平均20日ほどかかるのが一般的です。また、親族など関係者が多くいるために合意形成に時間がかかり、解体工事がスムーズに進みにくいといった一面もあります。例えば、お正月やお盆などの機会に親族で話し合うケースが多いですが、一度の話し合いで全てを決定することは稀なため、次の議論の場は半年後など先延ばしになりやすく、解体工事の検討から工事が完了するまでに半年から1年以上の期間を要することもあります。このように、判断材料となる見積もりが手元に届くのが遅れ、検討や判断に時間がかかってしまうことにより、空き家の解体工事が進まない実情がありました。

 クラッソーネは、住まいの領域から「豊かな暮らし」をサポートすることを目指して、解体工事・外構(エクステリア)工事の一括見積サービスを運営する企業です。解体工事の一括見積サービス「くらそうね解体」を2011年から、外構工事の一括見積サービス「くらそうねエクステリア」を2012年から展開し、相談件数5万件以上の実績があります。そのような中、解体工事完了までの期間を短縮化するため、これまでの「くらそうね解体」における累積約2万3000件の住宅解体に関する見積もりデータをもとに、AIによって解体の見積もり予想金額を算出する本サービスを開発しました。昨年12月よりベータ版として愛知県限定でテスト提供を行ってきましたが、この度、全国800社以上の解体工事会社のネットワークを整備し、正式版として全国での提供に至りました。
 

サービスイメージ画像サービスイメージ画像

■「くらそうね」の正式提供について
 「くらそうね」は複数の工事会社による見積もり予想金額をAIで算出できる、国内で初めてのマッチングサービスです。Web上で約10項目の物件情報(建物詳細・近隣環境・動機・工期など)を選択し、郵便番号と電話番号を入力するだけで、価格予測AIが工事会社の予想金額を最短1分で算出し、最大10社からの見積もり予想金額を確認できます。これにより、施主は従来、複数社の見積もり取得までに平均20日ほどかかっていたのが、最短1分で複数社の見積もり予想金額を取得でき、解体工事を実施するかどうかの意思決定を早めることができます。

 また、施主はハウスメーカーや大手不動産会社を介さず、直接工事会社に発注することで、マージンが発生せず、工事費用を削減することができます。例えば、自宅の建て替えで、工務店経由の解体工事の見積もり金額が190万円だった施主が、本サービス経由により155万円で工事ができ、約2割のコストカットを実現することができました。
 さらに、工事会社の口コミや定量的な評価(対応マナー・追加費用・工事品質・工期遵守・近隣配慮の5項目)を確認することができるため、評価の高い工事会社を選択することで、解体工事に関するトラブルを未然に防ぐことができます。解体工事における不安点や疑問点については「くらそうね」の担当スタッフへ相談可能で、見積もり内容の相談から工事完了までを一気通貫でサポートします。

 一方で、工事会社にとっても、集客効果と業務効率アップが期待できます。まず、自社の予想金額や会社情報を確認した施主のみが本見積もりを申し込むため、受注確度の高い顧客を獲得することができるようになります。また、アプリ上で見積もり作成と顧客への送付ができるため手間を省くことができることに加え、会社情報ページにて自社の強みやこだわりをアピールすることができます。
 

工事会社の評価や口コミの確認画面工事会社の評価や口コミの確認画面

■パートナー企業コメント 株式会社 酒松組 専務竹本氏
 お客様と直接取引ができるので、詳細打ち合わせや契約に関してスムーズな取引が可能になります。それにより、中間マージンのカットができるのでお客様にとってはコスト削減ができ、我々も余計な費用をかけることなく対応できるのでお互いのメリットに繋がっていて、良いサービスだと思います。

■「くらそうね」サービス概要
<施主向け>
・提供開始日            :2020年4月1日(水)
・施主利用料            :無料
・主な機能・サービス
見積予想金額算出:累積約2万3000件におよぶ住宅解体に関する見積もりデータをもとに、AIによって解体の見積もり
予想金額を算出(最大10社分を表示)※特許出願中
工事会社情報閲覧:工事会社について「対応マナー」「追加費用」「工事品質」「工期遵守」「近隣配慮」の5項目から定量的な評価や口コミを確認可能
メッセージ送受信   :工事会社と直接メッセージの送受信が可能
専門スタッフ相談   :解体工事における不安点や疑問点について「くらそうね」担当スタッフへ相談でき、見積もり内容の相談から工事完了までを一気通貫でサポート
契約締結             :クラウドサインを用いた電子契約により契約手順を簡略化
・URL(施主向け)      :https://www.crassone.jp

<工事会社向け>
・工事会社利用料     :初期費用無料、月額利用料無料、成約手数料 工事金額の10%
・工事会社の「くらそうね」利用メリット
集客効果            :自社の予想金額や会社情報を確認した施主のみが本見積もりを申し込むため、受注確度が高い顧客を獲得可能
業務効率アップ    :アプリ上で見積もり作成と顧客への送付ができるなど業務手順の効率化が可能
・利用申し込み方法  :下記の専用フォーム、専用フリーダイヤルから申し込みを受け付け
利用申し込みフォーム:https://go.crassone.jp/signup
利用申し込みフリーダイヤル:0120-849-165
・URL(工事会社向け):https://www.crassone.jp/biz/index

■株式会社クラッソーネについて(会社概要)
本社           :〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅5丁目7番30号 名駅東ビル4F
代表者        :代表取締役 川口 哲平
設立           :2011年4月1日
資本金        :152,985,000円(資本準備金含む)
URL            :https://www.crassone.co.jp
事業内容    :解体工事と外構(エクステリア)工事領域で、全国約2,400社の専門工事会社と施主をマッチングする一括見積もり・コンサルティングサービス「くらそうね解体」「くらそうねエクステリア」「くらそうね」を運営

 


■株式会社クラッソーネ 代表取締役 川口 哲平 プロフィール

CEO川口CEO川口


 愛知県名古屋市生まれ。1983年1月25日生まれ。京都大学農学部・地域環境工学科卒。大学でダムや用水路の設計、機械設計を学ぶ。卒業後、2005年にセキスイハイム中部株式会社に入社し、住宅営業として6年間勤務。セキスイハイムグループ3,000人の中で最優秀営業賞を受賞する。2011年3月に退職後、翌4月に株式会社クラッソーネを創業し現在に至る。

 

 大きな社会課題となっている空き家問題を解決するため、今後は住宅解体から、不用品の回収、お金の工面、土地の売却までを可能にするワンストップサービスを目指していく。

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社クラッソーネ >
  3. 国内初、AIが最短1分で「住宅解体」の見積もり予想金額を算出解体希望者と工事会社のマッチングサービス「くらそうね」正式版の提供開始