InsurTech SaaS「保険簿forBusiness」がマニュライフ・ファイナンシャル・アドバイザーズ株式会社をはじめ採用20社超。顧客とのコミュニケーション&リモート商談を円滑に。

既存顧客への請求勧奨・アフターフォローを強化

株式会社IB(代表取締役:井藤 健太、本社:東京都渋谷区)は、弊社が提供する顧客とのコミュニケーションSaaS「保険簿forBusiness」のツール採用が20社を超えたことをお知らせします。


【「保険簿forBusiness」について】
保険簿forBusinessは、弊社が保険事業者に提供しているSaaSです。
コンシューマーが加入保険情報を管理できる「保険簿アプリ」と連携することで、顧客の加入保険を一緒に参照できるだけでなく、チャットでの相談対応が可能になります。
https://www.hokenbo-ib.com/hokenbofb 

 


【「保険簿」について】
保険簿は、弊社が保険の請求もれを防ぐ目的でコンシューマーに提供しているアプリです。
保険の請求もれとは、「保険加入者自身が、請求できるはずの保険に気付けず、そもそも請求をしていない」ということです。
保険簿アプリは次のような仕組みで保険の請求もれを防いで参ります。


①カンタン登録

保険証券を撮影するだけで情報を登録でき、あらゆる契約を把握できるようになります。

②請求診断
「ケガをした」「車が壊れた」など思い当たる項目を選択すると「請求できそうな保険」が瞬時に表示されます。
③請求勧奨
「そんなことも保険金を受け取れるの?」という気づきを提供するため、「よくある請求もれ事案」を配信します。
④家族と共有
いざというとき「家族がどの保険会社に契約しているかわからない!」ということを防げます。
⑤かかりつけの保険担当者と相談
信頼している担当者と、加入保険全体を踏まえた相談が簡単にできるようになります。
https://www.hokenbo-ib.com


【保険代理店におけるツール採用の背景】
マニュライフ・ファイナンシャル・アドバイザーズ株式会社をはじめ、保険代理店各社は、顧客と長きにわたってお付き合いをする上で、「保険のプロとして総合的なアドバイス」「適時適切なアフターフォロー」「保険金・給付金請求に関する情報提供」をより高度に実現したいという課題がございました。
そんな中、「保険簿forBusiness」を活用することで、顧客の加入保険全体を参照できるだけでなく、シンプルなチャット機能や保険簿アプリの請求勧奨によって、課題の解決を図って参ります。

また、各社は新型コロナウイルス感染拡大防止に配慮し、オンラインでの保険相談サービスも展開しております。保険簿forBusinessの活用によって、オンライン保険相談における、顧客の加入保険全体を把握したアドバイスを強化します。
 

 



【IBについて】
会社名 : 株式会社IB(アイビー)
所在地 : 〒150-0041 東京都渋谷区神南1-20-2 第一清水ビル2階
代表取締役 : 井藤 健太(いとう けんた)
サービス開始 : 2019年10月1日
URL : https://www.hokenbo-ib.com
「保険の請求もれをなくす」というミッションのもと、2018年10月に設立。
弊社は保険募集事業をせず、保険業界を中心とした様々な事業者と協力し、保険の請求もれを防いで参ります。


【本リリースに関するお問い合わせ先】
TEL:03-6453-4306
e-mail: info@113-bo.com
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社IB >
  3. InsurTech SaaS「保険簿forBusiness」がマニュライフ・ファイナンシャル・アドバイザーズ株式会社をはじめ採用20社超。顧客とのコミュニケーション&リモート商談を円滑に。