【電子カルテ】Voice-Karteが医療法人光恵会で採用されました

~患者様と向き合える音声解析機能搭載クラウド電子カルテVoice-Karte~

kanata株式会社(東京都中央区、代表取締役:滝内冬夫)は、自社が提供するクリニック向け音声解析機能搭載クラウド電子カルテVoice-Karteが、医療法人光恵会(埼玉県川口市、理事長:藤澤貴興)に採用が決定いたしましたのでお知らせいたします。
【医療法人光恵会で採用された背景】
外来と在宅診療を中心に地域密着して安心・良質・平等な医療を提供してこられている芝西医院で、特に在宅診療において電子カルテの記載・転記・帳票類の作成などの業務が非常に負担となっており、業務時間外や休暇中にこれらの業務を行う事も少なくない状況となっていました。
この度、Voice-Karteの在宅診療所でも活用可能なリリースとともに、同業にて採用が決定されたリリースを受けてお問い合わせを頂きました。
Voice-Karteを活用する事で、現状の業務が削減できドクターの働き方改革につながること共に、患者様と向き合う時間を増やせる事をご理解いただき、採用のご判断をいただきました。

<期待される効果>
  • 訪問診療時のカルテの入力を移動時間などで音声で入力し、オーダーの発行する事による入力業務の削減
  • 各種帳票類への登録が音声入力の工夫をする事で転記される項目が増え、帳票作成業務の削減

【各種帳票類への出力範囲の拡充】
音声入力時に、帳票に出力する項目を読み上げる事で、それがVoice-Karteの処方欄にテキスト化されて登録されます。構文解析を行う事でテキスト化された内容を、各種帳票の必要となるデータに出力し、帳票作成の手間の削減に繋がります。

【Voice-Karteとは?】
音声解析機能搭載クラウド電子カルテVoice-Karteの最大の特徴は、ドクターと患者様との会話の録音をGoogle等の音声認識と自社開発の構文解析にかけることにより、わずか3ステップ(①診察時の会話の録音、②音声のテキスト化、③テキスト化された記録からのオーダー発行)で操作を完了できることです。

◆Voice-karte Demo Movie◆



【kanata株式会社が目指すVoice-Karteの姿】
電子カルテは、入力された情報をレセコンや部門システムと共有できる効率的なツールであることは疑えません。しかしその入力のために、ドクターが目の前の患者様から注意をそらされてしまうとしたら、本末転倒です。
このような操作上の負担を軽減することを目的に、音声認識と自社開発の構文解析によって音声に特化した電子カルテが、Voice-Karteです。
ふりかえってみますと、電子カルテの歴史は、データの記録、オーダー発行の効率化を目指すものだったと言えます。しかし、ドクターの本来の仕事は、記録やオーダー発行をすることではなく、目の前の患者とその過去情報(カルテ)をよくみて、病の原因や対策を考えることです。Voice-Karteに寄せられた声はこのような当たり前の姿を実現せよという声と受け止め、今後も様々なご批判・ご指摘を頂戴しながら、ヴァージョンアップをして参ります。


◆◇◆ご案内◆◇◆
kanata株式会社は、メディカルジャパン東京に出展しVoice-Karteのご紹介を致します。
会期:2019年10月23日(水)~10月25日(金)
会場:幕張メッセ
ブース番号:11-26


 ◇医療法人光恵会の概要
会社名:医療法人光恵会
https://koukeikai-medical.or.jp/
運営施設:芝西医院
所在地:埼玉県川口市芝西2丁目27-16 SSビル1階
理事長:藤澤 貴興

◇Voice-Karteの概要
提供開始日:2019年1月11日
連携レセコン:ORCA
製品サイト:https://www.voice-karte.com
Demo Movie:https://youtu.be/4axxAfoS0Jg

◇kanata株式会社の概要
会社名:kanata株式会社
https://www.katatato.co.jp
本社所在地:東京都中央区日本橋人形町2-9-7 未来堂ビル3階
代表者:滝内 冬夫
事業内容:構文解析に関する研究開発、医療情報システムの開発・販売
設立日:2018年11月15日
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. kanata株式会社 >
  3. 【電子カルテ】Voice-Karteが医療法人光恵会で採用されました