ココナラ法律相談、弁護士がコロナショックで苦境に立つ事業者向けにオンライン・無料で答える「コロナショック法律Q&Aまとめ」を公開 〜店舗の家賃減額交渉からイベント中止の払い戻し・キャンセルまで〜

一人ひとりにあった弁護士が見つかる検索メディア「ココナラ法律相談」を運営する株式会社ココナラ(本社:東京都品川区、代表取締役:南章行、以下ココナラ)は、新型コロナウイルス感染拡大により苦境に立つ事業者向けに、法的な情報提供による支援を目的に、弁護士がコロナショックに関する質問にオンライン・無料で答える「コロナショックに関する法律Q&Aまとめ」を公開しました。
URL:https://legal.coconala.com/bbses?free_text=%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%82%AF%28%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E8%80%85%E5%90%91%E3%81%91%29

「コロナショックに関する法律Q&Aまとめ」には、店舗の家賃減額交渉からイベント中止の払い戻し・キャンセルまで、様々な相談と回答を掲載しています。今後はさらに事業者の質問と弁護士からの回答を増やし、一人でも多くの事業者が新型コロナウイルスに関する悩みを解決する場になるべく、尽力して参ります。

 

【 背景 】
ココナラ法律相談では、一人ひとりの悩みの分野にあった、強みのある弁護士を探せる検索メディアとして2016年にスタートしました。人気の機能として、悩み投稿に弁護士がオンラインで公開回答する「法律Q&A機能」があり、今回、新型コロナウイルスによるビジネス上の問題で悩む事業者向けに、新たに「コロナショック法律Q&Aまとめ」を公開しました。ココナラ法律相談に登録する複数の弁護士の方々に協力・賛同を頂き、約1週間でQ&Aコンテンツの作成とまとめページを公開するに至りました。

【鈴木崇裕 弁護士コメント】

コロナショックは社会経済に甚大な影響を与えており、弁護士による法的アドバイスを必要としている方が多くいらっしゃいます。
対面での相談が難しい状況下、オンラインで法律相談できる仕組みは有用です。とりわけ、資金力のない中小企業や個人事業主の皆様にとっては、弁護士と直接つながり、無料で迅速にアドバイスが得られることのメリットは非常に大きいと思います。現在のところ、外出自粛の影響を直接受けている飲食業・小売業・イベント業の資金繰りに関する相談が多い印象がありますが、今後は休業手当や整理解雇を中心とした労働関係や、残念ながら倒産関係の相談も増えてくることが予想されます。個々の弁護士や弁護士会などの団体による取組みにも限界がありますので、今回のココナラ法律相談の特集は、多くの事業者様に役立つものと期待しています。


■鈴木弁護士:https://legal.coconala.com/lawyers/10

 

■ ココナラ法律相談コロナショック法律Q&Aまとめ


■ ココナラ法律相談

離婚や相続、刑事事件など個人の人生を左右する法律トラブルから、契約書作成や営業妨害、債権回収など法人・個人事業主のビジネスに関わる法務依頼まで、一人ひとりの悩みの分野にあった、強みのある弁護士を見つけられます。プロフィールや解決事例、料金表、人柄がわかるインタビュー記事などを検索・閲覧し、弁護士に問合せできます。また、悩み投稿に弁護士が無料回答する法律Q&A機能を活用した情報収集が可能です。
URL:https://legal.coconala.com/

 


【会社概要】
株式会社ココナラ
所在地:東京都品川区西五反田8-1-5 五反田光和ビル 9F
代表者:代表取締役 南 章行
設立日:2012年1月
会社HP:https://coconala.co.jp/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ココナラ >
  3. ココナラ法律相談、弁護士がコロナショックで苦境に立つ事業者向けにオンライン・無料で答える「コロナショック法律Q&Aまとめ」を公開 〜店舗の家賃減額交渉からイベント中止の払い戻し・キャンセルまで〜