きみたちは「開高健」を知っているか? 没後30年、生誕90年を機に、「ビギナーのための開高ナイト」開催‼

今年12月に没後30年、来年12月に生誕90年を迎える開高健。「芥川賞」を受賞した作家なのに「ベトナム戦争の最前線」にまで赴き、「釣り師」として世界中の魚たちに挑む……そんな知と好奇心の巨人のそばには、いつも「酒と美食」がありました。
『パニック・裸の王様』『夏の闇』『オーパ!!』などの小説やルポ、「悠々と急げ」をはじめとする名言の数々、壽屋(サントリー)宣伝部時代の名キャッチなどなど、開高健の世界は今なお色褪せず、むしろ輝きを増しています。食・酒・旅・釣りと人生を楽しむ要素を網羅したその芳醇な世界を、もっと多くの、特に若い世代の人たちに知ってもらいたい! そんな思いから、各界のファンや関係者が熱く「開高」愛を語りあうトークセッションほか、食・酒・旅・釣りなどのブース展示、開高作品にちなんだオリジナルフードも楽しめる、一夜限りのポップでエキサイティングなイベント「ビギナーズKAIKO! 渋谷でまるごと開高健」が開催されます。開高ビギナー、大歓迎!
(協力:公益財団法人開高健記念会 写真提供:高橋曻事務所)

【イベント詳細】
名称:「ビギナーズKAIKO! 渋谷でまるごと開高健」
日時:12/17(火)18時開場 19時開演 21時終了予定
場所:東京カルチャーカルチャー
料金:前売りチャージ券2,500円(税別 飲食代別途必要)

【出演】
登壇者: 角幡唯介(ノンフィクション作家・冒険家) 岡田悠(ライター) 藤原光昭(ヤフー株式会社 事業プロデューサー) 一倉宏(コピーライター・クリエーティブディレクター) 岩崎亜矢(株式会社サン・アド コピーライター) 坪松博之(サントリー広報部 『壽屋コピーライター開高健』著者) 永山義高(開高健記念会理事長 『ずばり東京』担当編集者) 藤森益弘(作家、評論家、CMプロデューサー)  
司 会: テリー植田(東京カルチャーカルチャー・イベントプロデューサー)

【登壇者プロフィール】
角幡 唯介(かくはたゆうすけ)
1976年生まれ。ノンフィクション作家。自身の冒険記を数多く著し、『空白の五マイル―チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む』で開高健ノンフィクション賞を受賞。

岡田 悠(おかだゆう)
1988年生まれ。Webライター。会社員の傍ら、有給を駆使して60ヶ国以上へ旅行し、その記録をWebメディアで連載。最近良かった国はイラン。

藤原 光昭(ふじわらみつあき)
1982年生まれ。Yahoo!JAPANで「Yahoo!ニュース個人」「CREATORS(動画)」など、個人の発信プラットフォーム事業の統括責任者を務める。2017年より公益財団法人 開高健記念会のデジタルプロデューサーも務める。

一倉 宏(いちくらひろし)
1955年生まれ。コピーライター。サントリーの宣伝部に勤務し、トリスの新聞広告などを担当した。現在はフリー。おもなコピーに「うまいんだな、これがっ」「きれいなおねえさんは、好きですか」「あなたとコンビに」などがある。

岩崎 亜矢(いわさきあや)
コピーライター。主な作品に「GINZA SIX」ネーミング、WHITE THE SUIT COMPANY「よくはたらくふく」、with「好きは、平等じゃない」、ACジャパン「あなたでいいのだ。」など。

坪松 博之(つぼまつひろゆき)
1960年生まれ。サントリー株式会社に入社後、広報部でPR誌「サントリークォータリー」の編集を担当。開高からは「モテまっちゃん」と呼ばれる。公益財団法人開高健記念会理事。

永山 義高(ながやまよしたか)
公益財団法人 開高健記念会 理事長。朝日新聞社入社2年目に、「週刊朝日」連載の開高健著『ずばり東京』とベトナム取材の担当者に。副編集長、編集長として『もっと遠く!』『もっと広く!』『国境の南』を連載する。元朝日新聞社取締役(出版担当)。

藤森 益弘(ふじもりますひろ)
1947年生まれ。作家、評論家、CMプロデューサー。(株)サン・アドで、プロデューサーとして数々のCMを制作。開高健出演のサントリーのCMも担当。小説「春の砦」「モンク」、映画評論「ロードショーが待ち遠しい」(いずれも文藝春秋刊)を出版。帝京大学、福山大学、武蔵大学で教鞭も取る。

【チケット予約】
チケットご予約はこちらから→ http://tokyocultureculture.com/event/general/29189
 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社新潮社 >
  3. きみたちは「開高健」を知っているか? 没後30年、生誕90年を機に、「ビギナーのための開高ナイト」開催‼