コロナ禍でも健康スポーツ活動をサポートするアプリケーションを開発

ヘルステック×リスクテックで革新的なソリューションを提供するリスク計測テクノロジーズ株式会社(本社:横浜市中区 代表取締役 岡崎貫治 以下RimTech)は、公益財団法人横浜市スポーツ協会(本部:横浜市中区 会長 山口 宏 以下横浜市スポーツ協会)が取組む「健康スポーツ活動」をサポートする「カラダコンディショニングアプリ(仮称)」の開発に向けて、共同で実証実験を開始しました。
実証実験内容

横浜市スポーツ医科学センターリハビリテーション科は、桐蔭横浜大学での実証実験を通じて、「健康スポーツ活動」をサポートする「カラダコンディショニングアプリ(仮称)」の開発を進めています。

本実証実験は、横浜市スポーツ医科学センターが取得するコンディションデータに加えて、RimTechが提供する声だけで心の状態を可視化する「マインドヘルス計測システム」を「カラダコンディショニングアプリ(仮称)」に実装し、心の状態データも取得する画期的な取組となっています。自覚的なコンディションデータと非自覚的な心の状態データの両方を取得することで、スポーツ選手のケガ予防やパフォーマンス向上に貢献する「カラダコンディショニングアプリ(仮称)」の開発が期待できます。また、RimTechのデータ分析技術により、効率的なモニタリングを実現するリスク予測モデルの開発も期待できます。

本実証実験は、RimTechと横浜市スポーツ協会ともに、公益財団法人木原記念横浜生命科学振興財団が運営する2020年度「LIP. 横浜トライアル助成金※」の交付対象事業に基づく取組みになります。

※「LIP. 横浜トライアル助成金」の交付対象事業は、木原記念横浜生命科学振興財団が横浜市経済局の補助金を受けて運営する事業です。

カラダコンディショニングアプリ(イメージ図)

 

 

 



RimTechの取組み

RimTechは、本実証実験を通じて、リスク計測技術を基礎に、カラダコンディショニングアプリの開発に貢献します。また、データアナリティクスを用いて、アスリートのケガの発生やパフォーマンスが低下するリスクを早期に予測するソリューションの開発を進めます。

関連資料

横浜市スポーツ協会記者発表資料
URL: https://www3.yspc.or.jp/

実施団体情報

公益財団法人横浜市スポーツ協会 横浜市スポーツ医科学センター(リハビリテーション科)

〒222-0036 神奈川県横浜市港北区小机町3302-5(日産スタジアム内) スポーツ医科学に基づいた市民の健康づくりの推進と競技力の向上、スポーツ活動の振興を図るために、平成10(1998)年4月にオープンしました。スポーツによる怪我や疾病に対する治療、スポーツを通じての健康づくりや治療指導などを行っています。
URL: http://www.yspc-ysmc.jp/index.html

リスク計測テクノロジーズ株式会社

リスクを計測・可視化する技術を基礎に、リスク管理を通じて社会・企業の持続的発展に貢献することを目指しています。現在、声だけ5秒で心の状態を可視化する「マインドヘルス計測システム」をリリースし、社会的ニーズの高い人材リスクやオペレーショナル・リスクの削減に取組んでいます。
URL: https://rimtech.co.jp/

本件に関する問い合わせ先

リスク計測テクノロジーズ株式会社
info@rimtech.co.jp


To develop an application that supports healthy sports activities even in COVID-19

Risk Measurement Technologies Co., Ltd. (Headquarters: Naka-ku, Yokohama, CEO: Kanji Okazaki, hereinafter “RimTech”), which provides innovative solutions with Health Tech and Risk Tech and Yokohama Sport Association (Headquarters: Naka-ku, Yokohama, Chairman: Hiroshi Yamaguchi) which is a public interest incorporated foundation jointly started a Proof of Concepts (PoC) for developing “Karada Conditioning App (tentative name)” supporting “health sports activities” which is planned and developed by Yokohama Sport Association.

Proof of Concepts

The Department of Rehabilitation, Yokohama Sports Medical Center is developing a “Karada Conditioning App (tentative name)” that supports “health sports activities” through PoC at Toin University of Yokohama.

This PoC is epoch-making to acquire not only the condition data by Yokohama Sports Medical Center but also the mental condition data by “Mind Health Measurement System” that is mounted on “Karada Condition App (tentative name)”. This system can monitor the mental condition with only voice provided by RimTech.

By acquiring both subjective condition data and non-aware mental state data, we can expect the development of a “Karada Conditioning App (tentative name)” that contributes to the prevention of injuries and performance improvement of athletes. In addition, RimTech’s data analysis technology can be expected to develop risk prediction models that realize efficient monitoring.

By acquiring both subjective condition data and non-aware mental state data, we can expect the development of a “Karada Conditioning App (tentative name)” that contributes to the prevention of injuries and performance improvement of athletes. In addition, RimTech’s data analysis technology can be expected to develop risk prediction models that realize efficient monitoring.

This PoC is based on the 2020 “LIP. Yokohama Trial Grant *” operated by Kihara Memorial Yokohama Foundation for the Advancement of Life Sciences, for both RimTech and Yokohama Sport Association.

* The “LIP. Yokohama Trial Grant” is a project operated by the Kihara Memorial Yokohama Foundation for Life Sciences with a subsidy from the City of Yokohama Economic Affairs Bureau.

Karada Conditioning App (tentative images)

 

 

 



Our purpose

Through this PoC, RimTech is going to contribute to the development of Karada Conditioning App based on risk measurement technology. In addition, we are going to develop solutions that predict the risk of athlete injury and performance degradation at an early stage with data analytics.

Related information

Press Release of Yokohama Sport Association
URL: https://www3.yspc.or.jp/

Organization information

Yokohama Sport Association (which is a public interest incorporated foundation), Yokohama Sports Medical Center (Department of Rehabilitation)

3302-5 Kozukue-cho, Kohoku-ku, Yokohama-shi, Kanagawa 222-0036 (inside Nissan Stadium)

It was opened in April 1998 in order to promote the health promotion of citizens based on sports medicine science, improve competitiveness, and promote sports activities. We provide treatment for injuries and illnesses caused by sports, health promotion through sports, and treatment guidance.

URL: http://www.yspc-ysmc.jp/index.html

Risk Measurement Technologies Co., Ltd.

We aim to contribute to the sustainable development of society and companies through risk management based on the technology for measuring and visualizing risks. Currently, we have released the “Mind Health Measurement System” that visualizes the state of mind in just 5 seconds, and we are working to reduce human resource risk and operational risk, which have high social needs.

URL: https://rimtech.co.jp/

Contact us

Risk Measurement Technologies Co., Ltd.
info@rimtech.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. リスク計測テクノロジーズ株式会社 >
  3. コロナ禍でも健康スポーツ活動をサポートするアプリケーションを開発