100社超の企業・団体が業界の垣根を超えて、みんなの「もし」を叶え合っています!IoTを軸にした35個の共創活動を“YEARBOOK 2021”として Web公開。

ifLinkの商品化最前線、教育現場でのifLink活用、部活ifLink、ifLinkアップデート情報、会員コラムなどの多くのテーマを取り上げています。

「誰もがカンタンにIoTを使える世界」の実現を目指すコミュニティ「一般社団法人ifLinkオープンコミュニティ」(代表理事 岡田俊輔)は、2022年5月26日 に当団体の活動成果を集約した活動年鑑/YEARBOOK 2021を発行いたしました。
https://iflink.jp/yearbook2021.html

活動年鑑/YEARBOOK 2021は全106頁、SpecialContentsを含む第1章から第5章があり、全部で35個の記事で構成されています。中でもSpecialContentsはコミュニティを代表する6つの
  • IoTの知識ゼロからの製品開発
  • 学生と企業の連携
  • AIロボットのプログラミング学習
  • 大手企業様の自由な共創活動
  • ソフトウエア企業様の開発業務を超えた経験の蓄積
  • 越境型人材育成
活動を取り上げており、各社様の多様な課題解決事例となっています。

その他にも共創活動、ifLinkの商品化最前線、教育現場でのifLink活用、部活ifLink、ifLinkアップデート情報、会員コラムなどのテーマがあり、多彩で自由で密度の濃い活動をご覧になっていただけます。ぜひ、現状を変えたい、新しいことコトを起こしたい、自社のリソースではビジネスが前に進まないことでお悩みのみなさま、本誌をご覧になり、コミュニティへご参加をお待ちしております。
 


一般社団法人ifLinkオープンコミュニティは「だれもがカンタンに IoTをつかえる世界」の実現を目指して、今後もifLinkの普及によるコミュニティの活性化に寄与いたします。また、当該活動記録の発行と同様な認知活動を継続して行っていくことで、活動をより多くの方に認知していただき、会員活動を拡充させることによって会員の皆様の活動を支えていきます。
 

  • ifLink <https://sites.google.com/view/iflink>とは、様々なIoT機器やWebサービスをモジュール化することで、ユーザーが自由に組み合わせて便利なしくみを簡単に実現することができるIoTプラットフォームです。機器を動作させるのにプログラムは必要ありません。アプリで誰でも簡単に、IFとTHENのルール(レシピ)を設定できます。メーカー、業界を横断して、さまざまな機器やサービスとの連携が可能です。
  • 一般社団法人ifLink オープンコミュニティ<https://iflink.jp/>とは、さまざまな企業・団体に所属する人々がその垣根を超えてオープンに交流しながら「誰もがカンタンにIoTを使える世界」を目指すオープンコミュニティです。



【お問い合わせ先】一般社団法人ifLinkオープンコミュニティ
*お問い合わせフォーム https://tayori.com/f/iflink-inquiry
*ホームページ https://iflink.jp/
*コミュニティ紹介資料 https://iflink.jp/case/index.html#joinus
※上記リンクから”ifLinkオープンコミュニティの紹介資料(PDF)”ボタンを押していただくと、コミュニティの紹介資料をご覧いただけます。
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人ifLinkオープンコミュニティ >
  3. 100社超の企業・団体が業界の垣根を超えて、みんなの「もし」を叶え合っています!IoTを軸にした35個の共創活動を“YEARBOOK 2021”として Web公開。