ファースト・オートメーション、愛知県が主催する「あいちDXチャレンジ」で最優秀賞を受賞

工場自動化提案コンサルや、工場自動化の要件定義SaaSの開発・運営を行う株式会社ファースト・オートメーション(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:伊藤雅也、以下、ファースト・オートメーション)は、愛知県が主催するデジタル技術の活用アイデアを募集するコンテスト「あいちDXチャレンジ」において、最優秀賞を受賞いたしました。


■あいちDXチャレンジについて
近年「愛知県DX推進本部」や「デジタル人材育成ワーキンググループ」を立ち上げ、県行政や産業面のデジタル・DX化推進に取り組む愛知県が主催し、デジタル技術を活用した新規事業や業務効率化に関する自由なアイデアを幅広く募集する、若手社員を対象とするアイデアコンテストのこと。
(公式URL:https://www.pref.aichi.jp/site/aichi-pref-iot/idea-contest-2021.html

■今回の提案内容
ファースト・オートメーションでは、ロボットSIerとエンドユーザー間の仕様認識ズレを防ぐ機能が搭載された、要件定義SaaSの「ROGEAR」をご提案させていただきました。

工場自動化の要件定義ツール「ROGEAR」について


「仕様認識のズレを防ぎ ロボット導入を円滑に」を掲げる「ROGEAR」はロボットSIerとクライアントの双方がご利用でき、以下の6つを主な機能として備えています。

(1)ドキュメント作成、ヒアリングを効率化
テンプレートを登録しドキュメント作成およびヒアリングを効率化します。

(2)チームごとに仕様情報を管理
プロジェクトグループ内で、チームごとに情報管理ができます。 制作するユニットごと、そして社内・社外という括りでチーム分けができます。

(3)メールやり取りで散らばるエビデンスも一元管理
プロジェクトチームごとでチャットが可能です。仕様に関わる情報のやり取りもROGEAR上で行います。

(4)画像や動画、資料なども共有管理
他のクラウドサーバーで管理共有をせず、ROGEARに資料アップロードすることも可能です。

(5)履歴管理やROGEAR外ユーザーへの共有を効率化
更新前のデータの保存やROGEARにアクセスができないユーザーへの共有はプロジェクト情報をPDF出力をして対応することができます。

(6)現場での仕様情報確認
スマートフォンからもプロジェクト情報を閲覧することが可能です。 現場および外出先で仕様情報を確認したいときにご活用ください。

■CEO伊藤より受賞のコメント
私は、前職では、ロボットSIerで技術営業をしていました。その際に特に気を付けていたことは、仕様ヒアリングの質、エビデンスの明確化、情報共有の正確さ、ドキュメント作成の効率です。
ですが、従来のやり方ではどうしてもミスが出てしまいます。その結果、仕様の認識ズレに繋がり設計のやり直しなどが多発します。そして本来必要ではない議論まで必要になり、気持ちのいい取引はできなくなります。こういった事を無くし、気持ちよくスムーズに工場自動化設備取引ができる環境を創りたい、そういった想いでROGEARを開発しました。
是非、工場自動化設備取引に関わる全ての企業にご利用いただき、工場自動化業界のさらなる躍進に貢献させていただけたらと思っています。

■12月リリース予定のサービスを、ブラッシュアップしていける仲間を募集中!
ファースト・オートメーションでは、既に複数社でトライアルを開始している工場自動化の要件定義SaaSの12月正式版リリースに備え、そしてそこから更にサービスを成長させていくために、各ポジションを積極採用中です。特に、エンジニア、CFOを大大大募集しています!
ファクトリーオートメーション・ロボット産業の抱える課題を、わたしたちと一緒に解決しませんか。
ぜひ一度、カジュアルにお話ししましょう!

https://www.wantedly.com/companies/company_4371846


■株式会社ファースト・オートメーション
ファースト・オートメーションは、「安心安全で働きやすい現場の早期実現」というミッションのもと、工場自動化プロセスのDX化提案コンサルや、工場自動化の仕様認識ズレを防ぐ要件定義SaaSの開発・運営をしております。
会社名:株式会社ファースト・オートメーション
代表者:代表取締役兼CEO 伊藤雅也
所在地:〒451-0042 愛知県名古屋市西区那古野2-14-1
連絡先:info@first-am.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ファースト・オートメーション >
  3. ファースト・オートメーション、愛知県が主催する「あいちDXチャレンジ」で最優秀賞を受賞