化粧水を使う男性の約4割が、髪には気を使っていない!

〜男性専門美容室 PERCUT 、「男性の美容と髪との関係性」アンケート調査結果発表〜

男性専門美容室「PERCUT」(パーカット)を展開する株式会社PERCUT(本社:東京都世田谷区、代表:川口達也、以下 PERCUT)は、男性574名に対して「男性の美容と髪との関係性」に関するアンケート調査を行いましたので、このたび調査結果を発表いたします。

(調査概要)
調査対象期間:2021年11月11日〜2021年11月17日
調査方法:インターネット調査
調査対象:男性 574名 (20代:120名、30代:120名、40代:120名、50代:120名、60代以上:94名)


1.男性の2人に1人が洗顔料、3人に1人が化粧水を使用


「現在使っている、もしくは使ったことがあるスキンケア商品をお選びください」 と質問したところ、53.5%の男性が「洗顔料」と回答しました。また、「化粧水」と回答した方が33.4%という結果から、2人に1人が洗顔料、3人に1人が化粧水を使っていることが分かりました。
一方で約3割の男性が「使っていない/使ったことがない」と回答していることから、おそらくですが、スキンケア商品に興味がなかったり面倒だったり、もしくは必要性を感じなかったりという理由で使っていない方も一定数いらっしゃるということが想像できます。


2.自分の髪に対して気を使っている男性は約4割


「自分の髪に対して気を使っていると思いますか」 と質問したところ、約4割の男性が「気を使っている」と回答した一方で、一番多かった回答は「あまり気を使っていない」(33.8%)という結果となりました。


3.化粧水を使う男性の約4割は、髪には気を使っていない!

1の質問で「化粧水を使っている」と回答した男性は33.4%でしたが、クロス集計を行ったところ、その中で「髪にあまり気を使っていない/まったく気を使っていない」と回答した男性は37.5%で、”化粧水を使っている一方で、髪には気を使っていない”男性は約4割となり、スキンケアに比べて髪への意識はまだ低いとも考えられる結果となりました。

また、「乳液を使っている/使ったことがある」と回答した22.8%の男性のうち、約3割が「髪にあまり気を使っていない/まったく気を使っていない」ことも分かりました。

以上のことから、男性のスキンケアに対する美容意識は高まってきているものの、髪に対しての意識はまだ比較的低いのではということが想像されます。


4.髪を整えるヘアスタイリング剤を使う派、使わない派、真っ二つ!


ヘアセットの際、ワックスやジェル、スプレー等のスタイリング剤を使用しているかという質問に対して、「ほぼ毎日使っている」と回答した方が17.8%、「週に2〜3回使っている」と回答した方が13.9%、「たまに使っている」方が19.2%という結果となり、対して49.1%の方は「まったく使っていない」と回答しました。ヘアスタイリング剤の使用有無は完全に二分しており、自分の髪への意識の違いはもちろん、それぞれのビジネススタイルなどによっても変わってくるのではとも考えられます。

また、1のグラフで化粧水を使っていると回答した方のうち、約3割はヘアスタイリング剤を使っておらず、スキンケアに気を使っている一方で、髪型にはこだわりがない方も一定数いらっしゃることがわかりました。


5.衝撃?!男性の5人に1人が、自分やパートナーが髪を切っている


ご自身が髪を切る際、最も当てはまる項目を選んでもらったところ、「美容院/理容院には行かず、自分orパートナーが切っている」と回答した方が21.4%という結果となり、男性の約5人に1人は美容院や理容院には行っていないということがわかりました。

こちらを年代別で見ると、「自分orパートナーが切っている」と回答した方のうち、約半数が50代以上となり、美容院や理容院などには足を運ばず、自宅で髪を切っていることがわかりました。また、60代以上の方の約7割は「行きつけの美容院/理容院が決まっている」と回答しており、50代以上の男性は比較的、"馴染みの場所で切る派"と"自宅で自分orパートナーが切る派"に分かれているようです。


PERCUT 代表 川口 達也より総評

スキンケアに気をつける一方で、ヘアスタイルに無頓着になってしまうと印象を良くするという面では、大変勿体無いです。肌と同じく、ヘアスタイルも清潔感を出すための重要な要素です。

男性の髪のケアのコツとしては、清潔感が何より大事になるので、匂いのケアを意識をしておくことはマストだと思われます。シャンプーの洗い残しがないように丁寧に洗い流したり、ドライヤーで髪をしっかり乾かしたりすることは、匂いだけでなく髪のダメージ予や抜け毛予防にも繋がります。

どのようなヘアスタイルにすれば良いか分からない場合は美容師さんに相談してみましょう。美容室選びで悩んだ場合は、WEBサイトやSNS等でメンズヘアを発信している美容室を選ぶと良いでしょう。






【男性専門美容室「PERCUT」について】


現在は東京、大阪、名古屋等を拠点に9つの店舗を展開。カット税込3,850円というコストパフォーマンスで、ハイクオリティな仕上がりを提供しています。多くの店舗が空中階という立地で、周囲の目線が気にならないように配慮したり、男性向けの落ち着きを持たせたシンプルな内装にしたりといった、男性専門の美容室ならではの工夫を行っています。

ビジネスマンヘアを手がけるのが得意な美容師が在籍し、全美容師を正社員雇用することで、統一された高い技術レベルを提供するよう努めております。

また、お客様専用及びスタッフ専用のスマートフォンアプリを提供するなど、ITを積極活用することにより、美容室の生産性の向上を目指しています。
https://percut-hair.com/


【株式会社PERCUT 代表取締役 川口 達也 プロフィール】
1984年6月12日生まれ。群馬県桐生市出身。高校卒業後、美容師養成所であるテクニカルスクールTONI&GUYアカデミー東京校、山野美容専門学校を経て、美容師免許取得。原宿にある大手美容室に    6年ほど務めトップスタイリストとなった後、独立。男性専門の美容室開業を決め、2013年、下北沢に1店舗目をオープン。その後は、大阪、名古屋へと拠点を広げ、現在は9つの店舗運営を統括している。


【株式会社PERCUT  会社概要】
社名:株式会社PERCUT
本社所在地:東京都世田谷区北沢2-24-9 M's下北沢201
設立日:2014年4月1日
代表者:川口 達也
事業内容:男性専門の美容室、男性向けヘアワックス販売
URL:https://percut-hair.com/ 


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社PERCUT >
  3. 化粧水を使う男性の約4割が、髪には気を使っていない!