Monozukuri Ventures、半導体パッケージの熱問題低減に有効な熱伝導材料を開発するAriecaに出資

ハードウェア・スタートアップ特化型投資ファンドを運営する株式会社Monozukuri Ventures(本社:京都市及び米国ニューヨーク市、CEO:牧野成将)は、Arieca(本社:米国ペンシルベニア州、CEO:Navid Kazem)への投資を実施しました。


演算能力の低下を招く半導体機器の発熱は喫緊の課題となっています。半導体の微細化や高密度実装技術の向上に伴う発熱量の増加は、半導体機器の性能低下や寿命を縮める原因となります。そのため、ヒートスプレッダーやヒートシンクなどの放熱器を使用しますが、それだけでは限界になりつつあります。
Ariecaは、2018年に設立された米国カーネギーメロン大学発のスタートアップです。同大学で研究・開発した液体金属をベースに、軟質シリコンの機械的特性とステンレス鋼と似た熱伝導性を有する新たな熱伝導材料「TIMbber」を開発しています。
現在は生産に向けて企業と提携し、素材の性能試験・製品の性能試験の二段階で進めています。今後はサプライチェーンの検討に入り、2025年までに2.5億台のデバイスに供給することを目指します。
Monozukuri Venturesはハードウェア・スタートアップへの投資と、試作・量産コンサルティングを通じて、世界中の起業家が高品質の製品を、少量でも素早く生産・販売することができる世界の実現を目指しています。2021年2月には日米のハードウェア・スタートアップにフォーカスした「Monozukuri 2号ファンド」の一次募集完了を発表しました。今後も引き続き国内機関投資家や事業会社と共に、世界に進出するハードウェア・スタートアップを支援してまいります。

Ariecaについて
設立日:2018年4月3日
所在地:米国ペンシルベニア州
CEO:Navid Kazem
事業内容:熱伝導材料の研究・開発
URL:https://arieca.com/

Monozukuri Venturesについて
株式会社Monozukuri Venturesは、京都とニューヨークを拠点に、ハードウェア・スタートアップへのベンチャー投資ファンドの運営と、ハードウェアの試作・製造に関する技術コンサルティングを提供する企業です。
2020年1月に、Makers Boot Campを運営する株式会社Darma Tech Labs(京都市)と、FabFoundry, Inc.(ニューヨーク市)が、2社のハードウェア・スタートアップ支援の経営資源を結集して誕生しました。MZVが運営するMBC試作ファンドは2017年夏に1号ファンドが、2021年に2号ファンドが発足しました。日米のハードウェア・スタートアップ43社(日本20社、米国23社)に投資しています。またスタートアップ企業を中心に、110以上の試作プロジェクトを支援しています。
(数値はいずれも2021年10月末時点)

※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Monozukuri Ventures >
  3. Monozukuri Ventures、半導体パッケージの熱問題低減に有効な熱伝導材料を開発するAriecaに出資