プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社esa
会社概要

プラスチックリサイクルのesa、シモジマ、サガシキが共同で再生プラスチック原料「Repla®」を活用したレジ袋・ゴミ袋を開発・発売

esa

このたびの能登半島地震の被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。被災地の一日も早い復興を祈念致します。

プラスチックのリサイクルを中心とした環境事業を展開する「株式会社esa(読み:イーサ、意味:Environmental Solutions Architect の頭文字)」(本社:東京都港区、代表取締役:黒川 周子、枝吉 宣輝、周 品諺、以下「当社」)は、このたび、包装用品・店舗用品の専門商社である株式会社シモジマ(本社:東京都台東区、代表取締役社長:笠井 義彦、以下「シモジマ」)とパッケージ業界大手の株式会社サガシキ(本社:佐賀県佐賀市、代表取締役社長:枝吉 宣輝、以下「サガシキ」)とともにエコフレンドリーな再生プラスチック原料「Repla®」を活用した低エネルギー・低コストのレジ袋・ゴミ袋を共同開発・発売することをお知らせいたします。

esaでは、プラスチックリサイクルに関する研究や商品開発、事業を通じて、グリーンサステナブルケミストリー(環境に優しい化学)とサーキュラーエコノミー(循環型経済)の実現を目指しています。当社は、これまでリサイクルが難しかった複合プラスチック素材をペレット化する仕組み「esa method」により、低コスト・低エネルギーで生成された再生プラスチック商品「Repla®(リプラ)」を開発しました。

シモジマとサガシキは、それぞれの製品企画力と強力な販売網を生かし、包装フィルムなどの製造過程で生じる廃プラスチックの回収とRepla®を活用した製品開発を進め、市場への導入を図ります。

Replaが構築する循環スキームのイメージ図

共同開発の背景

脱炭素社会・ESG経営の鍵となる「プラスチックリサイクル」。
一方で、マテリアルリサイクル手法は確立されていなかった。

地球温暖化対策と脱炭素社会実現に向け、「プラスチックリサイクル」はESG経営の重要な鍵です。現在、日本を含む多くの国でプラスチックレジ袋の使用に伴う環境問題が深刻化しており、これを受けて2020年より全国でレジ袋有料化が導入されました。このような背景から、リサイクルやバイオマス素材の使用などの環境対応策が各国で進められています。一方で、多層フィルムなどの複合プラスチック素材はリサイクルが困難であり、複数種類が複合されたプラスチックのマテリアルリサイクル (廃プラスチックをそのまま原料にして、破砕・溶融などの処理を行った後に再生利用するリサイクル方法) 手法は確立されておらず、これまで再生原料として使用されることはほぼありませんでした。

再生プラスチック商品「Repla®」を活用した商品を共同開発

Repla®商品の一例

esaが開発した「Repla®(リプラ)」を活用した商品の共同開発は、環境保護と資源効率の向上を目指す重要なプロジェクトです。Repla®は、廃棄されたプラスチック素材を独自の技術でマテリアルリサイクルを行い、新たな用途に活用するために開発された、環境に優しい再生プラスチック原料です。Repla®は、esaの特許技術「esa method」を用いて製造され、従来のリサイクルプロセスでは難しかった複合プラスチック素材の効率的な再利用を可能にします。

共同開発のプロセスでは、シモジマとサガシキの専門知識と技術力が活かされています。シモジマの包装材料に関する深い専門知識とサガシキの強固な販売網・製品企画能力が組み合わさり、Repla®を使用した次世代のエコフレンドリーなレジ袋・ゴミ袋および各種ポリエチレン製バッグの開発が進行中です。これらの製品は、従来の石油由来プラスチック製品に代わる持続可能な選択肢を提供し、薄膜プラスチック製品の環境負荷を大幅に削減することを目指しています。

開発される製品は、耐久性と機能性を兼ね備えており、特にスーパーマーケットや小売店での使用に適しています。さらに、これらの製品は視覚的にも魅力的で、消費者の環境意識を高めるデザインが施されています。最終的な製品は、環境への影響を最小限に抑えながらも、日常生活での実用性を損なわないことが重視されています。

この共同開発は、脱炭素社会への移行を加速するだけでなく、消費者や企業にとっても、より持続可能で責任ある選択肢を提供することを目的としています。当社は、この取り組みを通じて、循環型経済の実現と環境保全に向けた新たなステップを踏み出すことを期待しています。

販売商品一覧

株式会社シモジマ 会社概要

会社名    :株式会社シモジマ

設立年月   :1962年4月

住所     :東京都台東区浅草橋5-29-8

代表取締役社長:笠井 義彦

資本金    :1,405百万円

事業内容   :卸売販売(紙製品事業:紙袋・包装紙・紙器、化成品・包装資材事業:ポリ袋・粘着テープ・食品包装資材・紐リボン・その他包装資材、店舗用品事業:POP用品・文具事務用品・店舗雑貨・アパレル関連資材・園芸関連資材)

URL     :https://www.shimojima.co.jp/

株式会社サガシキ 会社概要

「パッケージを広げ、社会に貢献する」

パッケージを通じてお客様の想いや夢を実現し、社会に貢献する。お客様の企業活動にとって、最適なパッケージングサービスはどうあるべきか。常にお客様の視点に立ち、共感とご満足を得られる最高のパッケージングサービスを提供していくことをミッションとしております。

会社名    :株式会社サガシキ

設立年月   :1945年12月

住所     :佐賀県佐賀市高木瀬西6-3-2

代表取締役社長:枝吉 宣輝

資本金    :100,000,000円

事業内容   :パッケージ、ダンボール、箱のデザイン・製造・販売

URL     :https://sagasiki.co.jp/

株式会社esa 会社概要

株式会社esaは、独自技術により、これまでリサイクルが難しかった複合プラスチック素材をペレット化する仕組み【esa method】を確立。これにより、今まで扱えなかった素材をリサイクルできるようになるだけでなく、 途中工程で排出されるCO2を圧倒的に少なくし、コストも抑えることができるようになりました。また、廃棄処理に回っていた素材の回収〜再利用を起点に、環境事業に関するコンサルティング・マーケティングサービスの提供や研究開発を通じて、カーボンニュートラル及びサーキュラーエコノミー(循環型経済)の実現に寄与していきます。

会社名    :株式会社esa

設立年月   :2022年3月

住所     :東京都港区高輪3-19-26 SOC高輪ビル8F

資本金    :30,000,000円

代表取締役  :黒川 周子、枝吉 宣輝、周 品諺

事業内容   :一般・産業廃棄物のリサイクルコンサルティング、

プラスチック廃棄物のリサイクル、プラスチックペレットの加工・販売、
プラスチック製品の開発・販売

URL     :https://esa-gl.com/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
関連リンク
https://esa-gl.com/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社esa

9フォロワー

RSS
URL
https://esa-gl.com
業種
製造業
本社所在地
東京都港区高輪3-19-26 SOC高輪ビル8F
電話番号
050-1752-6866
代表者名
黒川周子、枝吉宣輝、周品諺
上場
未上場
資本金
3000万円
設立
2022年03月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード