プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

エゾウィン株式会社
会社概要

農業DX「レポサク」専用端末がCLASに対応 - 国内初の通信一体型超高精度GPSロガーで作業データの取得精度向上と適用範囲拡大へ -

エゾウィン株式会社

農業DXスタートアップのエゾウィン株式会社(本社:北海道標津町、代表取締役:大野宏)は、みちびきのCLAS(センチメータ級測位補強サービス)に対応した新型ロガー端末の提供を開始しました。本端末は、CLAS対応により誤差数センチレベル※1での超高精度測位を実現。また1秒ごとの高頻度データ記録が可能で、通信機能を内蔵した一体型GPSロガーは国内初※2のものです。これにより、従来型のGPSの精度では取得が難しかった低速で行う畑作業や、細かい農作業の軌跡まで、より正確に取得・蓄積することができるようになりました。さらに、端末の給電方式をこれまでのシガーソケットから、USB Type-Cによるものに変更し、利便性の向上も図りました。

※1 静止状態の場合 ※2 自社調べ


  • 【Reposaku(レポサク)について】

 レポサクは、GPSロガーを車両に挿すだけで、誰でもカンタンに農業DXを実現できるプロダクトです。
高精度・高頻度・リアルタイムに車両の軌跡をハッキリ可視化することで、誰でも・いつでも農作業全体の進捗が把握可能に。「農作業にもっと集中できる」環境を提供します。スマホ、タブレット、パソコンでご利用いただけます。


 これにより、作業指示が具体的でわかりやすくなり、指示を受ける側も迷うことなく作業に取り組めるようになります。また、過去の作業記録も簡単に振り返ることができるため、作業の抜け・漏れの確認や、情報共有やデータ共有の手間を省きながら、「作業効率10%向上」※1「無線連絡84%減少」※2「事務作業時間58%削減」※3等、正確な情報共有とデータ活用により、農作業全体の効率化と最適化が図れます。


●導入実績

北海道の農業組織を中心に90社以上に利用されています。

サービスURL:https://reposaku.info/

※1 R元年スマート農業実証プロジェクト

「TMRセンター利用型良質自給飼料生産利用による高泌乳牛のスマート牛群管理体系の実証より引用」

※2 レポサク利用者ヒアリングより引用

※3 R4年スマート農業実証プロジェクト
「データ駆動型スマート自給飼料生産・飼養管理システムによる持続可能な酪農産地形成の実証」より引用


  • 【リニューアルのポイント】

 レポサクは専用端末がGPSデータを取得し、内蔵SIMからクラウドサーバーに送信することで、車両の現在位置や走行軌跡を把握できる仕組みです。2020年に発売した従来の端末は、農業用車両のシガーソケットから給電し、みちびきのSLAS(サブメータ級測位補強サービス)を利用して位置情報を1秒おきに記録していました。SLASの位置情報の誤差は1~2メートル程度で、主にTMRセンター等の牧草・デントコーン収穫時のモアコンやダンプ等作業車両の 位置情報を共有することに役立てていました。


 リニューアルした端末は、SLASよりも高精度な測位ができるみちびきのCLAS(センチメータ級測位補強サービス)に対応しており、理論値誤差を数センチ単位※まで収めることができるようになりました。

 また、これまでの給電方法では、シガーソケットの規格が国際規格として統一されていないため、車両側の個体差により端末が抜けやすいという課題がありました。さらに、シガーソケットのない環境では使用できないため、車両以外の作業への適用が困難でした。

 そこで、新型端末ではUSB Type-Cによる給電方式を採用。USBは規格が統一されているため、端末が抜けにくくなり、安定したデータ取得が可能になります。また、車両のUSBポートやモバイルバッテリーからの給電にも対応したため、シガーソケットのない農作業でもデータ取得が可能となりました。

 これにより、歩行・手作業が中心の現場から、低速の作業車両が動く現場、乗用車程度の速度の作業車が動く現場と、適用できる範囲が広がったことで、あらゆる農作業の効率化に貢献できるようになりました。


※静止状態の場合


  • 【今後の活用方法】

 センチ単位での高精度な位置情報を活用することで、播種や植え付けなど、精密な作業記録が求められる畑作にもレポサクを適用できるようになりました。

 例えば、長芋の収穫作業のように時速0.2キロ程度の低速で行われる作業においても、新型端末の超高精度測位により、正確で詳細な軌跡データを取得することができます。

 さらに、管理している圃場の数が多く飛び地だったり、複数人が同時に動く現場だったり、新入社員や新規就農者の育成を考えている現場などにおいて、作業進捗や移動軌跡の可視化・効率化、情報共有や共有データの活用など手間をかけずに行えるようにすることで、より多くの農家の皆様が「農作業にもっと集中できる」環境の実現を目指していきます。


  • 【新サービス「miltocca(ミルトッカ)」のリリースと事業提携先の募集】

 多機能なレポサクから、“見る”事に“特化”した「miltocca(ミルトッカ)」を新サービスとして展開します。とてもシンプルな構成で、最低限の機能のみ用意し、現場の見えない!わからない!みんな辛い!を解決します。

https://reposaku.info/miltocca


◯miltoccaと超高精度GPSロガーを組み合わせた事業提携先の募集を開始します。


1. miltoccaのソフトウェアと超高精度GPSロガーを活用したい

2. 超高精度GPSのみ活用したい

3. 位置情報に関する連携を行いたい


等、CLASの高精度測位を活かしたサービス展開にご興味のある企業様からのご連絡をお待ちしております。

ぜひ一緒に新たなソリューションを生み出していきましょう。


詳しくは、以下の「その他」にチェックを入れて、お問い合わせください。

https://reposaku.info/contact


  • 【エゾウィン株式会社について】

北海道の道東にある標津町(しべつちょう)で、2019年に創業。

・2022年:令和4年度農林水産技術会議会長賞を受賞

・2023年:イチBizアワード最優秀賞を受賞

・2023年:J-Startup HOKKAIDOに選定


○私達のミッション

 日本一食料生産を行っている北海道で、農家が減っていく。日本全体でも減少し、生産者がいなくなる。それは、「日本の食糧危機」につながってしまう。

 この大きな課題をなんとかしないといけない!という想いで「私達が日本の食を支える」をミッションに掲げ、農業DXソリューション「レポサク」を起点に、人口減少が起きる将来に向けて「国内最大の自動化農場の実現」を目指しています。



  • 【会社概要】

名称:エゾウィン株式会社

設立:2019年1月

代表者:代表取締役 大野宏

住所:北海道標津郡標津町川北63-7

URL:https://ezowin.com/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
位置情報
北海道標津町本社・支社
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

エゾウィン株式会社

6フォロワー

RSS
URL
https://ezowin.com/
業種
情報通信
本社所在地
北海道標津郡標津町字川北63-7
電話番号
0153-85-2800
代表者名
大野 宏
上場
未上場
資本金
2450万円
設立
2019年01月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード