いい生活が「ES-B2B賃貸」において仲介業者・管理会社間の物件確認業務の効率化を促進する「ES-B2B call」を開始

いい生活は不動産市場向け業務ソリューションクラウドで情報伝達および業務の効率化を推進していきます

巨大な不動産市場のIT化を力強く推進するクラウドサービスを開発、提供する不動産テック企業の株式会社いい生活は、「ES-B2B賃貸」において仲介業者・管理会社間の物件確認業務の効率化を促進する「ES-B2B call」を開始したことをお知らせします。
 巨大な不動産市場のIT化を力強く推進するクラウドサービスを開発、提供する不動産テック企業の株式会社いい生活(東京都港区、代表取締役 CEO:中村 清高、東証二部:3796、以下:いい生活)は、「ES-B2B賃貸」において仲介業者・管理会社間の物件確認業務の効率化を促進する「ES-B2B call」を開始したことをお知らせします。
 東証上場企業で唯一、不動産市場向け業務ソリューションクラウドを中心にビジネスを展開するいい生活は、これまでも「ES-B2B賃貸」により、管理会社から専用サイト内で仲介会社に対し最新の空室情報の提供だけでなく、物件チラシ・画像のダウンロード、申込書・空室一覧表・送付書類などをファイル共有等がおこなえるクラウドサービスを提供しておりましたが、今回「ES-B2B call」により、仲介会社からの問い合わせ電話対応およびそれに伴うFAX送信を自動化しました。
 


 24時間365日の自動対応により、管理会社にとってこれまで対応できなかった営業時間外や休日の機会損失を防げます。また、この業務にかかっていた業務時間の削減により、働き方改革・業務効率化および新たな売上機会の創出に貢献します。
 さらにオプションにより、仲介会社による物件確認の問合せに伴う物件広告の作成およびFAX送信も自動化することが可能です。
 いい生活は今後も不動産市場向け業務ソリューションクラウドで情報伝達および業務の効率化を推進していきます。


■「ES-B2B賃貸」について  http://www.es-service.net/service/esb2b/
 いい生活の「ES-B2B賃貸」は仲介会社からの空室確認の電話やFAXのやり取りを インターネット上で完結できるクラウドサービスです。仲介会社は専用のサイトにログインすることにより、最新の空室情報の閲覧だけでなく物件チラシ・画像のダウンロード、申込書・空室一覧表・送付書類などのファイルの取得することなどが可能です。
 「ES-B2B call」により、仲介会社からの物件確認の電話を自動応答で対応することにより、さらなる働き方改革・業務効率化および新たな売上機会の創出に貢献します。

■「ES いい物件 One」について  http://www.es-service.net/
 いい生活の「ES いい物件 One」は、不動産業に特化したクラウドサービスです。賃貸から売買まで不動産ビジネスに関する膨大な「情報」を集約し、これを自由自在に共有することでビジネスの可能性を広げるワンストップソリューションです。自社ホームページや不動産ポータルサイトへの掲載、賃貸借契約・売買契約・家賃管理といった機能に加え、HTMLメールを活用した追客支援機能、電子ファイル保管機能、オーナーマイページなどの様々な機能をご用意しています。最新のITを活用した、業務効率化および売上拡大を加速するサービスです。

■ 株式会社いい生活について https://www.e-seikatsu.info/
 いい生活は不動産テック(ReTech)のリーディングカンパニーとして、ITの力で不動産の市場を全ての参加者にとってより満足度の高い市場にしていくことをミッションとしております。創業以来のベンチャーの志はそのままに、より良い不動産市場の発展と進化に資する、活発な情報商流の担い手となるべく、そのための情報基盤を継続して提供していきます。

商     号 : 株式会社いい生活
所  在  地 : 東京都港区南麻布五丁目2番32号
設     立 : 2000年1月21日
資  本  金 : 628,411,540円(2019年3月末現在)
事  業  内  容 : 不動産事業者向けクラウドソリューション事業
  1. プレスリリース >
  2. いい生活 >
  3. いい生活が「ES-B2B賃貸」において仲介業者・管理会社間の物件確認業務の効率化を促進する「ES-B2B call」を開始