給与前払い福利厚生制度「速払いサービス」 外国人ユーザー向けにサービスWebサイトの多言語化対応を開始

~日本語・英語・ベトナム語・ポルトガル語の全4カ国語に対応~

株式会社エーピーシーズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:藤本勝典、以下 当社)が提供する給与前払い福利厚生制度「速払いサービス」は、導入企業で働く外国人従業員(ユーザー)の利便性向上を目的として、サービスWebサイトの多言語化対応を開始しました。対応言語は日本語・英語・ベトナム語・ポルトガル語の全4カ国語となります。

 

 

「速払いサービス」のユーザー向けWebサイト「そくばらい.com」は、増加する外国人従業員(ユーザー)の利便性向上を目的として、日本語・英語・ベトナム語・ポルトガル語の全4カ国語に対応「速払いサービス」のユーザー向けWebサイト「そくばらい.com」は、増加する外国人従業員(ユーザー)の利便性向上を目的として、日本語・英語・ベトナム語・ポルトガル語の全4カ国語に対応

 

  • 背景

2019年10月末時点で外国人労働者数は165.8万人超、外国人労働者を雇用する事業所数は24.2万か所となり、どちらも過去最高を更新しました。
当社が提供する「速払いサービス」の導入企業で働く外国人従業員の割合も既に全従業員の5%を超えており、特に10年以上の運用実績がある大手物流系・製造系の企業では、ベトナムやブラジル出身の外国人留学生、技能実習生の採用が活発となっている傾向が見られます。

これらのことから、今後も増加が予想される外国人従業員の皆様へ便利で安心できるサービスを提供できるよう、ユーザー向けサービスWebサイト「そくばらい.com」の、ベトナム語・ポルトガル語を含めた多言語化対応を開始しました。

※参考:
令和2年1月31日厚生労働省発表「外国人雇用状況」の届出状況
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_09109.html

 

「速払いサービス」は従業員がすでに勤務した分の給与の一部をいつでも受け取ることができる福利厚生サービスです。
柔軟な給与受け取りの制度を導入することで従業員満足度が高まり、「採用力強化」&「定着率向上」の側面から人材不足の課題解決に寄与する手段として注目を集めています。

特徴として、労働基準法「賃金支払いの原則」を遵守したサービスとして法律面で安心できること、メガバンクをはじめとした複数の銀行との提携スキームを用意していること、業務委託型のサービスで導入企業の人的負担が少なく、企業の各システムとの連携や柔軟なルール設計が可能なことから、多数の上場企業や大手企業を中心に300社以上に導入されています。

給与前払いサービスにおけるインターネット調査では、以下の3つの部門で2年連続第1位を獲得いたしました。
・「利用したい給与前払いサービス」
・「法務担当者が推奨する給与前払いサービス」
・「採用担当者が導入したい給与前払いサービス」
(2020年1月 日本マーケティングリサーチ機構調べ)

「利用したい給与前払いサービス」、「法務担当が推奨する給与前払いサービス」、「採用担当者が導入したい給与前払いサービス」の3部門で2年連続No.1を獲得「利用したい給与前払いサービス」、「法務担当が推奨する給与前払いサービス」、「採用担当者が導入したい給与前払いサービス」の3部門で2年連続No.1を獲得

 

サービス開始から10年以上の実績を持つ「速払いサービス」は、マイナビグループの株式会社エーピーシーズが運営サービス開始から10年以上の実績を持つ「速払いサービス」は、マイナビグループの株式会社エーピーシーズが運営

 

  • 会社概要

会社名:株式会社エーピーシーズ
所在地:東京都中央区銀座1-15-6 銀座東洋ビル
代表者:代表取締役 藤本 勝典
設立:2009年12月
事業内容:給与前払い福利厚生「速払いサービス」、業務用ポータルアプリ「apアプリ」、給与明細電子化サービス「Web給与明細」の運営
URL: https://www.apseeds.co.jp

 

  • 本件に関するお問い合わせ先

株式会社エーピーシーズ 広報担当
Tel:03-6263-2047
Email:pr@apseeds.co.jp
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エーピーシーズ(マイナビグループ) >
  3. 給与前払い福利厚生制度「速払いサービス」 外国人ユーザー向けにサービスWebサイトの多言語化対応を開始