【International Spirits Challenge 2021 受賞】日本酒由来のスピリッツ『浄酎(じょうちゅう)』が初出展で銀賞を受賞

『浄酎 -Purified Spirit 白紙垂』が銀賞を、『浄酎 -Purified Spirit 金紙垂(オーク樽熟成)』が銅賞を受賞しました。

広島県の日本酒酒蔵再生スタートアップであるナオライ株式会社(本社:三角島、代表取締役:三宅紘一郎、以下:ナオライ)は、世界的な酒類品評会である「International Spirits Challenge 2021」の「Liqueurs & Specialities」部門において、『浄酎 -Purified Spirit 白紙垂』が銀賞を、『浄酎 -Purified Spirit 金紙垂(オーク樽熟成)』が銅賞を受賞しました。

(English below)
◯インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ(ISC)とは
International Spirits Challengeは、イギリスの酒類専門誌「ドリンクス・インターナショナル」が主催しているスピリッツを対象にした品評会です。ウイスキー、ジン、ウォッカ、リキュールなど複数の部門に分かれて審査が行われ、世界で最も権威のあるコンペティションの一つとして知られています。著名なスピリッツ業界の専門家によるブラインド・テイスティングが行われ、各部門のカテゴリーからダブルゴールド、ゴールド、シルバー、ブロンズなどが選出されます。

◯浄酎について
第三にして、最も贅を尽くした和酒。
職人たちの手で作り出され、選び抜かれた日本酒をさらに浄溜することによって生まれた、これまでになかった全く新しいお酒です。実現したのは「低温浄溜」という独自技術。熱を加えない浄溜技術の発明により、日本酒由来の豊かな香りと風味をそのまま凝縮することに成功しました。時間が経つごとに熟成が進み、深みが増す『浄酎』は日本酒、焼酎に次ぐ、第三にして最も贅を尽くした和酒です。

【日本酒でできたお酒】原料、日本酒。日本の銘酒を「浄溜酒」に。 
本来、日本酒を高温で蒸留してしまうと、日本酒由来の香りや旨みが損なわれてしまいます。
しかし私たちが開発した「低温浄溜」という技術は、日本酒が変性しない40℃以下という低温での浄溜を可能にし、日本酒がもつ華やかな香りや、甘美な味わいをそのまま凝縮することに成功しました。

【木樽熟成】時間が生む深み。ウイスキーのように育てるお酒。
日本酒はアルコール度数が高くないために、一般的には「新鮮であればあるほど価値が高いお酒」として認識されていました。しかし日本酒の水分だけを取り除きアルコール度数が高くなった浄酎は、品質が劣化するどころか「時間が経つほど丸く深みを増す」お酒になりました。浄酎はウイスキーのように時間経過を楽しむことのできるお酒です。

◯受賞の概要
コンクール名:International Spirits Challenge 2021(インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ)
http://www.internationalspiritschallenge.com/
*審査会場:イギリス
*結果発表:2021年6月28日
*当社受賞商品
【Liqueurs & Specialities 部門】
・銀賞:『浄酎 -Purified Spirit 白紙垂』
・銅賞:『浄酎 -Purified Spirit 金紙垂(オーク樽熟成)』

◯受賞商品の購入ページ
https://jo-chu.com/
◯オーク樽オーナーの募集
浄酎を樽単位(200ℓ)で購入できる、オーナー権を販売しています。 https://naorai.shop/pages/jochu_cask_owner

◯ナオライについて
Naorai Inc.は日本酒スタートアップとして、「多様で豊かな日本酒文化を未来に引き継ぐ」をテーマに日本各地の日本酒蔵元との連携事業を行っています。
*ホームページ:https://naorai.co/
*所在地
・三角島本社:広島県呉市豊町久比3960番三角島
・東京オフィス:東京都文京区本郷三丁目40番10号 三翔ビル本郷7F
・神石高原浄溜所:広島県神石郡神石高原町小畠1729-3

以下英語版のプレスリリースです。
“Jochu-White” WINS A Silver MEDAL AT THE INTERNATIONAL SPIRITS CHALLENGE 2021 IN THE FIRST CHALLENGE
HIROSHIMA, Jun.28,2021
“Jochu-White” has been awarded a Silver MEDAL and “Jochu-Gold” has been awarded a Bronze Medal in the “Liqueurs & Specialities” at the International Spirits Challenge 2021. Such an accolade from the ISC is regarded to be the most respected and sought after in the drinks industry, due to the stringent nature of the judging process. 

“Jochu” impressed the expert judges in a rigorous blind tasting process to win the prestigious accolade from the ISC. This superb result reflects the quality of Naorai Inc.’s liquid and the craftsmanship involved in the distillation process.

*Naorai Inc. is the start-up company in Hiroshima, aiming to revitalize the small Japanese Sake breweries and sustain Japanese Sake culture.(CEO Koichiro Miyake)
https://naorai.co/

■ABOUT ”JOCHU"
It is a completely new sake-based Liqueur that has never been seen before, created by further distilling the selected sake created by craftsmen. “The most luxurious Japanese sake-based Liqueur”, The New Category of Sake.

What we have realized is a unique technology called "low temperature distillation". By inventing the distillation technology that does not apply much heat, we have succeeded in condensing the rich aroma and flavor derived from sake as it is.(*patented in Japan)

“Jochu” which matures and deepens over time, is the new category after sake and shochu.
“Jochu” made from Japanese sake and revitalizes the small sake breweries “Jochu” is a liqueur distilled from Japanese sake. Japanese Sake is worth being fresh. For that reason, the small sake breweries are struggling not to make excess inventory, especially during COVID-19 related crisis. 

“Jochu”, which has a high alcohol content by removing only the water content of sake, has become a new liqueur that "gets rounder and deeper as time goes by" rather than deteriorating in quality. We collaborate with the small but high-quality sake breweries from all over the country and make the best use of the aroma and umami of the sake. A completely new Japanese sake-based liqueur "Jochu" is born by adding a small amount of naturally derived extract to it.

[Low temperature distillation] Keep the gorgeous scent of sake
Originally, if sake is distilled at a high temperature, the aroma and umami derived from sake is lost. However, the technology we have developed called "low temperature distillation" enables distillation at a low temperature of 40℃ or less, where sake does not denature, and succeeds in condensing the gorgeous aroma and taste of sake as it is. (patented in Japan)

[Oak barrel aging] The depth of time. “Jochu” that grows like whiskey.
We put “Jochu” in an Oak barrel and let it age. It is “Jochu-Gold”. “Jochu-Gold” is a liquor that you can enjoy the passage of time like whiskey.

■ABOUT International Spirits Challenge(ISC)
Now in its 26th year, the ISC is the world’s leading event for promoting the outstanding spirits produced across the globe.  The competition is underpinned by a rigorous and independent judging process, meaning that only spirits of the highest calibre succeed.  It is a global competition, with more than 2,000 entries received from 70 different countries worldwide.  It is supported by many of the world's leading spirits producers, who recognize it as the international standard for quality and excellence.

A precise judging process has allowed the ISC to establish a strong reputation for rewarding genuine quality and celebrating excellence.
The full results will be released in stages published on the ISC website: http://www.internationalspiritschallenge.com/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ナオライ株式会社 >
  3. 【International Spirits Challenge 2021 受賞】日本酒由来のスピリッツ『浄酎(じょうちゅう)』が初出展で銀賞を受賞