オーストラリア・マカダミア協会が最新調査を発表:クリスマスシーズンのギフトにマカダミアナッツを

クリスマスや年末年始のホリデーシーズンに向けたギフト商品ラインナップにマカダミアナッツを加えるメーカーや小売業者に朗報です。半数以上の消費者が、マカダミアナッツは「ギフトにぴったりである」と回答した調査結果が発表されました。
クリスマスや年末年始に向けて動く今、オーストラリア・マカダミア協会が調査を実施しました。本調査はオーストラリア、日本、中国、台湾、韓国、アメリカで実施され、マカダミアナッツがギフトに適していると回答した人は全体の61%に達し、マカダミアナッツがギフトと強い関連性があることが明らかになりました。

また、調査対象となったすべての市場において、他のナッツ類と比較してマカダミアナッツがギフトとして扱われるスペースを幅広く占めていることがわかりました。


マカダミアナッツを食べた時の幸福感が、ギフトにぴったりな理由の一つかもしれません。調査の結果、マカダミアナッツはナッツ類の中でも、「最も特別で優れている」という感情を喚起することが明らかになりました。日本では、マカダミアナッツは「最も濃厚な味のナッツである」と考えられています。

さらに、回答者の57%がマカダミアナッツを「高級感や満足感」と結びつけ、61%が「プレミアム」である、と回答しています。

オーストラリア・マカダミア協会の市場開発マネージャー、ジャッキー プライスは、マカダミアナッツをギフト商品の材料として使用することで、ギフトがより特別なものになると述べています。

「新型コロナウイルス感染症の影響で、友人や家族とのつながりが希薄になっていると感じることがあります。ホリデーシーズンのギフトを直接会って手渡したり、送ったりすることは、親しい人とのつながりを再認識するための、とても良い方法です。」

 

また、全市場の消費者の3分の1以上が、「社会とつながりを持つことは健康への鍵である」と回答しており、ホリデーシーズンは大切な人と再会する絶好の機会です。マカダミアナッツは、友人や家族とのカジュアルな集まり、外出時の付き合い、お祝い事やパーティーなどの社会的消費場面において、他のナッツ類と比べて2倍のパフォーマンスを示し、人々を社会的消費に結びつける可能性を秘めています。

また、プライスは、マカデミアナッツが使用されたギフトがもたらす健康上のメリットにも注目しています。「今年ギフトのギフト選びの際、消費者の方々には、送る相手にとって良いメリットがあるギフトを選びたいという意識が強いと思います。マカダミアナッツが入った商品は、ヘルシーで、気分を高めることが証明された最高のギフトです」と語っています。

オーストラリア産マカダミアナッツについて
オーストラリアは世界有数のマカダミアナッツ生産国であり、マカダミアはオーストラリアで4番目に大きい輸出作物です。現在、800軒以上の生産農家が、年間46,000トン以上のマカダミアナッツを収穫し、その75%が40カ国以上に輸出されています。

オーストラリア産マカダミアナッツに関する最新の調査について
オーストラリア・マカダミア協会は2020年後半に、オーストラリア、中国、韓国、日本、台湾、アメリカの6,014人を対象とした消費者調査を実施しました。この調査は2020年8月~10月に、独立調査機関カンターのシンガポール支社によって実施され、同年12月に調査結果が得られました。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Australian Macadamia Society Limited >
  3. オーストラリア・マカダミア協会が最新調査を発表:クリスマスシーズンのギフトにマカダミアナッツを