日本能率協会マネジメントセンターのパートナー講師として契約、社員研修に「Marketing Town」を提供

~ビジネスパーソンの教育改革にボードゲームを~

 ビジネスボードゲーム「Marketing Town」を活用した研修を提供する株式会社NEXERA(本社:大阪府大阪市、代表取締役:飛田恭兵、以下:当社)に所属する飛田と山本は、このたび株式会社日本能率協会マネジメントセンター(本社:東京都中央区、代表取締役社長:張士洛、以下:JMAM)のパートナー講師として採用され、提供する人材育成支援サービスの社員研修プログラムに「Marketing Town」を提供することをお知らせします。

 JMAMは、社会人としてのスタートを切った新人から管理職まで幅広い層に、知識・スキルを習得し行動変容を促す研修プログラムを提供しています。
 当社の講師と契約することにより多くの企業へ、ボードゲームを活用したアクティブラーニング研修を提供することが可能となり、人材不足・働き方改革の課題解決に向けた取り組みを行います。

 これから教育改革で、新たな学習指導要領として主体的に学びに参加する「アクティブラーニング」が2020年度から小学校に続き、中学、高校と順次適用されます。そこで当社はビジネスパーソンに注目し、時代変化があるなかで学び方がアップデートされていないことに疑問を感じ、ボードゲームによるアクティブラーニングが、現代において必要な学び方であると確信しました。

 今後も当社はボードゲームを活用したアクティブラーニング研修で定着せず身につかない教育をなくし、より多くのビジネスパーソンへ効率よく生産性を上げる教育改革を目指してまいります。
 
  • ビジネスボードゲーム「Marketing Town」概要

①マーケティング、財務、経営戦略の疑似経験
プレイヤーは経営者となり、仮想の街で小売店を経営します。毎ターン「市場調査」「出店」「広告」「仕入」「販売」「資金調達」の中から意思決定を行い、数年間経営でより高い利益を目指します。市場環境、プレイヤー間での競合、財務状況、経営戦略などを意識しながらプレイする本格派ビジネスゲームです。ゲームを通じた疑似体験で、より実践に近い学習を提供し、個々がマーケティングを考える組織の土台を築きます。

 

②高い学習効率・定着率
従来の受動的な学習とは違い、主体的に行動を伴って学習するアクティブラーニングにあたります。ゲーム内では、現実ではなかなか実践できないような戦略でも果敢に挑戦できます。そのため失敗体験や成功体験を繰り返すことができ、PDCAサイクルを回し、学習することが可能となっています。


 

③共通言語の醸成
アナログな環境下でゲーム型研修を同じテーブルを囲み複数名で受講することで、階層を越えたプレーヤー同士のコミュニケーションが活発化されます。またゲーム中での世界観・用語により社内に共通言語が生まれます。そのため、ゲームを通じた分断化された事業間や階層間での相互理解も期待できます。
 
  • 株式会社NEXERAについて
名称:株式会社NEXERA(ネクセラ)
代表取締役:飛田 恭兵
設立:2018年10月25日
本社:大阪府大阪市西区江戸堀1丁目19−23
事業内容:ビジネスボードゲーム「Marketing Town」の企画・開発・活用した企業研修やイベント運営事業、ボードゲーム受託開発事業

・株式会社NEXERA:https://marketingtown.jp/company/
・ビジネスボードゲーム「Marketing Town」:https://marketingtown.jp/

企業研修または弊社に関するお問合せ
株式会社NEXERA サービス担当宛
https://marketingtown.jp/contact/

本件に関する報道関係者からのお問合せ
株式会社NEXERA 広報担当宛
https://marketingtown.jp/press-contact/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. NEXERA >
  3. 日本能率協会マネジメントセンターのパートナー講師として契約、社員研修に「Marketing Town」を提供