最新のスポーツ科学×幼児教育・保育学早稲田大学教授陣が監修する21世紀型教育プログラムをインターナショナルスクールに初導入

「AIC国際学院 初等部×キッズスポーツスクールbiima sports」AIC国際学院 初等部 広島・京都の体育(Physical Education)に導入

広島市・京都市にてインターナショナルスクール「AIC国際学院 初等部(AIC World College Elementary School」(以下、AIC WC)を運営する株式会社AICエデュケーション(広島・広島市、代表取締役社長:桑原 克己、以下、AIC)は、21世紀型教育の総合キッズスポーツスクール「biima sports(ビーマスポーツ)」を運営する株式会社biima(東京・渋谷区、代表取締役:田村 恵彦、以下、biima)と提携し、AIC WC広島・京都 初等部での体育(Physical Education(以下、PE))授業にbiima社が監修する「21世紀型教育プログラム」を導入します。AIC WCは2023年春に大阪、その後関東地区での開校を計画しており、いずれの初等部でも同プログラムを導入予定です。
■ 「英語で学ぶ」AIC WCの教科融合『探究学習』
AIC WCでは「英語を学ぶ」のではなく「英語で学ぶ」環境によって、実社会で使える「活きた英語」を身に付けると同時に、激変する21世紀のリーダーとなれる力を育みます。
そのため、探究型・教科融合型の学びを特徴とする国際バカロレア(IB)のPYP(Primary Years Program)、その他最先端の教育プログラムを積極的に取り入れ、自分で課題を見付けて解決する力を身に付け、学ぶことを楽しみ、学び方を学んで、一生涯学び続ける将来に繋がる力を育みます。AIC WC広島は、既にIB PYPの候補校となっています。
教科としては、言語(日本語・英語)、算数、理科、社会、PE、芸術(音楽・図画工作)の6教科を教科融合型で学びます。探究型の授業では、児童の「どうしてだろう」「知りたい」という主体性と探究心を自然に引き出すことを重視しています。児童が学ぶことを楽しむようになり、楽しい時にこそ、苦労なく知識が定着します。探究心を自然に引き出すためにも、教科融合型のカリキュラムが適していると言えます。

授業風景授業風景


■ 日本語、算数もしっかりと学ぶ
将来にわたって実社会で使える、確かな「英語力」を育むと同時に、日本語での国語の授業も週5時限実施することにより、両言語を自在に使い分けるバイリンガルを育成します。漢字アプリ等も活用して、概ね学習指導要領に沿った内容を楽しく習得できるようにしています。
同様に算数にも注力しており、国際的な学習到達度調査(PISA)、国際数学・理科教育動向調査(TIMSS)といった学力調査の算数・数学で、近年シンガポールが常に上位を維持している要因とされるシンガポールマスや、そろばんの仕組みをiPadで応用した「イメージ暗算」学習法のそろタッチを取り入れています。

授業風景(Art)授業風景(Art)

授業風景授業風景



■ 早稲田大学教授陣と共同開発したbiima sportsの「21世紀型教育プログラム」
biima sportsは、早稲田大学教授陣と共同で「総合スポーツ」と「非認知能力開発」を融合させたプログラムを開発した21世紀型教育の総合型キッズスポーツスクールで、全国150以上の拠点で展開しています。サッカー、バスケットボール、野球、体操など7種類以上のスポーツを実施する総合スポーツと、教育領域で世界的に注目を集めている非認知能力開発プログラムを体系化し、3歳〜11歳の子どもの基礎運動能力と非認知能力の成長に貢献し、「21世紀に活躍できる人材」を育てます。

授業風景(体育)授業風景(体育)

授業風景(体育)授業風景(体育)


■ AIC WCはPE、Musicでも外部の優れたプログラムを取り入れ
AIC WCでは、「国際社会で活躍するグローバルリーダー」にとって必須の条件である強い体と豊かな心を育むPE、Music等の学習においても、外部の優れた最先端の教育プログラムを積極的に導入することで、より質の高い学習内容を提供しています。AIC WCのPE教科を通して「基礎運動能力」を高めるために、biimaの21世紀型教育プログラムの導入を決定しました。

■取り組みの内容
AIC WCは、在籍生徒がスポーツを大好きなり、21世紀に活躍できる人材に成長してもらうために、biimaによる「21世紀型教育プログラム」に関した指導者への研修も含めた提供を受けます。

(1)     AIC WCで使用する月次プログラムの作成及び提供

(2)     月次プログラム提供時の指導者向けオンライン研修の実施

(3)     指導責任者へのオンライン研修、及び実地研修の実施


株式会社AICエデュケーション
1973年に広島県で学習塾「鷗州塾」を創業、小学校受験から大学受験指導まで、幅広い学齢のお子さまの指導において、長年にわたり地域TOPレベルの合格・指導実績を持ちます。その他、医学部受験専門塾「AICメディカルアカデミー」、推薦入試対策塾「AIC推薦アカデミー」をはじめとした目的別の学習塾をはじめ、英語教室「AIC Kids」、英語学童保育「AIC After School」の運営、オンライン英会話システム「AIC Online English」の開発といった英語教育事業、パソコン教室「鷗州塾ぱそこん教室」、「鷗州サッカークラブ」「鷗州バスケットボールクラブ」「アピネ24」などスポーツクラブ事業等、各種教育・学習コンテンツの企画・開発・運営をしています。また「Auckland International College(ニュージーランド)」「AIC World College初等部」「AICバイリンガル幼稚舎」など、国際バカロレア認定校を中心としたインターナショナルスクール運営も行っており、海外名門大学への高い合格実績をもつ総合教育企業です。

公式サイト URL https://aic-oshu.jp/
AICWCサイト URL  https://aicwc.jp/

AIC国際学院 京都 初等部AIC国際学院 京都 初等部


株式会社biima
・スポーツ庁主催「第一回Sport in Life Award」企業部門 優秀賞受賞
・「アシックス・アクセラレーター・プログラム」優秀賞受賞、共同プロジェクト「SPODEMiA!-スポデミア-」を昨年より開催
・公益財団法人 東京都中小企業振興公社より「革新的サービスの事業化支援事業〜先進技術などを活用した新サービス事業モデルの創出〜」に採択
・TSUTAYA及び蔦屋書店を運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社が手掛ける21世紀型教育の総合施設「T-KIDSシェアスクール」のフィジカル部門に採用
・東京都内でおすすめの幼児体操教室おすすめ人気ランキングにて1位獲得(2019年7月mybest調べ)
・スポーツ庁が推進するプロジェクト「Sports in Life」参画事業として認定
・公益社団法人日本ニュービジネス協議会連合会が開催するニッポン新事業創出大賞のアントレプレナー部門「最優秀賞:独立行政法人中小企業基盤整備機構理事長賞」を受賞

公式サイトURL:https://biima.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社AICエデュケーション >
  3. 最新のスポーツ科学×幼児教育・保育学早稲田大学教授陣が監修する21世紀型教育プログラムをインターナショナルスクールに初導入