日本雑穀アワード2020《一般食品部門》、はくばく「ザクザクおいしいローストもち麦」金賞受賞!

3月9日『雑穀の日』に結果発表

穀物のリーディングカンパニー株式会社はくばく(本社:山梨県中央市、代表取締役社長:長澤 重俊)は、一般社団法人日本雑穀協会が運営する表彰制度「日本雑穀アワード2020《一般食品部門》」にて、3月9日(月)『雑穀の日』に結果発表を受け、2020年3月1日発売の新商品「ザクザクおいしいローストもち麦」が“金賞”を受賞いたしました。また、同時発売の「あまくないもち麦フレーク」は“銀賞”を受賞しました。
■「金賞」受賞 商品

 

サラダやスープなどに振りかけてザクザク食べる、焙煎したもち麦です。

①香ばしい風味とザクザク食感によりおいしさ満足!
②主食として食べる穀物だからこそ、少量でもおなか満足!
③大さじ1杯で玄米ごはん1杯以上の食物繊維※1で、からだ満足!

※1. もち麦フレーク:大さじ1杯(7g)当たり食物繊維1.3g
玄米ごはん:1杯(150g,3割炊き)当たり食物繊維0.9g
日本食品標準成分表2015年版(七訂)より




■「銀賞」受賞 商品

食品添加物 無添加が身体にやさしく、身体においしい、シンプルなシリアルです。

①もち麦を浅焼き焙煎し、”ザクザクッ”とした食感で食べやすい!
②1食50gで食物繊維9.4g!1日目標量の1/2以上※2の食物繊維が摂れます。
③プレーン味だからアレンジ自由!

※2.  日本人の食事摂取基準(2015年版)より









■日本雑穀アワードとは
雑穀を使った優れた食品の表彰を通じて、健全な雑穀の市場形成につなげる制度。2011年に一般社団法人日本雑穀協会(https://www.zakkoku.jp/)によって創設され、これまでに150商品を超える優れた食品が金賞を受賞し、雑穀の魅力やおいしさを伝えています。商品審査は、雑穀の幅広い知識やスキルを有する、雑穀アドバイザー、雑穀クリエイター認定者によって厳正、公正に行われ、ひとつの選択基準を示しています。 

■日本雑穀アワード公式サイト
https://zakkokuaward.jp/
 
  • はくばくのこだわり品質 ーおいしさと安全のためにー
私たちが提供する商品は、原料はもちろん製造工程においても多くのこだわりがつまっています。品種を探求し、加工にたくさんの手間をかけ、徹底的に安全確認を行ったものをお届けしています。

  https://www.hakubaku.co.jp/kodawari/quality-barley/
 

  https://www.hakubaku.co.jp/kodawari/quality-grains/
 



※「おいしさ味わう十六穀ごはん」は日本雑穀アワードで、2011年、2012年、2013年の3年間連続“金賞”受賞で殿堂入りとなっております。

「おいしさ味わう十六穀ごはん」について
https://www.hakubaku.co.jp/brand/jurokkoku/


 
  • はくばくについて

The Kokumotsu Companyとして
当社の社名「はくばく」は白い大麦という意味です。創業社長である祖父が「もっと麦ご飯を喜んで食べてもらいたい。」という思いから、大麦を一粒一粒半分に割って黒い筋を目立たなくした製品を開発しました。
以来、我々はくばくは穀物とともに歩み、精麦の他、雑穀、和麺、麦茶、穀粉、米を事業として手がけるようになりました。
人類を太古から支えてきた大切な「穀物」を、現代の食卓へもっと多く登場させ、もっと楽しんで食べてもらうこと。それは家族の笑顔が増えること。またそれは家族が健康になることだと考えています。これを実現するために、我々はくばくは「穀物の感動的価値を創造する」ことを社員一丸となって本気で目指して参ります。
(株式会社はくばく 代表取締役社長 長澤 重俊)

社名    : 株式会社はくばく
所在地   : 〒409-3843 山梨県中央市西花輪4629
代表    : 代表取締役社長 長澤 重俊
設立    : 昭和16年4月15日
資本金   : 98,000,000円
事業内容: 食品製造および販売
URL  : https://www.hakubaku.co.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社はくばく >
  3. 日本雑穀アワード2020《一般食品部門》、はくばく「ザクザクおいしいローストもち麦」金賞受賞!