【終了間近!6/29まで】クラウドファンディングプロジェクト「心も軽くなる! 世界最軽量の歩行器で、この国の歩き方を変えていきます」

「介護の世界にデザインの力を!」介護用品市場に一石を投じる新たなる挑戦。”レッドドット・アワード2019”大賞獲得のロレータ歩行器がついに日本へ。

オンラインショップ”WHeeLING TOKYO(ウィーリング・トーキョー)”を運営する合同会社FANGOW(本社:東京都江戸川区、代表:小川高弘)は、byACRE(バイエーカー)社製ロレータ歩行器の一般発売に先駆けて購入型クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にて先行販売中。販売期間は6/29まで。


デンマーク生まれのおしゃれなロレータ歩行器 byACRE(バイエーカー)カーボン・ウルトラライト の発売に先駆けて、クラウドファンディングプロジェクト「心も軽くなる! 世界最軽量の歩行器で、この国の歩き方を変えていきます」が2020年6月29日まで実施中。プロジェクト終了まで残りわずかとなりました。


CAMPFIREプロジェクトページURL → https://camp-fire.jp/projects/view/227173
プロジェクトについてのプレスリリース → https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000046406.html


当プロジェクトは、欧米と比較してなかなか普及が進まない日本でのロレータ歩行器の個人利用を促進し、介護施設、宿泊施設、商業施設など各種施設にて支援を要する方々に向けたお貸出し備品としての普及を目指します。
また、クラウドファンディングという先駆的な場において年齢やハンディキャップの有無に関わることなく、介護用品が他の先進プロダクトと同等にユーザーに受け入れらるか、というチャレンジングな課題にも挑戦しています。

そのために、歩行器を必要とされる方はもちろん、そうでない方々も当プロジェクトにご参加いただけるよう、一般販売に加えて寄贈用販売をリターンに設定いたしました。
これはbyACRE社工場にて歩行器本体に施設名・ご支援者のお名前を名入れのうえ施設等へお届けする、byACRE社とのパートナーシップにより生まれた当プロジェクト限定企画です。

 

 

【byACRE カーボン・ウルトラライトについて】
byACRE カーボン・ウルトライトは、福祉の街デンマーク・コペンハーゲン生まれ。
カーボンモノコックフレームの採用により、本体重量わずか4.8kgと世界最軽量を実現。カーボン素材特有のしなりによる衝撃吸収性やエルゴノミックハンドル、簡単な折りたたみ機構など、お使いになられる方への優しさに満ちたロレータ歩行器です。
その介護用品の概念を超えた流麗なデザインは、世界的に権威あるプロダクトデザイン賞”レッドドット・アワード2019”において大賞を獲得しました。
2019年の発売以来、欧州、北米を中心に世界中の多くの方にご愛用いただき、ご好評を博しています。

 

 

 

 



【当プロジェクトのリターン例】
カーボン・ウルトラライト(寄贈用購入)
通常価格 ¥82,600 のところ ➡ 特別価格 ¥74,340(非課税)
(セット内容)
・カーボン・ウルトラライト本体 ×1 ※3つのカラーからお選びいただけます
・背もたれ ×1
・コンパクトバッグ ×1
・名入れサービス(施設名、あなたのお名前)
・寄贈受領書、または納品書



※支援コースやリターン商品の詳細・お申込みはプロジェクトページにてご確認ください。


おかげさまで、当プロジェクトは多数のお気に入り登録をいただき皆さまからのご注目を頂戴しておりますが、目標金額まではまだまだほど遠い現状です。
より多くの方々に当プロジェクトにご興味をお持ちいただき、来るべき新時代の高齢化社会、バリアレスな社会づくりに向けたこの取り組みに1人でも多くの方にご協力いただけることを願っています。
 

皆さまのご支援を心よりお待ちしております。


【お問合せ】
合同会社FANGOW
担当 小川
電話: 03-6883-7355
eメール:info@wheelingtokyo.com
WHeeLING TOKYO ホームページ: https://www.wheelingtokyo.com

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 合同会社FANGOW >
  3. 【終了間近!6/29まで】クラウドファンディングプロジェクト「心も軽くなる! 世界最軽量の歩行器で、この国の歩き方を変えていきます」