⽇本初︕⾃治体と⺠間がパートナーシップ証明書で連携

⽇南市が⺠間発⾏のパートナーシップ証明書を⾏政サービスで受け⼊れ

 日南市(宮崎県日南市 市長:﨑田恭平)と、一般社団法人Famiee(東京都千代田区 代表理事:内山幸樹)は、Famieeが2021年2月25日に発行を開始した「家族関係証明書」の第1弾「パートナーシップ証明書」を、日南市が発行する「パートナーシップ宣誓証明書」と同じ扱いにすることを決定し締結致しました。これにより、同市内のあらゆる申請などの場面において、日南市とFamiee、いずれの証明書でも、同性パートナーのパートナーシップを証明できるようになります。Famieeのパートナーシップ証明書を取得後に日南市に転入した人は、同市のパートナーシップ宣誓証明書の交付手続きをする必要がなくなります。(あくまでも本人の意思に基づいた選択になります)

 


 日南市では、2021年4月1日から「パートナーシップ宣誓制度」を導入、さらに4月5日には福岡市と「パートナーシップ宣誓制度の相互利用に関する協定書」を締結しました。
 自治体によるパートナシップ証明書は、発行する市区町村の在住者でなければ取得できない、発行した市区町村から転出すると発行された証明書は無効になり転入先で再度申請手続きを行う必要があるなどの課題があります。日南市はそういった課題の解決に向け積極的に取り組んでいます。
https://www.city.nichinan.lg.jp/main//page014398.html

 一般社団法人Famieeが「家族関係証明書」の第1弾として発行している同性向け「パートナーシップ証明書」は、住んでいる場所によらず、スマホのアプリから申請から発行まで行うことができます。
 現在、40以上の企業・団体における福利厚生や、保険の申し込み時や医療現場でFamieeのパートナーシップ証明書の利用が可能、その範囲はますます拡大しています。これまで行政サービスでの適用事例はありませんでしたが、今回の日南市での導入をきっかけに、他の自治体とも連携を進めていきます。
https://www.famiee.com/

●⽇南市⻑ 﨑⽥恭平 のコメント

⽇南市では本年4⽉1⽇にパートナーシップ宣誓制度を導⼊したばかりですが、先進地の福岡市と本年4⽉5⽇に都市間連携による協定書を締結し、パートナーシップ制度を利⽤されている⽅々が利⽤しやすい環境となるよう⼼がけています。今回、⼀般社団法⼈Famiee 様との締結は、⽇南市にとり⺠間企業との初の試みになりますが、⾏政にない広い視野での様々な企業の福利厚⽣やサービスが提供され利⽤できることは当事者の⽅々にとって⼤変有意義なことであると考えています。⽇南市としても今後様々な地域との連携を広げ、この制度の推進を図って⾏きたいと思っております。

 


●⼀般社団法⼈Famiee 代表理事 内⼭幸樹 のコメント

パートナーシップ制度がない⾃治体にお住まいの⽅でも申請・取得できる⺠間発⾏のパートナーシップ証明書が、企業の福利厚⽣やサービスのみならず、新たに⾃治体の⾏政サービスで活⽤できる今回の提携は、⽇本におけるダイバーシティ推進の⼤きな⼀歩だと思います。今後、⽇本中の⾃治体で受け⼊れられるよう更に努⼒していきます。


日南市について
 人口約5万人、宮崎県南部に位置し、平均気温は18.7度、年間を通して温暖な気候で、澄んだ空気や、海、山などの自然に恵まれ、一年中サーフィンをはじめとするマリンスポーツが堪能できたり、緑豊かな山でのキャンプや釣り、ゴルフを楽しんだりできる様々なライフスタイルが満喫でき、仕事や子育てがしやすい環境での自然がいっぱいの街です。

一般社団法人Famieeについて
設立日:2019年8月8日
代表者:内山幸樹
ウェブサイト:https://www.famiee.com/
Twitter:https://twitter.com/FamieeP


 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人Famiee >
  3. ⽇本初︕⾃治体と⺠間がパートナーシップ証明書で連携