新型コロナウイルスの感染拡大を受け、全拠点在宅勤務(テレワーク)を実施

労働市場のミスマッチを無くし、アップデートする事業を展開する株式会社クラウドワークス(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長CEO:吉田 浩一郎 以下「当社」)では、新型コロナウイルスの感染拡大による影響を鑑み、当社従業員ならびに当社関係者の皆様の安全確保を目的に、東京・大阪・福岡の全拠点従業員を対象とした在宅勤務を2020年2月17日(月)より実施します。
【実施概要】
期間:2020年2月17日(月)~ 2020年2月21日(金)
対象者:株式会社クラウドワークス従業員
実施内容:

1.全拠点の従業員を対象に、原則として在宅勤務といたします。

2.やむを得ずオフィス勤務を行う場合、交通機関の混雑時間を避けたオフピークでの通勤を指示しています。

3.社外の打ち合わせは訪問および来訪を自粛し、テレビ会議など非対面での実施を原則といたします。

※状況により、期間延長や勤務体制の変更、追加対応等を検討予定です

新型コロナウイルスは感染が拡大し、今後の影響範囲に予測がつかない状況が続いています。その対策として当社従業員、および関係者の皆様の安全確保、ならびに各サービスにおけるご利用ユーザーの皆様へ、安定的なサービスの提供をお約束するため、今回の在宅勤務を決定いたしました。
当社ではコアタイムなしのフルフレックス制度・回数制限のないフルリモート勤務制度を2019年7月より全社導入しており、各サービスに関する業務および顧客対応は、変わらず実施しています。関係者の皆様におかれましては、何卒ご理解を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

■株式会社クラウドワークスについて

クラウドワークスは「“働く”を通して人々に笑顔を」をミッション、「働き方革命~世界で最もたくさんの人に報酬を届ける会社になる」をビジョンとし、日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」をはじめとした人材ミスマッチを解消し、労働市場をアップデートする事業を展開しています。2019年9月現在、当社提供サービスのユーザーは316万人、クライアント数は47万社に達し、内閣府・経産省・外務省など政府12府省を筆頭に、80以上の自治体、行政関連団体にも利用されています。2014年に東証マザーズ上場(証券コード3900)、2015年には経済産業省 第1回「日本ベンチャー大賞」ワークスタイル革新賞および、グッドデザイン・未来づくりデザイン賞を受賞。

会社名:株式会社クラウドワークス
代表者:代表取締役社長CEO 吉田 浩一郎
所在地:東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー6階
設 立:2011年11月11日
事 業:インターネットサービスの運営

日本最大のクラウドソーシング「クラウドワークス」 https://crowdworks.jp

ハイスキルなフリーランスに自由な働き方を。「クラウドテック」https://crowdtech.jp/about

優秀なアシスタントがバックオフィス業務を在宅でサポート「ビズアシ」https://bizasst.co.jp/service/

Webクリエイター向け 週3日の仕事スタイル「3スタ」https://sanprostyle.com/about/

副業・兼業のハイクラスマッチングサービス「クラウドリンクス」https://crowdlinks.jp/

資本金:26億8,721万円※2019年9月末現在
URL:https://crowdworks.co.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社クラウドワークス >
  3. 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、全拠点在宅勤務(テレワーク)を実施