「SDGsをAIで見える化」する非財務データバンクのサステナブル・ラボ株式会社が第三者割当増資並びに新取締役就任を実施

サステナブル・ラボ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:平瀬錬司)は、株式会社環境エネルギー投資(以下EEI)、サステナブルテクノロジーズ株式会社(以下ST)及び個人投資家の砂川大氏、金當一臣氏を引受先とする総額1億4,198万円の第三者割当増資を実施しました。
合わせて、新たに加藤康之氏、中村匡氏、宇田直樹氏を取締役として迎えたことをご報告します。

今回の増資により、国内メガバンクグループや国内外の大手エネルギーインフラ企業と強固なパートナーシップを保有するEEIらとの連携を進め、サステナブル・ラボが保有・解析する非財務データの金融業界やエネルギー業界へのスピーディーな提供を図ります。
また、各分野のプロフェッショナルを新たに取締役として迎えたことで、「SDGsをAIで見える化」する非財務データバンクを加速・拡大させ、より一層の非財務分野におけるデータの「見える化」を通じた社会への価値貢献をしてまいります。


<出資者からのコメント>

■株式会社環境エネルギー投資(EEI)代表取締役社長 河村修一郎氏
「サステナブル・ラボ社は、SDGs/ESGに関連する高い知見とテクノロジーの掛け算に強みを持った会社です。企業のSDGsへの取り組みを「見える化」し、「上げる化」が促進されることを通じて、社会全体のSDGsの達成に貢献していくことを期待しています。今回、サステナブル・ラボチームに参加させて頂けることを光栄に思っております。弊社としても全力でサポートしてまいります。」

<EEIについて>
会社名: 株式会社環境エネルギー投資
代表者: 代表取締役社長 河村修一郎
設立:  2006年3月
所在地: 〒141-0022東京都品川区東五反田5-11-1
事業内容:環境・エネルギー分野に特化したベンチャーキャピタル
URL:  https://ee-investment.jp/


■サステナブルテクノロジーズ株式会社(ST)代表取締役 竹元一真氏
「時代の進む方向、あるべき姿を描くビジョナリーとしての平瀬社長に共鳴し出資させて頂きました。社会や環境に資する企業に光を当てていくためのパートナーとして共に走っていきたいと思っています。」

<STについて>
会社名: サステナブルテクノロジーズ株式会社
代表者: 代表取締役 竹元一真
所在地: 東京都渋谷区円山町24番5号
事業内容:環境商材に特化したSaaS開発および販売及び管理運営


■砂川大氏
「人類の長い歴史に照らせば、まだ実験段階でしかない金融資本主義は、いま大きな転機を迎えている。利益だけが評価される時代から、社会の構成員として責任ある行動「も」評価される時代へ。とはいえ、その評価軸はお金ほど単純ではない。サステナブル・ラボは、SDGsを単なる標語からアクショナブルな指針に変える重要なツールを提供している。パラダイムシフトの一旦を担うサステナブル・ラボの今後の活躍が楽しみでしょうがない。」

<砂川大氏について>
慶應大学法学部卒業後、三菱商事入社。ハーバード大学経営大学院への留学を経て、米国独立系VCであるGlobespan Capital Partnersに入社、その後同社日本代表。2005年に株式会社ロケーションバリューを創業。NTTドコモに同社を売却しロックアップを経て、Googleに入社。2018年に株式会社スマートラウンドを起業、現在に至る。


■金當一臣氏
「環境や社会への貢献を考慮している企業は、企業価値が向上して将来のビジネスチャンスに繋がるべきです。そのような理想的な社会や企業の創出を実現させるためにもサステナブル・ラボ社が開発する製品・サービスが不可欠となります。平瀬社長筆頭に、持続可能な社会構築の為の仕組みづくりを実現させていくチームの皆さんに期待して、出資させて頂きました。」

<金當一臣氏について>
連続起業家兼エンジェル投資家。
慶應義塾理工学部卒業後、丸紅入社。2008年スタンフォード大学経営大学院修士課程修了。楽天、ユーラスエナジー、ABB社を経て2012年にパシフィコ・エナジー社を創業。日本最大の太陽光発電事業会社に育てる。2017年4月シンガポールにドリームプロジェクトインキュベーター社を設立しアジア・パシフィック地域の再生可能エネルギー事業開発、並びにアフリカ・東南アジアで未電力地域の電化を推進中。


<新取締役の経歴>
■加藤康之(社外取締役)
京都大学客員教授、首都大学東京特任教授。専門は投資理論、金融工学。野村證券金融工学研究センター長、執行役を経て、2011年から京都大学大学院教授。2019年から現職。他に、お金のデザイン研究所所長、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の経営委員などを務める。

■中村匡(社外取締役)
野村證券を経て、IT特化のCVCの代表取締役、一部上場の繊維商社の執行役員などを歴任。(株)Psychic VR Labの設立から取締役を務め、主に営業戦略・財務戦略においてスタートアップ企業の応援に携わる。

■宇田直樹(社外取締役)
2016年に環境エネルギー投資に参画。エネルギー分野、スマート化分野等への投資を行いつつ、ファンド組成業務および経営企画業務を統括。前職のみずほ証券では、ユーティリティ企業が発行する債券引受等のファイナンス関連業務に携わった後、本社企画部門において対外広報業務に従事。東京大学大学院では環境学を専攻し、都市環境分野を学ぶ。


<サステナブル・ラボについて>
会社名: サステナブル・ラボ株式会社
代表者: 代表取締役 平瀬錬司
設立:  2019年1月4日
所在地: 〒105‐0013東京都港区浜松町2-5-3 リブポート浜松町703号
事業内容:SDGs/ESGにモノサシをあてるためAIを活用した非財務データバンク
URL:  https://suslab.net/

※ 本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. サステナブル・ラボ株式会社 >
  3. 「SDGsをAIで見える化」する非財務データバンクのサステナブル・ラボ株式会社が第三者割当増資並びに新取締役就任を実施