「第一回伊勢フラワーサミット」開催、SDGsをテーマに花きの歴史や文化を学ぶ

花業界を牽引する創業100年の企業経営者による対談やトップフローリスト中家匠海氏によるデモンストレーションを開催

フラワーライフ振興協議会(本社:東京都千代田区、会長:松村吉章)は、農林水産省の「公共施設等における花きの活用拡大支援事業」の一環として、3月26日(金)〜28(日)の3日間、伊勢神宮の神々が鎮座する伊勢の地に於いて「第一回 伊勢フラワーサミット」を開催いたします。
 フラワーライフ振興協議会(東京・会長 松村吉章)は、農林水産省の「公共施設等における花きの活用拡大支援事業」の一環として、2020年10月富山県国宝瑞龍寺を皮切りに世界遺産奈良興福寺など全国25箇所以上で催しを実施。コロナ禍において表面化した「フラワーロス」という社会課題の解決をテーマとして取り組み、2月に横浜にて開催された「サステナブル・ブランド国際会議2021」に出展するなど、花き産業の持続可能性についての議論を深めて参りました。
 この度、フラワーライフ振興協議会は来る3月26(金)〜28(日)の3日間、伊勢神宮の神々が鎮座する伊勢の地に於いて「第一回 伊勢フラワーサミット」致します。
 2000年間「不変のための変化」を続け、世界で最も古くかつ常に新しい姿を保ち続けてきた伊勢神宮にて「故きを温ねて新しきを知る」その営みの歴史と伝統の継承そしてその精神性に学び、持続的に花のいのちを豊かにつないでゆくために、花き業界全体の持続可能性について考えます。同日程中、協議会として自然の恵みの「おかげさま」である「花」を外宮内宮さまへご奉納し神恩感謝の祈りを捧げます。

■行事名:「第一回 伊勢フラワーサミット」
■開催期間:令和3年3月26日(金)〜28日(日)
■開催場所:いせシティプラザ、外宮前三角広場
■主催:フラワーライフ振興協議会
■後援:伊勢市、公益社団法人伊勢市観光協会
■協力:三重県花商組合連合会


<フラワーサミット>
内容:花き生産者・花き協同組合関係者・花き市場、流通販売事業者等を対象に、SDGsをテーマに花きの歴史と文化、技術の継承、持続可能な花き業界のあり方等について学び議論します。
・日時:3月26日(金)13:45〜19:00、27日(土)12:30〜18:20
・場所:いせシティプラザ2階多目的ホール
 【一般公開】
  ① 26日(金)パネルディスカッション(zoomライブ配信)
  ② 27日(土)、28日(日)フラワーデモンストレーション(Youtubeライブ配信)
  ③ 〃 作品展示(いせシティプラザ一階ホール)
  ④ 〃 野外作品展示(外宮前三角広場)
(※新型コロナウイルス感染症に配慮し「いせ市民活動センター貸館ご利用のルール」に準じた対策を講じ実施します)(※新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ、①②につきましては、一般参加の皆様へはオンライン配信でのハイブリッド方式にて開催致します。)

1)パネルディスカッション
対談「持続可能性が求められる花き産業の展望」〔90分〕
花業界における100年企業である三社の代表が花き産業の「持続可能性(サスティナビリティ)」について対談します。
・日時:2021年3月26日(金)16:15〜17:45 
【一般公開:事前申し込み制:オンラインzoomにてライブ配信】
お申し込みフォーム→ https://forms.gle/n9cjz976kH61f8Nt9

zoom参加申込はこちらzoom参加申込はこちら


【登壇者】
<パネリスト>
・川崎花卉園芸株式会社 会長 柴崎太喜一 氏
・株式会社姫路生花卸売市場 代表取締役 柴山栄一 氏
・ジャパンフラワーグループ株式会社 代表取締役 松村吉章 氏
<コーディネーター>
・一般社団法人100年経営研究機構 専務理事兼事務局長 藤村雄志 氏

2)デモンストレーション
・日時:3月27日(土)28日(日)両日
・開場13:00・開演13:30〜15:00(90分)
・場所:いせシティプラザ1階ホール
 トップフローリスト:中家匠海氏

中家匠海氏中家匠海氏



Takumi Nakaya
有限会社窓花 代表取締役
一般社団法人JFTD本部公式審査員
マミフラワー登録講師 花の教室窓花主宰
インターフローラワールドカップ日本代表








即興ブーケパフォーマンス:ローズギャラリー 武田桃子、CFC株式会社 繁村裕子
【ライブ配信:Youtubeフラワーライフ振興協議会公式チャンネルにて】
https://m.youtube.com/channel/UCOewtSfAH6XhYCqVwbz2L2Q/feature


3)作品展示
日時:3月27日(土)15:00〜18:00、28日(日)9:00〜12:00
場所:いせシティプラザ1階ホール
制作作品(各日6点、計12点)を展示致します。マスク着用の上、密を避けご観覧ください。
(※ご来場に際しましては、検温と消毒および、お名前、連絡先等のご記入にご協力ください。)

4)野外作品展示 作品名:「花をつむぐ」
日時:3月27日(土)12:00〜18:00、28日(日)9:00〜16:00
場所:外宮前三角広場
中家匠海氏による大型作品を外宮前にて展示致します。二日間どなたでもご自由に観覧戴けます。

〈地元生産者支援〉
・伊勢市および三重県の生産者による花を取り混ぜ使用することで地域の生産者の支援に繋げます。
・三重県鈴鹿市の胡蝶蘭生産者サノ・オーキッドさんよりミニ胡蝶蘭を120鉢お買い上げし展示します。
〈地域との連携〉:作品は催しの終了後、使用した花きを一輪もゴミ箱に捨てない、フラワーロスを発生させないという趣旨の元、三重県花商組合連合会のご協力を得て、伊勢市内の公共施設や学校、病院、福祉施設などにお譲り受けいただいて展示を続けます。廃棄することなくメンテナンスを施し新たな価値を付加したアップサイクルフラワーとして地域の皆さまへお花の魅力をお届け致します。また、作品の一部は大阪梅田駅前「PHOENIX」ショーウィンドーにて展示し、ロスフラワーについての取り組みを広く伝えます。

「フラワーライフ振興協議会」とは?
新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い社会課題となった大量の花の廃棄問題(フラワーロス)の解決や花きの国内消費の回復を図ることを目的に、全国の花市場・生花関連業者9社で構成され2020年9月に設立された広域推進協議会です。農林水産省令和2年度「公共施設等における花きの活用拡大支援事業」の事業者として採択を受け全国で活動を展開しています。
国内需要の喚起、生産者支援、花による賑わいの回復、地域・産地と連携した花による地域振興、地域活性などを通じて持続可能な花き業界のあり方を目指します。花文化を広く発信してゆくことで花の魅力を伝え、花を通じたニューノーマルな生活様式(フラワーライフ)を創出します。
フラワーライフ振興協議会HP:https://flower-life.org

フラワーライフ振興協議会フラワーライフ振興協議会

<フラワーライフ振興協議会による実施例>
■2020年10/2〜4 富山 国宝 瑞龍寺
■10/21〜11/3 大阪 大丸梅田
■10/22〜24 豊島区 伝統工芸展
■10/24〜11/3 長崎 ハウステンボス
■10/25 山口県 宇部市商店街
■10/30〜11/1 大阪 咲くやこの花館
■10/31〜11/1 軽井沢駅 コンコース
■10/31〜11/8 広島空港 コンコース
■10/31〜11/3  岐阜 花フェスタ記念公園
■11/13〜11/15 世界遺産 奈良 興福寺
■11/20~11/22 富山大和百貨店グランドプラザ
■11/28,29 岡山 国宝閑谷学校
■11月~12月初旬 神奈川県ラゾーナ川崎
■12/5~12/6 三菱地所『丸の内ブライトクリスマス2020』
■12/16 水戸ベルマーレ クリスマスイベント
■12/22 オンラインライブ配信「Wakana Anime Classic 2020」コンサート
■2021年2/20,21 世界遺産・国宝 姫路城
■2/24,25「サステナブル・ブランド国際会議2021横浜」
■3/3〜14 沖縄 首里城「華みぐい」関連 龍潭通りのフラワーロード化
■3/6,7 愛知 道の駅とよはし
■3/11 茨城 潮音寺 311追悼「花あかり」
■3/27,28「第一回 伊勢フラワーサミット」 他

 

 

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. フラワーライフ振興協議会 >
  3. 「第一回伊勢フラワーサミット」開催、SDGsをテーマに花きの歴史や文化を学ぶ