アフターコロナ時代に向けて地域の再活性化を支援。ゆこゆこ、「観光地域振興部」2022年4月設立 

強みのシニア向け個人旅行商品の提案力を活用

 温泉宿泊予約サービスやシニアリサーチ事業を提供するゆこゆこホールディングス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:徳田 和嘉子、以下当社)は、2022年4月に宿泊事業本部内に「観光地域振興部」を設立しました。アフターコロナ時代に向けて観光地との連携により魅力を共創し、地域の再活性化をサポートします。

 

  • 設立の背景
 新型コロナウィルスの感染拡大以降、観光業は打撃を受け続けています。当社はその中でも何か力になれないかと、会員のお客様に宿泊施設・温泉地へのメッセージを募集しました。その結果、約6,000通もの温かい応援の声が届きました。その声援を源に、改めてゆこゆこの企画提案力を最大活用し「全国の観光地を元気にしたい」という想いを強く抱きました。地方自治体との協業にも本格着手を始め、現在、県民割の参画件数は100件を超えます。
 当社が緊急事態宣言の明けた昨年10月から全国の宿泊施設、自治体の観光課・観光連盟と会話を重ねていくなかで目の当たりにしたのは、各地域が感染対策を徹底しながら県民割等キャンペーンに対応し、GoToトラベルキャンペーンの再開に向けて、またその先のアフターコロナ時代の誘客に備えている様子でした。
 ゆこゆこグループは国内で平日に旅行を愉しむシニアの個人旅行のご提案を創業より得意としています。その知見を活かして観光地との連携により地域の潤いを創出し、魅力発信と送客のお手伝いをしたいと考え、宿泊事業本部内に2022年4月1日に「観光地域振興部」を新設しました。
  • 今後の展望

 観光地域振興部では、新型コロナウィルスの影響で打撃を受けた観光地の再活性化に注力し、自然、食、歴史といった資源を生かした地域振興の戦略立案を行います。コロナの先を見据えた地方誘客を目指していきます。

■ゆこゆこホールディングス株式会社 概要

会社名  :​ゆこゆこホールディングス株式会社
代表者  :​代表取締役社長 徳田 和嘉子
所在地  ​:東京都中央区銀座2-3-6 銀座並木通りビル
設  立  :​2016年7 月(前身は2000年1月に設立)
事  業  :ウェブサイト運営事業(ゆこゆこネット)、温泉メディア事業、
     広告事業(各社チラシ同梱、広告掲載、FAX配信、DM発送、電話等を使った各種ご案内、等)
URL      : https://www.yukoyuko.co.jp/(コーポレートサイト)

■『ゆこゆこ』について

 当社は「おとなの毎日に、愉しみを。」を経営理念、「いい会話をしよう。」を行動規範として掲げ、事業を行っています。メインの事業である宿泊予約サービスは、7割が50代以上のお客様です。“おとな”の年代の方を中心としたお客様が、毎日を心豊かで幸せなものであるように愉しみを届けることを​目指しています。
 ゆこゆこの宿泊予約サービスは宿泊情報誌『ゆこゆこ』、Webサイト『ゆこゆこネット』、アプリの3つの方法で利用することができます。予約はネット、コールセンターでの電話予約の2種類を用意しており、お客様が使いやすい方法で予約をして頂くことが可能です。それぞれに掲載されている温泉地、宿泊地の情報、宿泊プランは当社の営業担当が実際に足を運んで発信しており、エレベーターの有無や段差の数等、お客様の幅広いニーズに合わせてお選びいただけます。
「ゆこゆこネット」は2020年オリコン顧客満足度ランキング『旅行サイト 国内旅行』の部門で1位に僅差で第2位を獲得しました。今後も時代背景に応じた機能の拡充を行い、よりお客様にご満足いただける宿泊予約サイトとなることを目指します。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ゆこゆこホールディングス株式会社 >
  3. アフターコロナ時代に向けて地域の再活性化を支援。ゆこゆこ、「観光地域振興部」2022年4月設立