株式会社Blanket代表の秋本可愛氏が株式会社土屋の社外取締役に就任

重度障害をお持ちの方(以下、重度障害者)に対して、全国約43都道府県で24時間体制の訪問介護事業を行う株式会社土屋(本拠地:岡山県井原市)の社外取締役として、新たに株式会社Blanket代表の秋本可愛氏が就任したことをお知らせします。秋本氏は介護業界向けHRサービスの提供や、日本最大級の介護に志を持つ若手のコミュニティ「KAIGO LEADERS」の発起人としての活動等を行われており、介護業界全体の課題解決に向けた親和性が高いことなどから本発表に至りました。


秋本 可愛(あきもと・かあい) 
株式会社Blanket 代表取締役/KAIGO LEADERS 発起人

平成2年生まれ、山口県出身。大学時代に、介護現場でのアルバイトを通し「人生のおわりは必ずしも幸せではない」現状に課題意識を抱き、2013年(株)Join for Kaigo(現 株式会社Blanket)設立。「全ての人が希望を語れる社会」を目指し介護・福祉事業者に特化した採用・育成支援事業「KAIGO HR」を運営。日本最大級の介護に志を持つ若者コミュニティ「KAIGO LEADERS」発起人。#ケアワーカーをケアしよう 発起人。Yahoo!ニュース公式コメンテーター。2021年よりNHK中央放送番組審議会委員に就任。2022年より厚生労働省「介護のしごと魅力発信等事業:事業間連携等事業」企画委員就任。

■秋本 可愛氏のコメント
「全ての人が希望を語れる社会」をビジョンに掲げ、介護・福祉に特化した採用・育成・定着支援サービス「KAIGO HR」や、全国に介護に想いのある人のコミュニティ「KAIGO LEADERS」を運営するBlanketという会社を経営しています。
 
右肩上がりに介護・障害者支援のニーズが拡大する中、人手不足が大きな課題となっています。
 
そんな中、土屋はたったの2年で、社員数2000人。このスピード感があらわす、本気でこの国の命と暮らしを支え続けるという意志と業界のあたりまえを越え、理想を諦めずに1つ1つ実現する経営のあり方に惹かれ、社外取締役に就任させていただく運びとなりました。
 
より多くの人の暮らしや命を支えていくためには、まだまだ多くの仲間を巻き込んでいかねばなりません。福祉の仕事の価値や魅力を届け支援に必要な人材を確保すること、そして、現場で働く人がより活躍できる組織づくりに貢献していきます。
 
まずは、土屋が掲げる「女性管理職の比率5割」の実現をともに目指していきます。介護・福祉の現場では多くの女性が活躍していますが、管理職・経営層になるにつれて、男性が多くなっているのが現状です。

土屋の実践、そしてその発信を通じて業界全体として女性リーダーが活躍できる環境づくりに挑戦していきます。

秋本可愛

■株式会社土屋とは
株式会社土屋は重度障害をお持ちの方(以下、重度障害者)が在宅生活を行うために、24時間体制で介護サービスを提供している企業です。近年、施設や病院ではなく在宅での生活を望む重度障害者の方が増加しており、国も後押しを始めています。しかしながら在宅生活を望む方の需要に対して供給が追いついておらず、土屋がサービスを提供できているのは在宅生活を希望する方の約3割程度。その他約7割の方はサービスの空きを待つ状況が続いています。このような状況に対し、土屋は2年前に前会社の事業を一部引き継ぐ形で創業。これまで事業所が無かったエリアへの進出やヘルパーさんの待遇改善、採用のオンライン化など様々な取り組みによって支援の支援の輪を広げています。

・会社名:株式会社土屋
・所在地:岡山県井原市井原町192-2 久安セントラルビル2F
・代表取締役:高浜 敏之
・HP:https://tcy.co.jp/
・従業員数:2112名
・設立:2020年8月
・事業内容:障害福祉サービス事業及び地域生活支援事業、介護保険法に基づく居宅サービス事業、講演会及び講習会等の企画・開催及び運営事業、研修事業、訪問看護事業

【本件に関するお問い合わせ先】
PR:楠橋(くすはし) Email:ako.kusuhashi@gmail.com


 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社土屋 >
  3. 株式会社Blanket代表の秋本可愛氏が株式会社土屋の社外取締役に就任