別荘気分でホテルのお部屋を10日間使い放題。「お部屋の“サブスク”」始めました

〜休暇村支笏湖 ホテル客室“定額使い放題プラン”を販売中~

支笏洞爺国立公園に位置するリゾートホテル「休暇村支笏湖」(所在地:〒066-0281北海道千歳市支笏湖温泉、支配人:川﨑孝利)は、ホテルの客室を10日間好きなだけご利用いただける、定額使い放題プラン「休暇村支笏湖 お部屋の“サブスク”」を販売中です。

10日間自由に使えるお部屋(画像は和洋室)10日間自由に使えるお部屋(画像は和洋室)


◆「休暇村支笏湖 お部屋の“サブスク”」プラン概要
内 容:1泊朝食付きプラン
期 間:9/15~12/28までの間のお好きな連続する10日間、ご自由にお泊りいただけます。
    ご宿泊例)1、2泊目 ― 宿泊
         3~5泊目 一 帰宅
         6~9泊目 ― 宿泊 等、途中ご宿泊なしのご予定も設定可能です。
料 金:66,000円(税込、入湯税別)
          ※和洋室ご希望の場合は+10,000円、バス付和洋室ご希望の場合は+20,000円
予 約:直接お電話にてご予約ください。
連絡先:休暇村支笏湖 0123-25-2201
その他:ご夕食ご希望の場合は、別途料金で承ります。ご予約の際にご希望をお申しつけください。
    お部屋の清掃について、ご滞在中はアメニティ類のみのご協力をお願いしております。
    一度ご帰宅される際には、お部屋を清掃いたします。


◆お部屋“サブスク”で、仕事もプライベートも充実
札幌市から約90分、千歳市から約30分と好立地にありながら大自然が広がる支笏湖。ワーケーションやリモートワークでのご利用、またご家族での“プチ”バカンス旅行に最適です。

<過ごし方1>アクティビティを楽しむ
紅葉で色鮮やかに染まる支笏湖をフィールドにした各種アクティビティをご用意。カヌー体験や登山プログラムなど本格的なものから、気軽なお散歩会や苔の洞門を行くトレッキングなど、レベルや状況に合わせて様々な体験が可能です。

人気のカヌー体験人気のカヌー体験


<過ごし方2>ワーケーションで仕事も遊びも充実
当ホテルではお部屋とは別でワーケーションルームをご用意。モニターや専用ライト、各種ケーブル、WEBカメラをお使いいただけるほか、お部屋は防音のため、WEB会議にも最適。集中できる環境を整えました。また、普段は会議室として使用している広間を無料でお貸出し。お仕事の合間に、6m×14mの広々室内空間でお子様と遊ぶこともできます。

ワーケーションルームワーケーションルーム


<過ごし方3>ただただ、ゆったり過ごす
トロトロの“美肌の湯”の温泉にゆったり浸かってのんびり過ごすのもオツなもの。気の向くままにバードウォッチングを楽しんだり、じっくり読書をするもよし。色づく園地を散歩していると新たな発見があるかもしれません。

とろみのある湯が自慢”支笏湖温泉”とろみのある湯が自慢”支笏湖温泉”


◆休暇村支笏湖
全国の湖沼の透明度調査において11年連続No.1に選ばれたこともある支笏湖。その美しい湖を見下ろす高台に位置するのが休暇村支笏湖です。周辺に広がる野鳥の森では、季節を問わずたくさんの野鳥と出会えます。また、美肌の湯として知られる支笏湖温泉はとろりとした泉質が特徴です。

所在地:〒066-0281
支配人:川﨑 孝利(かわさき たかとし)
URL:https//www.qkamura.or.jp/shikotsu/


 ◆新しい旅のスタイル‟ゼロ密のリゾート“を目指した取組み
お客様、従業員、関係者など皆様の安全・安心を第一に、‟ゼロ密のリゾート“を目指し日々取り組んでまいります。

休暇村公式サイト内 特集ページ https://www.qkamura.or.jp/campaign/zero/

◆自然にときめくリゾート 休暇村


日本の景色を代表する国立公園・国定公園など優れた自然環境の中にあるリゾートホテル。35か所ある休暇村は、「自然にときめくリゾート」のコンセプトのもと、地元の食材を活かした料理や、地域の自然、文化、歴史とのふれあいプログラムなど、その土地ならではの魅力にふれる場を提供し、すべてのお客様に心が自然にときめくひとときをお届けします。

 


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般財団法人休暇村協会 >
  3. 別荘気分でホテルのお部屋を10日間使い放題。「お部屋の“サブスク”」始めました