女性がより活躍できる環境づくりを目指し研修センターの増設を決定

株式会社スタジオアリス(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:川村廣明)は、全国の店舗で働くスタッフの研修を行う施設を、東京都八王子市と広島県福山市の2ヵ所に2016年中に、新たに増設することを決定いたしました。これにより、研修施設は既存の東京都府中市、大阪府堺市、福岡県福岡市、宮城県仙台市と併せ、全国に6ヶ所となり、長期間の宿泊研修への参加が難しい女性従業員でも、自宅から近いエリアで研修を受けることができ、習得したスキルを活かしてキャリアアップにチャレンジできる環境づくりを進めております。
 スタジオアリスは、全社の女性従業員比率が94%、全国の店舗で働くスタッフに関しては98%が女性であり、女性がやりがいや生きがいを持って活躍できる環境づくり・仕組み作りを、多面的な観点で検討し、特に重要な事項として取り組んでおります。こうした取り組みを通じて、様々なライフステージの女性従業員の業務に対する満足度・やりがいを高めることが、従業員のワーク・ライフ・バランスの実現と生涯設計の達成、そして、お客さまへの質の高いサービスの提供につながると考え、今後も継続して、より一層女性が活躍できる職場づくりを目指してまいります。
 


■参考:スタジオアリスの女性従業員が、より活躍できる環境づくりに向けた取り組み
①管理職における女性比率について
スタジオアリスは、かねてから、全国の女性が活躍できる環境づくりを進めてまいりました結果、女性管理職比率の目標であった70%を達成し、2015年末には管理職における女性比率が77%になりました。また希望により、スタジオ専門職幹部から総合職へ移行して、将来の経営幹部を目指すことのできる制度も採用するなど、女性がやりがいや生きがいを持って活躍できるルールづくりも積極的に行っております。

②産休取得率、育児休業の利用率について
2015年の、スタジオアリスにおける産休の取得率は6.5%、育児休業の取得率は95%、育児休業取得者の全従業員に占める割合は8.9%となります。育児休業後に取得できる制度が充実しており、休んでいる間のフォロー体制も構築されていることで安心して休め、高い育児休業の取得率に繋がっていると考えております。
 
③育児短時間勤務制度とショートタイム制度の利用率について
2015年の、スタジオアリスにおける育児短時間勤務制度の利用率は95%、育児短時間勤務の満了後に利用できるショートタイム制度の利用率は97%となり、両制度の利用者を合計すると、全従業員に占める割合は12.2%となります。産休、育児休業を終えた多くの女性従業員が制度を利用して職場へ復帰しており、「働きたい」気持ちを支える取り組みの結果と考えております。

④ショートタイム制度について
ショートタイム勤務制度とは、育児短時間勤務が満了したあと、こどもが小学校3年生を修了する3月末まで利用できる制度で、2014年より新しく導入いたしました。個々の生活環境の変化に合わせ、限定された時間(短時間)であっても働ける環境を整えることで、身につけたスキルと経験を活かしながら継続的に活躍できる体制を整えております。

⑤サポートメンバー制度について
サポートメンバー制度とは、ライフステージの変化に伴い、今まで通り仕事を続けることが難しくなったため退社した社員のために、子会社である「アリスキャリアサービス」で構築した制度です。働けるときに、短い時間でも本人の希望エリアで働くことができ、全国の店舗で在職中のスキルを活かしながら多くの女性が活躍しています。このサポートメンバーが全国に数多くいることが、女性従業員の働き方の多様性を実現させている要素のひとつです。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
株式会社スタジオアリス   http://www.studio-alice.co.jp
スタジオアリスは「こども専門写真館」を中心に、全国47都道府県で写真スタジオを多角的に展開しています。お子様の笑顔を引き出すスタッフの育成、商品・衣装の開発、日本最大級のラボの設置、そして長年人気を誇る「ディズニーとのライセンス契約による撮影メニューの提供」など、笑顔の記念写真を残していただくための総合的なサービスを提供しています。今後も、グループ一丸となり、写真を通じて家族の大切な思い出づくりをお手伝いしてまいります。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 スタジオアリス >
  3. 女性がより活躍できる環境づくりを目指し研修センターの増設を決定