チャット小説アプリ「peep」、「シネマ小説」の第2弾『インカメ』を公開

ー日本初!「動画」×「テキスト」の表現方法によって、よりリアルな体験が可能にー

チャット小説アプリ「peep」を手がける、taskey株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:大石ロミー)は、2019年1月25日(金)に同社が運営するチャット小説アプリ「peep(ピープ)」内に、動画とテキストで構成された「シネマ小説」の第二弾『インカメ』(主演:緑川春奈、脚本:最東対地)を公開いたします。

 

  • シネマ小説とは?​
「動画」×「テキスト」の新しい読み物コンテンツ

「シネマ小説」とは、 2018年12月に当社が日本で初めて(※)手がけた「動画」×「テキスト」を組み合わせた新しい読み物コンテンツです。
タップしながらテキストを読み進めていく中、シーンに合った動画が流れる仕組みになっています。
この手法を用いたことにより、話に没入していく中で臨場感のある映像が流れ、まるでその場にいるような感覚を味わいながらコンテンツを楽しむことが可能となりました。
(※)自社調べ

  • 日本で初めて「シネマ小説」を手がけた理由

エンタメをスマホで楽しむ時代に、新しい価値を提案したい
2018年2月26日に出版科学研究所が発表した、2017年のコミック市場統計によると、電子版のコミックスの売り上げ( 1711億円)が、初めて紙のコミックスの売り上げ(1666億円)を上回ったと話題になり、スマートフォンユーザーの増加と共に、スマホでエンタメを楽しむ人が増えてきていることが明らかとなりました。
そんな中、スマートフォンの機能を最大限に活かした新しいエンタメの形を提案したいと思い、「動画」×「テキスト」の表現手法を取り入れた「シネマ小説」を日本で初めてスタートしました。株式会社タスキーは、時代の流れに合わせ新しいエンタメの形を提案し、世界で愛される作品を提供していきたいと考えています。
 

  • 作品概要

シネマ小説第2弾『インカメ』は、角川主催の第23回日本ホラー小説大賞で読者賞を受賞しており、peepでも人気作品を手がける最東対地氏が脚本を担当。
心霊スポットである廃病院を探索する様子を大学生グループがスマートフォンのカメラを使って実況をするというストーリーのため、使用映像はすべてスマートフォンのみで撮影しました。
スマートフォンのカメラを活用した映像トリックと共に新感覚のホラーの世界をお楽しみください。
 

 

【あらすじ】
幣桜大学の映像サークルに所属するリエコ、レン、コウセイの三人は、サークル活動の一貫で心霊スポット探索の生配信を企画した。遠足ノリでやってきた『森の病院』と呼ばれる森林の中にある廃病院。それを前にした時、鳴り響く謎のジングル。緊張と怪異によるストレスで衝突する三人と配信を見守る視聴者との間で、不可解な“ズレ”が生じはじめていた――。

◇概要

▪タイトル:『インカメ』
▪配信日: 2019年1月25日(金)13時00分~
▪所要時間:約10分間(全3話)
▪出演:緑川春奈、永尾麟ノ介、髙澤礁太、平井涼
サンプル動画URL: https://youtu.be/1s_TO5pasRY


▼peepについて
■サービス名称:peep(ピープ)
■サービス開始日:2017年12月4日
■対応端末:iOS,Android
■URL:
(iOS) https://itunes.apple.com/jp/app/id1271282207
(Android) https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.peep.app
■コンテンツ:ホラー、恋愛ジャンルの短編小説を中心としたチャット小説
イラストを活用したチャット型UI漫画「タップコミック」
動画+テキストの新しい読み物「シネマ小説」
■料金形態:定額制:月額960円、週額360円
従量課金制:120円(400peep)、240円(800peep)、360円(1,200peep)、
720円(2,400peep)

▼taskeyについて
■会社名 :taskey株式会社(タスキー) http://taskey.co.jp/
■所在地 :東京都新宿区西新宿3-4-4 新宿ワープ3F
■設立  :2014年8月
■代表者 :代表取締役CEO 大石 弘務(おおいし ひろむ)
■事業内容:チャット小説アプリ「peep(ピープ)」の開発・運営
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. taskey株式会社 >
  3. チャット小説アプリ「peep」、「シネマ小説」の第2弾『インカメ』を公開