「WMグロース5号投資事業有限責任組合」の組成のお知らせ

WMパートナーズ株式会社(以下、「当社」)は、2022年7月25日に「WMグロース5号投資事業有限責任組合(以下、「当組合」)」を組成し、ファースト・クローズしたことをお知らせいたします。当組合は、株式会社日本政策投資銀行、みずほ証券株式会社および地域金融機関を中心に出資を募り組成されました。総額120 億円のファンド規模を目指し、ファンド募集活動を継続します。
新しいサービスや製品、ビジネスモデルを産み出す企業は、必ずしも創業時よりベンチャーキャピタルから資金調達を行い急成長志向のスタートアップ企業だけではなく、一定の業歴のある「成長志向の中堅・中小企業*」の中にも多く存在していると考え、当該領域で「成長企業投資(WM流グロースキャピタル)」の実績を積み上げてきました。 *当社では、「大人ベンチャー」と称しています。

当組合では、設立10年超の成長ポテンシャルを有する国内の中堅・中小企業を投資対象とし、 「資本政策の課題解決 × 成長支援」をテーマに、新株発行の引受(増資)、既発行株式の譲受など各社のニーズに合わせて「バイアウト投資」と「マイノリティ投資」ができることが特徴です。


中堅・中小企業を巡る経営環境は、コロナ禍の影響や、デジタル化・グリーン化の推進により急激に変化している中、金融機関等からの借入等だけではなく、「エクイティ・ファイナンス」も積極的に活用していくことの重要性が高まりつつあります。当ファンドは成長資金の提供に留まらず、事業承継問題の解決、事業再編の推進、資本構成の是正等、様々な経営課題の解決やニーズに対応し、中堅・中小企業のエクイティ・パートナーとして、事業運営に関する情報・ノウハウ提供をはじめ、人的・資金的なサポートを行い、更なる成長を支援いたします。

WMパートナーズ株式会社について
設立    :2013年7月
代表者   :松本 守祥 、徳永 康雄
資本金   :30百万円
株主    :パートナー、日本政策投資銀行
本社所在地 :東京都千代田区麹町三丁目2番地 垣見麹町ビル4階
事業内容  :未上場株式等への投資、プライベート・エクイティ・ファンドの運営・管理
運営ファンド:
<成長企業投資(WM流グロース・キャピタル)>
WMグロース3号投資事業有限責任組合(2014年1月~、出資総額62億円)
WMグロース4号投資事業有限責任組合(2017年9月~、出資総額106億円)
WMグロース5号投資事業有限責任組合(2022年7月~、組成中)
<LPセカンダリー投資>
JPEOF2014投資事業有限責任組合** (2014年4月~、出資総額72億円)
JPEOF2021投資事業有限責任組合***(2021年9月~、組成中)
ホームページ:http://www.wmpartners.jp/

**  正式名称:ジャパンプライベートエクイティオポチュニティファンド2014投資事業有限責任組合
*** 正式名称:ジャパン・プライベート・エクイティ・オポチュニティ2021投資事業有限責任組合
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. WMパートナーズ株式会社 >
  3. 「WMグロース5号投資事業有限責任組合」の組成のお知らせ