ありそうでなかったママとタバコに関する意識調査-子育て世代、最新のトレンド-

好き嫌い別れるタバコ。辞められないママは産後3ヶ月以内に再開

「家族の健康を支え笑顔をふやす」をミッションとし、妊娠、育児中のママ向けにツールアプリやメディアを展開する株式会社カラダノート(東京都港区/代表:佐藤竜也/以下当社)は、当社が運営するメディア『カラダノートママ部』(https://mamab.jp/)のユーザーを対象に、ママのタバコと育児に関する意識調査(調査期間:2018年7月29日~2018年8月5日)を実施いたしました。(n=2230)
[トピックス]
・ママの喫煙状況に関する調査リリース
・6割のママは妊娠を機に禁煙した
・妊娠を機に禁煙したが産後タバコがやめられなかったママのうち半数以上が産後3ヶ月以内に喫煙再開
・「子供の前では吸わない」が57.8%


■妊娠出産を機に禁煙したが産後やめられなかったママの半数以上が産後3ヶ月以内に喫煙を再開

 

本アンケートにて喫煙経験があると回答したママ(802名)のうち、妊娠・出産をきっかけに禁煙をしたことがあるのは約6割に当たる483名。育てている子どもの年齢層は、1歳未満の子どもを持つ人が86.5%と大多数を占めました。

 

妊娠出産を機に禁煙したが産後喫煙を再開したママは、喫煙経験のあるママの15 %に当たる121名でした。
そのうちの54.5%が、産後に喫煙を再開した時期について【産後3ヶ月以内】と回答。産後1年未満までに再開した人は全体の78.5%にのぼりました。
喫煙再開の理由 第1位は(育児や夫、周囲の人に対しての)イライラやストレスが35.5%。次いで「まわりが吸っていたから」と「母乳を卒業したから」が8.26%で同率2位という結果でした。

 


■産後の喫煙再開、意外といるのに見かけないのは「子どもの前で吸わないから」
産後喫煙を再開した人のうち、「子どもの前で吸わない、子どものいる部屋で吸わない」を徹底している、という回答が57.85%を占め、街中等であまり見かけない要因の一つと考察されました。
また子どもへの影響を考えて、「授乳間隔があいたときなどに吸うようにしている」(5.78%)、「誤飲を防ぐ」ために保管場所に気を配る(3.3%)といった回答がありました。
ほかにも「衣類にタバコの匂いがつかないように上着を着て吸う」「なるべく吸わないようにのど飴をなめ続ける」「吸ったあとは清涼菓子・歯磨き・手洗い」など、独自の喫煙ルールを決めているという声もありました。
今後も当社では、子育て世代の最新トレンド調査を実施してまいります。

<アンケート調査概要>
調査期間:2018年7月29日~2018年8月5日
調査対象:カラダノートママ部メルマガ登録者で、育児中のママ
回答人数:2230名
調査方法:インターネット調査
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社カラダノート >
  3. ありそうでなかったママとタバコに関する意識調査-子育て世代、最新のトレンド-