東郷神社・原宿東郷記念館にて、obnizBLEを用いた換気状況の見える化を実現

5月6日よりテスト稼働開始。

IoT開発を加速するプラットフォーム『obniz』の提供元であるCambrianRobotics Inc.は、5月6日から東郷神社・原宿東郷記念館にて、obnizを用いた換気状況の可視化ソリューションの稼働を開始いたしました。
2020年5月4日に新型コロナウイルス感染症対策専門家会議で発表された、「新しい生活様式」における「冠婚葬祭」項目に留意した『安全・安心』への一助とし、実際のデータに基づき適切な換気の実施を実現します。
東郷神社・原宿東郷記念館は、5月6日より新スタイルの結婚式「東郷LIVE WEDDING~オンラインで祝言を~」の発売を開始しました。同商品内にある「3密防止」における換気の徹底を実現するために、obnizBLEを導入しました。

■東郷神社・原宿東郷記念館の換気状況の可視化ソリューション導入について
CO2センサーを神殿内・ロビー・披露宴会場へ設置。obnizBLEを用いてリアルタイムにCO2濃度の計測値をクラウドへと集約します。
センサーで取得したCO2濃度の数値は、同会場側だけが知るのではなく、会場内のタブレットやサイネージへの表示、二次元バーコードを利用し誰でもスマートフォンなどで換気状況を閲覧できる環境を整え、新郎新婦や来場者も「安心・安全」を実感できる仕組みを提供しています。
 



【obniz換気状況可視化ソリューションについて】

■価格
測定箇所 100箇所未満の場合
月額 9,800円/月 (年一括支払も可)
初期費用 150,000円
50,000円/測定箇所(センサ費用を含む)

※別途Wi-Fi / インターネット環境 / 管理・閲覧用PCやスマートフォンが必要です。
※現地設置費用などは含みません。
※初期画面やセンサとのキッティング費用を含みます。

■機能
高性能CO2センサで取得したデータを、obnizBLEゲートウェイ経由で可視化します。
  • スマートフォン・PCによる施設内換気状態の一括/個別数値化・グラフ表示
  • 過去の換気履歴の取得
  • 換気不良検知時のメール・チャットサービス通知機能

■CO2測定センサ

LogttaCO2LogttaCO2

LogttaCO2 / ユニ電子株式会社
- 高性能CO2センサ(ELT Sensor社 S-300-3V)搭載
- 乾電池での長期間動作も可能な他、電源駆動もできるため、メンテナンスが容易
http://www.uni-elec.co.jp/004_Logtta%20CO2.pdf
 




■『obnizBLE GW』について
BLE製品をクラウドから簡単制御できるBLE製品の為のプラットフォーム

obnizBLE GWobnizBLE GW


1) 開発が容易:全てクラウドからの簡単制御
2) セットアップが容易:現地でWi-Fiセットアップを行うだけ
3) 機器の追加・変更が容易:現地には製品だけ送ればクラウド側で後から設定可能
4) 高セキュリティ:ゲートウェイ内にセンサデータが溜まらず漏洩の心配なし
https://obniz.io/ja/products/ble-gateway/



同製品はSB C&S株式会社を通じて販売します。


■本件に関するお問い合わせ先
株式会社CambrianRobotics
換気状況の定量・可視化サービス:https://obniz.io/service/ventilation-solution
問合せフォーム:https://obniz.zendesk.com/hc/ja/requests/new
メールアドレス:supportteam@cambrianrobotics.com
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社CambrianRobotics >
  3. 東郷神社・原宿東郷記念館にて、obnizBLEを用いた換気状況の見える化を実現