【初CM放映】「わかちあいファンド」が初のテレビCM「わかちあいの輪」を10月1日から放映。新規ファンドの募集に合わせてご当地キャンペーンを展開します。

株式会社日本プロパティシステムズ(所在地:滋賀県大津市、代表取締役:森田 康弘)は京都・滋賀の物件を中心に不動産クラウドファンディングを運営しています。今回、初めてテレビCMを制作。2021年10月1日(土)より放映を開始いたします。これに合わせて
新ファンド「わかちあい銀閣寺道②」を9月30日(木)午後12時から募集開始。地元京都産の逸品をプレゼントするご当地キャンペーンも展開しています。
・テレビCM放映の概要
株式会社日本プロパティシステムズは京都・滋賀の物件を中心に不動産投資型クラウドファンディングの運営を行っています。
今回のCMは、わかちあいファンドのロゴである『輪』をイメージさせる「わかちあいの輪篇」。地方局5局で10月1日から放映いたします。地元を応援する地方発のファンド運営会社として、出資者の皆さまには京都の逸品をプレゼントいたします。

CMメーキング

ご当地キャンペーン

・「わかちあい銀閣寺道②」概要

 

物件名 SAMSQUARE銀閣寺
販売開始日 2021年9月30日(金)12:00より
運用期間(予定) 2021年12月1日(水)から1年間
配当予定 初回2022年1月15日(土)より毎月
募集金額 1億3,500万円
年分配率(予定) 4.8%

 

「わかちあい銀閣寺道②」はインカム型のファンド商品。対象物件の家賃収入やテナント料を出資者の皆さまに受け取っていただく毎月分配型の商品です。ご出資金は1年の運用期間終了後に償還されます。

弊社はこの物件について10年以上の長期的な運用を目指していますので、償還期間の終了後は期間1年など同一条件での再組成を予定しています。

ご出資いただいた皆さまは再組成されるファンドにも優先してご出資していただけます。したがって、1年ごとに区切りがあるファンドを10年以上の期間にわたって運用していただくことができます。

長期間にわたって安定した毎月の分配金収入が見込め、しかも1年単位で区切りをつけることができます。長期的な運用を目指していらっしゃる皆さまに、おすすめのファンド商品です。

※不動産市況の大きな変動や一帯の再開発事業などにより、物件売却が相当に有利と事業者が判断した場合は継続運用せず、ファンドを償還することもあります。

◆ 日本プロパティシステムズ 会社概要
社名:株式会社日本プロパティシステムズ
代表者:代表取締役社長 森田 康弘
URL:https://www.psystems.co.jp/
本社:滋賀県大津市島の関1-10
設立:2000年9月
資本金:1億円
事業内容:
・不動産投資運用事業
(長期戦略事業、不動産ファンド事業、宿泊事業、プロパティマネジメントと建物管理事業)
・不動産売買・仲介事業
(分譲事業、テナント情報館、テナントシーリング、賃貸住宅の仲介)
・海外事業
(投資コンサルティング)

◆ わかちあいファンド
URL:https://wakachi-i.jp/
専用窓口: 0120-930-637(平日9:30~17:30)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社日本プロパティシステムズ >
  3. 【初CM放映】「わかちあいファンド」が初のテレビCM「わかちあいの輪」を10月1日から放映。新規ファンドの募集に合わせてご当地キャンペーンを展開します。