【昨夏約5万枚販売】今治産「夏用CooLマスク」のリニューアル版がクラウドファンディングで3000%の目標達成。不織布マスクカバーは通常マスクを上回る購入予約状況。医療従事者からも多数の支持。

今治タオルを製造・販売する株式会社ハートウエル(代表取締役社長 池永将成、本社 愛媛県今治市)は、昨夏約5万枚の購入実績のある今治産の夏用クールマスクをクラウドファンディングサイトのMakuakeにて、購入予約受付を開始いたしました。プロジェクト終了まで40日を前に、目標金額に対して3000%超のご支援をいただいておりますが、今夏は特にマスクカバーの購入予約数が予想を大きく上回っており、生活者のマスクニーズの変化が顕在化しております。

 

Makuakeサイト: https://www.makuake.com/project/hartwel08/

弊社ハートウエルは、創業90年以上の歴史を持つ今治のタオルメーカーです。
高級タオルやベビー用品を製造する老舗ですが、昨年より、生活者のニーズを反映した高品質マスクの開発・販売にも力を入れてきました。

その中でも、特に多くの方々の手に取っていただいた商品が、2020年夏にクラウドファンディングサイト・Makuakeで販売した「夏用CooLマスク」です。夏の使用に特化した「夏用CooLマスク」は、40日間のプロジェクト期間で約1万7千人のサポーターの皆様から約5万枚の応援購入をしていただきました。2021年の今夏はこのマスクをリニューアルし、「夏用CooLマスク -2021 Premium-」として、より機能性を高めて展開しております。
通常のレギュラーマスクに加え、オープンノーズの“エチケットマスク”、不織布マスクをより快適に使用できる“マスクカバー”を新たに開発。全3商品の展開となっています。

通常レギュラーマスク通常レギュラーマスク

エチケットマスクエチケットマスク

マスクカバーマスクカバー

各品とも設計を工夫することで、内部に立体的な空間を確保。口元や肌と裏地が密着しにくい構造となっています。化粧崩れや口紅の付着が発生しにくく、使いやすさ立体的な美しい横顔シルエットの実現を両立させたデザインで、顔へのフィット感も追求しています。
さらに、通常レギュラーマスクとエチケットマスクには前回の夏用CooLマスクにはなかったアジャスターをゴム紐部分に採用。紐の長さを調整して着用することでより快適にご使用できるようになりました。

 

  • 各種マスク共通の性能
■夏の長時間使用にピッタリな“裏面冷感”
「夏用CooLマスク -2021 Premium-」の最大の特長は、装着した瞬間、肌がひんやりと心地良く感じられる"裏面冷感"。冷感糸で織り上げた夏用の涼感生地が、内部にこもる熱や湿気をすばやく外に逃がします

さらに今回のリニューアルによって、製織後の生地にさらに冷感の加工を追加。スーッとした爽快感・清涼感をより感じていただきやすくなりました。


■通気性が高く“吸水速乾”を実現
マスク生地に支持は、吸湿性・吸水性に富むキュプラとレーヨンのほか、速乾性に優れた特殊ポリエステルを使用。息苦しさを感じにくいだけでなく、汗ムレやベタつきを抑制できるため、口元や肌を常時さわやかで清潔に保ちやすくなっています。


■摩擦が少なく、肌にやさしい
ベビー用品に使用している柔らかなタオル繊維と、すべすべでなめらかなキュプラ繊維で織られているため、肌にやさしく長時間着用に適しています。繊維の硬い不織布マスクの摩擦にお悩みの方でも、ご心配なく使っていただけます。

 

■日差しから肌を守るUVカット機能
生地に織り込まれたセラミックは、夏の強い紫外線・赤外線に対して優れた遮断性を発揮するUVカット機能を有しています。

 

■気になる汗の臭いを消臭
マスク生地に用いられたレーヨンは、様々ないやな臭いの元となる各種成分を中和する機能糸です。アンモニア、酢酸、イソ吉草酸等の各種ニオイ成分を分解し、高い消臭効果を発揮します。
汗をかきやすい方、マスクに付着する汗の臭いが気になる方にも、安心して使っていただけます。


夏の肌のお悩みやいやな臭いに効果的な“抗菌加工”
夏の高温多湿な環境では、マスクに雑菌が繁殖しやすく、ニキビ・吹き出物などお悩み、生乾きのいやな臭いの原因になります。リニューアルされた「夏用CooLマスク -2021 Premium-」は“抗菌加工”が施されているため、雑菌の増殖を抑止し肌にやさしく、且つ生乾きの臭いの回避につながります。

  • マスクカバー製作の背景
不織布マスクを着用したいが、肌の調子に悩んでいる」いう方に向けて、“マスクカバー”の開発に取り組みました。不織布マスクによる肌荒れの問い合わせや、当社マスクを使用することで症状が改善したという報告は日々寄せられておりました。この状況から、生活者のマスクカバーへのニーズを察知し開発に乗り出しました。マスクカバーを用いることで、繊維の硬い不織布マスクと肌が直接触れ合うことを避けられます。

また、本品独自のポイントとして、夏専用の冷感生地を採用しているという点です。不織布マスク着用時のムレと口周りの体温上昇を軽減できることで、快適性を追求しています。
「夏用CooLマスク -2021 Premium-」と同じ、やさしいタオル繊維で織られたカバーなので、肌に優しく、吸水速乾、UVカット、消臭、抗菌機能も兼ね備えています。
不織布マスクが表に見える仕様にし、色のついた不織布マスクとの色の組み合わせも楽しめるように設えました。

  • マスクカバーの購入予約状況
2021年4月30日に予約開始しましたが、12日が経過した5月12日時点において、2600枚を上回る購入支援をいただいております。全販売枚数のうち、マスクカバー51%、通常のレギュラーマスク46%、エチケットマスク3% の購入比率となっており、マスクカバーの需要の高さが顕著になっております。

マスクカバーの需要が高まっている要因としては下記が挙げられます。
  • 不織布マスクの着用が感染予防の観点から再度推奨されるようになった点
  • 不織布以外のマスク使用に対する他者からの目線が厳しくなった点
  • 不織布マスクでは肌荒れが発生する方が一定数存在する点
  • 二重マスクの息苦しさや煩わしさを感じている方が一定数存在する点

実際に、今回のMakuakeでのプロジェクトでは、購入支援者の方から応援メッセージとして、不織布マスクの使用について下記のようなコメントが寄せられました。、肌荒れに加え、二重マスクの解消や、不織布マスクでないと嫌な目で見られる点への対処など、マスクカバーの利点が明らかとなりました。

 

また、不織布マスクが必須である医療従事者の方からも、マスクカバーを支持するコメントが多数寄せられております。医療機関では感染症下での逼迫した状況が続いておりますので、できるだけ多くの関係者の方の快適なマスク着用に寄与できればと思います。

  • 当社の今後のマスク関連品開発について
これまでは感染症予防の効果が高いマスク、ウイルス捕集率が高いマスクが求められてきましたが、感染症の蔓延から1年以上が経過した今、マスクの使用を補助し快適化する製品へニーズが高まっていると感じます。

マスクカバーの開発・改良を引き続き行うとともに、他各種のマスク使用を補助する製品の開発・生産も新規に行い、当社オンラインストアにて販売して参ります。

ハートウエル オンラインストア本店:https://hartwell.co.jp/
今治初のマスク専門ブランド sottosou(ソットソウ):https://sottosou.jp/

感染症の影響は依然続いておりますが、引き続き生活者の皆様のニーズを捉え、暮らしを快適にする商品開発をハートウエルでは続けて参ります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ハートウエル >
  3. 【昨夏約5万枚販売】今治産「夏用CooLマスク」のリニューアル版がクラウドファンディングで3000%の目標達成。不織布マスクカバーは通常マスクを上回る購入予約状況。医療従事者からも多数の支持。