ユビ電、会津・東山温泉 御宿 東鳳にWeCharge電気自動車充電サービスに対応した普通充電コンセント4基を設置

東山温泉でココロもカラダもクルマも充電

ユビ電株式会社(本社: 東京都渋谷区 代表取締役: ⼭⼝ 典男 以下、ユビ電)は、「ORIX HOTELS & RESORTS」ブランドの温泉旅館「会津・東山温泉 御宿 東鳳(おんやど とうほう)」(所在地:福島県会津若松市、総支配人:嶋村 卓也)にWeCharge普通充電コンセントを4基設置しました。会津若松においては、今昔亭、会津東山温泉観光協会に次いで3箇所目の設置となり、会津若松を皮切りに脱炭素、電動化の未来へ向けたサービスを全国へ拡充して参ります。

 


電気自動車の普及期に入り、充電設備は混雑がはじまり、充電渋滞が各所で発生しています。一方では耐用年数を迎えた急速充電設備の廃止による充電スタンドの減少が課題となっています。WeChargeが提供する普通充電コンセントは、急速充電器と比べて設置や維持にかかるコストを大幅に抑えることができるので、施設側の負担が低く持続可能な充電設備としてとても優れています。また、電気自動車の最大のメリットの一つとして、走行しない時間に駐車場で充電できることが挙げられ、長時間滞在するホテル旅館は普通充電器の設置場所として最も適した場所の一つと言えます。

車種によって違いはありますが、200V 3kW出力の普通充電コンセントでは1時間の充電で約20km走行できる電気を得ることができます。ホテル旅館の平均的な滞在時間である午後4時から翌朝10時まで18時間充電すると、約55kWhの電力量となり約360km走行できる電気を得ることができます。なお、コンセント型の普通充電設備をご利用される際は、車載の充電ケーブルが必要となります。

ユビ電の代表取締役 山口 典男は、次のように述べています。「ホテル旅館を経営されている宿泊施設、宿泊事業者は、ユビ電にとって重要なパートナーです。宿泊施設における普通充電設備の設置メリットを社会へ訴求し、より多くのEVドライバーが安心して目的地に向かうお手伝いが出来るよう精進して参ります。」

WeCharge電気自動車充電サービスは、いつでもどこでも「じぶんの電気」を自由に使える電力環境の構築を目指し、クルマが長時間駐車する自宅マンションでの「おうち充電」や、宿泊施設や商業施設など訪問先での「おそと充電」の拡充に取り組んでいます。また、職場でのワークプレイスチャージング「おしごと充電」では、電気自動車でマイカー通勤される従業員駐車場向けの充電環境つくりも支援しています。

ユビ電株式会社 コーポレートサイト https://www.ubiden.com/
WeCharge電気自動車充電サービスサイト https://www.wecharge.com/ 

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ユビ電株式会社 >
  3. ユビ電、会津・東山温泉 御宿 東鳳にWeCharge電気自動車充電サービスに対応した普通充電コンセント4基を設置