映像監視システム『ArgosView』と、パナソニックの入退室管理システム『eX-SG』が連携!映像と入退室情報の一元化により監視業務を効率化!さらにTeams等のITシステム連携も可能に!

 パナソニック ネットソリューションズ株式会社(以下:パナソニックNETS)は、パナソニックの入退室管理システム『eX-SG』と連携するソリューションを10月1日より発売いたします。
  • 連携の背景・・・労働人口減少から、監視業務の省人化が求められています
2020年の厚生労働白書によると2025年には労働人口が現在から500万人、2040年には1300万人減少することが報告されています。このような背景から、大型ビルの施設監視業務や様々な業界で、省人化、省力化が業務改善の大きなテーマになっています。防災センターや中央監視室の管理業務において常駐勤務が必要とされており、さらに人手による点検作業なども継続して行われています。そのため、慢性的な人手不足や高齢化対策が課題となっており、システムによる業務軽減のニーズも高まっています。

本ソリューションでは、上記状況の改善を目指し、 ArgosViewとeX-SGを連携させることにより、監視業務の生産性向上を実現します。
  • 特長1・・・映像監視システムに入退室情報を統合し効率化を実現
本ソリューションでは、これまで別々に使用されていた映像監視と入退室管理を統合。 eX-SG で管理されている
入退室情報等を、ArgosViewに連携させることで、ArgosView映像監視システムのみで、入退室の映像や、
IDや時刻を用いた検索から入退室映像の特定などを行うことが可能となります。

 
  • 特長2・・・アラート映像だけを表示するアクティブモニタでさらに効率化
本ソリューションでは、エラー情報や特定のカードIDを使用した入退室イベントなどと連動したアラート時の映像のみを表示する、アクティブモニタを使用します。アラート情報と連動したカメラの映像のみを表示しますので、全カメラの映像を目視確認する必要が無く、少人数で効率よく監視業務を行うことができます。​

  • 特長3・・・入退室情報と映像をTeams等に連携。VIP入館を関係者に通知等
ArgosViewは映像に加えてデータをハンドリングし他システムと連携することが可能です。この機能を使用し、eX-SGからの入退室情報をもとに、映像を組み合わせて、Teams等のITシステムに連携することが可能です。

 
  • ArgosView+eX-SG 連携ソリューションの構成・特長

 

  • パナソニック ネットソリューションズについて
パナソニック ネットソリューションズは、ワークフロー事業と映像監視事業を柱とし、業務効率化・業務改善や安全・安心の実現に総合的に取り組んでいます。20年以上の豊富な経験・ノウハウを活かして開発したワーク
フローパッケージ「MAJOR FLOW Z」は、多くのお客さまから高い支持をいただいています。
また、映像監視システム「ArgosView」をコア技術とした映像ソリューションは、国内VMS市場において
シェアNo.1※ を獲得しており、ご好評いただいています。

社名   : パナソニック ネットソリューションズ株式会社
代表者  : 代表取締役社長 南部 和彦
本社   : 〒104-0045 東京都中央区築地5丁目3番3号 築地浜離宮ビル12F
設立   : 2008年1月30日
資本金  : 7,000万円
URL   : http://pnets.panasonic.co.jp/
※ 富士経済「2017~2021 セキュリティ関連市場の将来展望」


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. パナソニック ネットソリューションズ株式会社 >
  3. 映像監視システム『ArgosView』と、パナソニックの入退室管理システム『eX-SG』が連携!映像と入退室情報の一元化により監視業務を効率化!さらにTeams等のITシステム連携も可能に!