観光特化型デジタル通貨「ルーラコイン」と「ルーラNFT」を提供するWEB3カンパニーの株式会社ルーラは、集中豪雨の被災地「松島町」を支援するための被災地支援型NFTを発売、初日で30万円を超えました。

観光特化型デジタル通貨「ルーラコイン」と「ルーラNFT」を提供しているWEB3カンパニーの株式会社ルーラ(本社:東京都渋谷区、代表取締役 橋本 竜、以下ルーラ)は、7月16日に宮城県を襲った集中豪雨の被災地「松島町」を支援するために、ルーラNFTを活用した「被災地支援型NFT(売上金額を全額寄付)」の販売や購入金額の10%をクーポンとして還元する観光促進施策を開始しました。

■背景
令和4年7月16日に、宮城県を1時間に約100ミリを超える猛烈な集中豪雨が襲いました。宮城県松島町では、警戒レベル5の「緊急安全確保」が発令されるほどの記録的な大雨となり、JR松島駅前は、約100メートルにわたり50センチ〜1メートル程の深さで冠水しました。
松島地域内にある松島観光協会をはじめとした多くの観光施設も冠水被害を受け、補修や復旧が必要な状況となっております。
全国の観光地をWEB3テクノロジーで支援しているルーラは、日本三景の一つである松島の被災状況を鑑み、「ルーラコイン」と「ルーラNFT」を活用した寄付施策を実施します。

■ルーラNFTを活用した支援施策
ルーラは、アニメや漫画、アニメソングなどのサブカルチャーが好きな方に人気の地域活性化プロジェクト「温泉むすめ」の松島温泉のキャラクターで、観光親善大使も努める「松島名月」を起用したトレーディングカード形式のルーラNFTを7月19日(火)~7月31日(日)の期間に販売を行います。

 

ユーザーは、ルーラコインのWEBアプリにある「チケット」から「松島豪雨水害支援ルーラNFTチケット」(1,000円、3,000円、5,000円、10,000円の4種)をルーラコインにて購入することで、ルーラがユーザーの代わりに売上金の100%を一般社団法人松島観光協会に寄付します。
また、寄附時に発生する決済手数料や寄付金の振り込みにかかる手数料はルーラが負担し、支援いただいた金額を全額寄付します。
さらに、松島の観光を促進するために、8月31日までの間、松島エリアのルーラコイン加盟店にてルーラコインの決済時に、10%割引となるクーポン配布施策も同時に開始しました。

■ルーラコインについて

ルーラコインは、全国の観光地で使える、観光に特化した地域デジタル通貨です。全国の観光地で横断的に使えるデジタル通貨(1ルーラコイン=1円)とプレミアムポイント(キャンペーン毎に付与されるプレミアムポイント)の2つで構成されています。従来型の地域デジタル通貨が抱えている「限られた地域でしか使えない」「観光客があまり利用しない」という弱点を補う全国規模のネットワークを持つデジタル通貨となります。
現在、13地域、92店舗で利用することが可能となっており、多くの観光地で新しい客層が増えた、客単価が向上した、全体的な売上が増加したなど、各店から大変好評をいただいております。本年中には50地域、500店舗に拡大する予定です。

■ルーラNFTについて

ルーラNFTは、日本全国にある温泉地や酒蔵、城郭などの観光資源をNFT(非代替性トークン)化した観光に特化したNFTです。地方をテーマにしたNFTはこれまでにもありましたが、ルーラNFTはユーザーの位置情報を活用することで、現地でしか購入できない仕様のため、地方に最適化されたNFTとなり、またの名をローカルNFT(※商標申請中)と言います。
また、幅広い世代にリーチするためにアニメキャラクターや地方で活躍するローカルアイドル、地元密着型のスポーツチームとのコラボレーションも予定しています。
なお、2022年6月24日よりルーラNFTのテスト販売を兵庫県・有馬温泉、福島県・飯坂温泉にて開始しております。詳細はルーラコインサービスサイト(https://www.rural.ne.jp)をご確認ください。

■一般社団法人松島観光協会 事務局長 勝股かおり様コメント
  • 当協会が入所している宮城県松島海岸レストハウスは床上浸水約10センチでした。早朝に事務所の中を見たときは茫然としながら職員全員で水害ゴミの撤去や床の清掃などを行い、翌日には観光客の皆様をお迎えできるようになりました。現在も水没した書類や床の乾燥作業などをしながら営業を続けております。なお、浸水した施設や店舗の大部分は翌日には営業再開をしております。

    さて、いつも応援していただいているファンの方の「ルーラコインで募金ができないか」のSNSを見た際にこんな使い方あれば私自身も募金がしやすくなると思っていたところでしたが、まさかそれがすぐに実現するとは驚きました。自宅にいながら募金ができる仕組みはデジタル通貨ならではの良い取り組みであると思います。このような取り組みが日本各温泉地及び観光地にも広がっていくことができればと思います。
    今回、ご支援いただいたことを受けて、当協会では皆様に感謝の気持ちを伝えるべく「ご支援ありがとうキャンペーン」を展開できるように取り組んで参ります。

    最後に多くの皆様から当協会に対し暖かいご支援を賜りましたこと、当協会職員及び会員一同、大変ありがたく、深く感謝を申し上げる次第です。このご厚情を忘れることなくこれからも日本三景松島を盛り上げるよう努めて参る所存でございます。

■ルーラが採用するブロックチェーン技術
ルーラNFT及び、ルーラコインは、トランザクションの管理にブロックチェーン技術を利用しており、各NFTサービスで利用実績の多い「Polygon(MATIC)」ネットワークを採用しています。

■パートナー企業の募集
ルーラでは、地域の魅力をご一緒に発信していくパートナー様を広く募集しております。
1. ルーラNFTとコラボできるようなコンテンツホルダー企業様
2. ルーラコインを利用できる、全国規模の宿泊施設、観光施設を持つ企業様
3. ルーラコインを活用した旅行商品の企画及び販売を行う旅行業界の企業様
4. 着地型観光を推進する交通事業者様や地方自治体様
5. その他、地域通貨の将来性や全国規模の地方創生プロジェクトに興味のある企業様
ご興味のある企業様は、以下までお問い合わせください。

パートナー募集に関するお問い合わせ ⇒ info@rural.ne.jp

■株式会社ルーラ 会社概要
・住所:〒150-0046 東京都渋谷区松濤1-28-2
・代表者:代表取締役 橋本 竜
・事業内容:地域デジタル通貨事業/暗号通貨発行事業
・設立:2021年6月1日
・コーポレートサイト:http://www.corporate.rural.ne.jp
・サービスサイト:https://www.rural.ne.jp

■本件に関するお問い合わせ
・株式会社 ルーラ    担当:田中
E-MAIL:info@rural.ne.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ルーラ >
  3. 観光特化型デジタル通貨「ルーラコイン」と「ルーラNFT」を提供するWEB3カンパニーの株式会社ルーラは、集中豪雨の被災地「松島町」を支援するための被災地支援型NFTを発売、初日で30万円を超えました。