イタンジ・SQUEEZEと協業し、スマートキーボックスと連動した安心の自動内見対応システムの運用を開始

中古マンション市場のリーディングカンパニーとしてリノベーションマンションの供給および不動産管理を行うスター・マイカ株式会社(本社:東京都港区/代表取締役 水永政志/証券コード:3230)は、イタンジ株式会社 (本社:東京都港区/代表取締役CEO 伊藤 嘉盛)及び株式会社SQUEEZE (本社:東京都港区/代表取締役 CEO舘林真一)との協業のもと、物件の検索から内見、申込、審査受付まで一連の賃貸不動産取引のコミュニケーションをAIによって自動化した賃貸不動産事業者用 のシステム「Cloud ChintAI(クラウドチンタイ)」と、世界初インターネット接続のない環境でも操作が可能なBluetooth対応スマートキーボックス「igloohome(「イグルーホーム」)」を連携させた自動内見対応システムの運用を開始しました。
自動内見対応システムの概要
  • エンドユーザーから賃貸不動産の内見を希望された不動産仲介会社は、空室確認電話への自動応答システム「ぶっかくん」で空き状況を確認
  • 内見予約自動化システム「内見予約くん」で内覧日時の予約をすると、内見予約をした仲介会社の情報が自動でスマートキーボックスigloohomeに連動
  • 内見時に仲介会社ごとのワンタイムパスワードが発行されることにより安全に部屋を開錠し見学をすることが可能に

(※ぶっかくん、内見予約くんは、Cloud ChintAIの機能です)

サービスの向上にスター・マイカのノウハウを提供
 両サービスの連携にあたり、スター・マイカグループの管理物件で試験運用を実施いたしました。スター・マイカの賃貸管理のノウハウを反映させることで、スマートキーボックスの軽量化や、防水性、操作性の改良を実施し、既存の「Cloud ChintAI(クラウドチンタイ)」システムのオペレーションとスマートキーボックスの親和性の向上を図りました。初見の不動産仲介会社でもスムーズに登録・内見できるサービスを実現しております。

今後の展望
当社は2017年1月に発表した3カ年経営計画にて「イノベーションへのチャレンジ」を掲げ、株式会社インベスターズクラウドとの戦略的業務提携による「マンション買取一括査定サービス」や定額制リノベーションプラン検討のためのVR体験スタジオの設立等を実施しております。
当該自動内見対応システムにつきましても、今後、賃貸管理物件での運用実績を重ね、売買物件への展開を検討しております。中古マンション業界をリードする存在として、今後とも最先端のIT技術を取り入れることで不動産とITの融合を推し進め、お客様向けサービスの向上に努めていく所存です。

スターマイカ株式会社について
社名: スター・マイカ株式会社
設立: 2001年5月
資本金: 35億7,303万円
代表取締役: 水永 政志
本社: 〒105-6028 東京都港区虎ノ門四丁目3番1号 城山トラストタワー28階
事業内容: 中古マンション事業、インベストメント事業、アドバイザリー事業
会社HP: http://www.starmica.co.jp/

イタンジ株式会社について
社名: イタンジ株式会社
設立: 2012年6月
資本金: 5億円(資本準備金含む)
代表取締役CEO: 伊藤 嘉盛
本社: 〒105-0011 東京都港区芝公園3-1-8 芝公園アネックス4・5階
事業内容: 一般消費者様への不動産サービス提供、不動産会社様へのシステム提供
不動産業務におけるIT活用コンサルティング
会社HP: http://itandi.co.jp/

株式会社SQUEEZEについて
社名: 株式会社SQUEEZE
設立: 2014年9月
資本金: 519,080千円(資本準備金含む)
代表取締役CEO: 舘林 真一
本社: 〒105-0011 東京都港区北青山3-3-7 第一青山ビル3F
事業内容: 民泊・ホテル・旅館事業者向けのクラウドソーシングサービス提供
会社HP: https://squeeze-inc.co.jp/
※スター・マイカは、2016年6月に、第三者割当増資引受及び取締役(社外)派遣
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. スター・マイカ株式会社 >
  3. イタンジ・SQUEEZEと協業し、スマートキーボックスと連動した安心の自動内見対応システムの運用を開始