すさみスマートシティ推進コンソーシアム主催防災イベントにてBELLグループの備蓄管理システムを活用

BELLグループのベル・データ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木明一)は、2021年11月30日にすさみスマートシティ推進コンソーシアムが主催した防災イベントに参加しました。

ベル・データは、すさみスマートシティ推進コンソーシアム発足時より参画し、産学金民官連携により、IoTやAIを含むICT等の先端技術を活用しながらスマートシティを目指し、地域の抱える防災、観光、交通、経済、高齢化等の諸課題を解決するとともに、人々の生活の質を高め、全体を最適化させながら持続的な発展が可能なまちの実現を目指しております。


今回の防災イベントでは、和歌山県すさみ町の「道の駅すさみ」で防災ソリューションの展示やデモンストレーションが行われた他、災害発生時に孤立集落へ支援物資などを輸送することを想定し、道の駅から同町里野の集会所(避難所)へ食料をドローンで運ぶ実証実験が実施されました。今回ベル・データは、BELLグループの備蓄管理システム(BxLink:ビーリンク)を提供し、他の民間企業が提供するスマートフォンのコミュニケーションアプリやモバイルオーダーシステムとの在庫データ連携などのデモンストレーションを実施しました。すさみ町の備蓄品のデータが登録されている備蓄管理システムと、コミュニケーションアプリなどを併用することで、避難所からスマートフォンのアプリを操作して道の駅へ必要な物資を要求し、その要求に応じて道の駅にいる防災担当職員が備蓄管理システムから利用可能な食材や食事を検索、出庫します。さらに、備蓄管理システムの情報をモバイルオーダーシステムに反映させ、避難所からスマートフォンを操作して食事を注文。注文された食事を道の駅からドローンで配送しました。

ソフトバンク株式会社が主導したドローン配送の実証実験では、町産のレタスを使った「レタスおにぎり」30個を入れた発泡スチロール(総重量約5キロ)を積載して海上約4kmをドローンが航行し、13分ほどで避難所へ無事に着陸。災害発生時のICT×ドローンでの物資配送の可能性を実証することが出来ました。

今後も、災害発生時の備蓄品の受け渡しの効率化や最適化に向けて更なる連携強化を図っていきます。


<備蓄管理システム>

BxLinkは、防災備蓄品データを一元的に可視化することができるクラウド型のシステムです。要配慮者や地域外訪問者を含めた最適な備蓄計画立案支援のシミュレーション機能、消費期限アラート発報機能、備蓄品の入出庫管理機能を提供し、備蓄管理業務の効率化、官民連携や自助促進などの連携基盤として活用され始めています。

BELLグループの防災プラットフォーム事業
https://www.bell-group.jp/service/prevention/bosai.html

すさみスマートシティ実行計画
https://www.mlit.go.jp/toshi/tosiko/content/001428238.pdf

道の駅すさみについて
南紀道の駅すさみ(運営:株式会社信濃路)
住所:和歌山県 西牟婁郡 すさみ町江住808番地-1
公式サイト:https://www.michinoeki-susami.com/

BELLグループについて
グループのパーパス「技術探険と共創で、社会に安心を届ける」を軸に、BELLグループは、想像力、創造力、技術力をかけ合わせた“共創”を強みに、「今」と「未来」への不安を安心へと変える社会づくりを目指していきます。テクノロジーによる中堅・中小企業の成長を強力に支援していくとともに、防災プラットフォーム事業をはじめとした、少子高齢化、災害対策など解決すべき社会課題についても積極的に取り組みます。BELLグループは変化を恐れず、ビジョンの実現に向けて新たな挑戦を続けていきます。

詳しくは、BELLグループブランドサイトをご覧ください。:https://www.bell-group.jp/

<事業概要>

ベル・データ株式会社
創業30年を迎えたベル・データは、蓄積してきたテクノロジーをもって中堅・中小企業のビジネス上の課題に対するソリューションを提供します。3000社を超えるお客様とのお取引を通じて培われた技術力やサポート力を基盤に、最高のI Tソリューションインテグレーターが課題を解決し、企業の成長を支援していきます。BELLグループのパーパスおよびプロミスにもとづいた誠実な姿勢で事業活動を展開していきます。

社名                     :ベル・データ株式会社(英文名 BELL DATA, Inc.)
本社所在地           :東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビル49階
代表                     :鈴木 明一
設立                     :1991年7月
事業内容:インフラストラクチャー インテグレーター事業
システムインテグレーター事業
クラウド・アウトソーシング事業
情報提供サービス
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. BELLグループ >
  3. すさみスマートシティ推進コンソーシアム主催防災イベントにてBELLグループの備蓄管理システムを活用