KIIが動物再生医療スタートアップのVetanicに出資

臨床グレードのイヌiPS細胞を用いた各種再生医療等製品の開発を促進

慶應イノベーション・イニシアティブは、動物再生医療スタートアップであるVetanicに対して出資をいたしました。
Vetanicは今回の増資により総額1.5億円の資金調達を実施し、イヌiPS細胞由来間葉系幹細胞(MSC)の開発を加速させて参ります。
慶應イノベーション・イニシアティブ(本社:東京都港区、代表取締役社長 山岸広太郎、以下KII)は、弊社が運営するファンドより、日本大学と慶應義塾大学の研究成果を活用したスタートアップである株式会社Vetanicに対して第三者割当増資による出資をいたしました。他の出資者からの調達も含め今回の第三者割当増資によるVetanicの調達額は総額1.5億円となります。

◆臨床グレードのイヌiPS細胞を用いた各種再生医療等製品の開発を促進

Vetanicは、イヌiPS細胞由来間葉系幹細胞(MSC)をはじめとした各種再生医療等製品を開発しています。ヒトで実用化が進む再生医療は、獣医療においても普及が望まれていますが、現在、設備要件を満たした少数の動物病院において実施されているのみで、品質のバラツキや治療開始までのリードタイム、また高額な治療費など、普及に向けた課題が存在します。同社は、日本大学、及び慶應義塾大学との共同研究により、世界で唯一の臨床応用に適したイヌiPS細胞の作製に成功し、現在獣医療でニーズが高いMSCについて開発を推進します。さらにこのイヌiPS細胞の高品質・低コスト・ドナーフリーで倫理的という特徴を活かし、MSC以外の各種再生医療等製品の開発にも順次着手する計画です。これまでの技術課題を解決し、動物再生医療の普及を促進、より多くの動物たちの健康で幸せな生活通じて、人々へも幸福を届けて参ります。
 

                                       ※Vetanicの技術で構築した臨床グレードのイヌiPS細胞

■会社概要
会社名 :株式会社Vetanic (Vetanic Inc.) 
所在地 :東京都東京都港区浜松町2丁目2-15
代表者 :代表取締役社長 望月 昭典
設立   : 2021年1月8日
事業内容: 動物用再生医療等製品の研究開発、製造および販売と、再生医療関連試薬の研究開発、製造および販売
U R L : https://www.vetanic.com/
関連U R L: https://www.keio.ac.jp/ja/press-releases/files/2021/4/2/210402-1.pdf

■慶應イノベーション・イニシアティブ(KII)について
KIIは、2016年7月、主に慶應義塾大学の研究成果を活用したスタートアップを支援するため創設されました。また、2020年1月からは、慶應義塾大学に限らずシード・アーリーステージからのリード投資を中心に、デジタルテクノロジーによる社会の革新や、医療・健康などの課題解決に取り組む技術系スタートアップに投資対象を広げ投資活動を推進しています。
スタートアップへの投資育成を通じて日本が誇る大学等の研究機関の技術や知的財産といった優れた研究成果の社会実装を推進し社会貢献の一翼を担うと同時に、ベンチャーキャピタルファンドとして高い収益性を確保し持続的なイノベーションエコシステムの構築に取り組んで参ります。

■KII 会社概要
会社名 :株式会社慶應イノベーション・イニシアティブ(Keio Innovation Initiative, Inc.)
所在地 :東京都港区三田1-4-28 三田国際ビル10F
代表者 :代表取締役社長  山岸 広太郎
資本金 :1億円(資本準備金5000万円を含む)
設立 : 2015年12月17日
事業内容:大学発技術系ベンチャー企業の育成、ベンチャーキャピタルファンドの運営
U R L :https://www.keio-innovation.co.jp

本リリースに掲載された内容は発表日現在の情報です。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 慶應イノベーション・イニシアティブ(KII) >
  3. KIIが動物再生医療スタートアップのVetanicに出資