国際学術誌「Limnology」への研究成果掲載のお知らせ

魚類の把握に効率的な環境DNA採取方法に関する神戸大学および龍谷大学との共同研究


神戸大学、パシフィックコンサルタンツ株式会社、龍谷大学らからなる研究グループ※により、水と堆積物に含まれる環境DNAを分析することによって得られた研究成果が、2020年11月15日に国際学術誌「Limnology」にオンライン掲載されましたのでお知らせいたします。

※研究グループ
坂田雅之(神戸大学大学院 人間発達環境学研究科 大学院生)、渡部健(パシフィックコンサルタンツ株式会社)、真木伸隆(同社)、池田幸資(同社)、小菅敏裕(同社)、岡田泰明(同社)、山中裕樹(龍谷大学 先端理工学部 准教授)、源利文(神戸大学大学院 人間発達環境学研究科 准教授)ほか

神戸大学、パシフィックコンサルタンツ株式会社、龍谷大学による共同プレスリリースは添付の参考資料をご確認ください。

◇  参考資料:神戸大学、パシフィックコンサルタンツ株式会社、龍谷大学による共同プレスリリース
  魚類の把握に効率的な環境DNA採取方法​〜河川の魚類、水から見るか泥から見るか?〜
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. パシフィックコンサルタンツ株式会社 >
  3. 国際学術誌「Limnology」への研究成果掲載のお知らせ