BONIQが、9月度低温調理人気メニューランキングトップ10を発表 1位は、60℃で1時間“史上最強に柔らかい蒸し鶏”

2位は、57℃で3時間“ローストビーフ” 3位は、63℃で1時間半“チャーシュー”

“一家に一台、低温調理を”をモットーに、低温調理器「BONIQ(ボニーク)」を製造・販売する株式会社葉山社中(本社:神奈川県三浦郡葉山町、代表取締役:羽田和広、以下、葉山社中)は、月間47万PV(2019年9月30日現在)を誇る「BONIQ」低温調理レシピサイト(https://boniq.jp/recipe/)の9月度、人気メニューアクセス数ランキングトップ10を発表します。

 

9月度、低温調理人気メニューランキングトップ109月度、低温調理人気メニューランキングトップ10

 

 低温調理レシピサイトには、2年で約2万3千台の実績を誇る低温調理器「BONIQ(ボニーク)」を利用し、牛肉、鶏肉、豚肉レシピを中心に、400メニューほど掲載されています。低温調理器「BONIQ(ボニーク)」は、温度を1℃単位、時間も1分単位で設定し、フリーザーバッグなどで食材を真空状態にした状態で湯煎する調理家電です。肉の厚みや部位によっても湯煎時間は変わるため、代表・羽田と調理スタッフによって、温度・時間を組み合わせ、調理、試食を繰り返してきたことで、研究レシピを掲載してきました。

1位:60℃で1時間“史上最強に柔らかい蒸し鶏”1位:60℃で1時間“史上最強に柔らかい蒸し鶏”

  
 その中でも、設定時間と湯煎時間による“比較レシピシリーズ”は好評で、2位と7位に“比較レシピ”がトップ10に入っています。アクセス数ランキング1位になった鶏レシピ“60℃で1時間、【究極!】史上最強に柔らかい蒸し鶏”(ユニーク数:14620)は、2位に1.5倍のアクセス数があり、低温調理鉄板のメニューです。比較的安価で脂身が少ない鶏肉は、低温調理をすることで旨味を閉じ込めることで、高タンパク質のメニューが簡単に作れるため、健康意識の高い方、アスリートの方々にもおすすめです。

 8月28日よりクラウドファンディング・マクアケで開始した「BONIQ(ボニーク)」の進化版、「BONIQ Pro(ボニーク・プロ)」の販売が好調で、10月15日時点で売上4,934万円を超えました。2年前の2017年5月にクラウドファンディングで販売した初号機「BONIQ(ボニーク)」は、販売終了時で1367万円だったのに対し、現時点で金額は3.6倍、購入者数も3倍となりました。一般販売は2019年12月を予定しており、来年も低温調理ブームが続くと思われます。

自宅で誰でも簡単にプロレベルの料理! 進化版低温調理器BONIQ Pro自宅で誰でも簡単にプロレベルの料理! 進化版低温調理器BONIQ Pro


「BONIQ Pro」クラウドファンディングページ:https://www.makuake.com/project/boniqpro/

【「BONIQ」低温調理アクセスランキングフォトギャラリー】

 

2位:57℃で3時間/牛もも肉のローストビーフ低温調理 塩投入比較2位:57℃で3時間/牛もも肉のローストビーフ低温調理 塩投入比較

3位:63℃で1時間半/虜になっちゃう自家製チャーシュー3位:63℃で1時間半/虜になっちゃう自家製チャーシュー

4位:63℃で40分/フォアグラみたいな鶏レバー4位:63℃で40分/フォアグラみたいな鶏レバー

5位:54℃,57℃,60℃で1時間半/旨みローストビーフのサラダ5位:54℃,57℃,60℃で1時間半/旨みローストビーフのサラダ

6位:68℃で30分/簡単すぎる 温泉卵6位:68℃で30分/簡単すぎる 温泉卵

7位:77℃で8時間半/豚ばらの低温調理 温度比較7位:77℃で8時間半/豚ばらの低温調理 温度比較

8位:58℃で1時間/絶品!贅沢な牛もも肉の厚切りステーキ8位:58℃で1時間/絶品!贅沢な牛もも肉の厚切りステーキ

9位:61℃で2時間/自家製!美味しい鶏ハム9位:61℃で2時間/自家製!美味しい鶏ハム

10位:よだれ鶏10位:よだれ鶏


【低温調理器「BONIQ」とは】
低温調理器BONIQは、代表の羽田が海外の展示会を数年間渡り歩いて企画をし、自主製造したオリジナルの真空低温調理器です。低カロリー・高タンパク質の肉が美味しく、手軽に食べられることやフランス料理などの高級料理店と同等なお肉が簡単に作れることでSNSなどの口コミで広がり、30代から40代を中心に、健康意識の高い男女や、フィットネスをやられている方、忙しい主婦の時短料理としても認知され、2万3千台の販売実績を誇る商品までと成長しました。
また約2年前にオープンした低温調理のレシピサイト(https://boniq.jp/recipe/)は、月間47万PVまでに。レシピ数も400を超え、日々閲覧者数も増え続けています。昨今、国内大手企業や海外製品も参入し、健康ブームも重なって、低温調理器は引き続き注目される民生家電の一つです。

■葉山社中会社概要
・会社名称 :株式会社 葉山社中 / Hayama-Colony inc. 
・代表取締役 :羽田和広
・本社所在地 :神奈川県三浦郡葉山町一色1642番地
・営業所 :東京都目黒区大橋1-10-1 プリズムタワー207
・設立 :平成28年6月21日
・資本金 :9,800,000円
・社員数 :10名(派遣・アルバイト含む)
・事業内容 :真空低温調理器「BONIQ(ボニーク)」の製造販売、自社ECサイトの運営
https://www.boniq.shop/
月間47万PVを超えるBONIQレシピサイトの運営
https://boniq.jp/recipe/
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Hayama-Colony inc. >
  3. BONIQが、9月度低温調理人気メニューランキングトップ10を発表 1位は、60℃で1時間“史上最強に柔らかい蒸し鶏”