Google特許リサーチカンファレンス2017【東京国際フォーラム】

〜 Google最前線 最新の特許文書から紐解くユーザーニーズとオリジナルコンテンツ 〜

​一般社団法人全日本SEO協会(本部:東京都港区、代表理事:鈴木将司、以下全日本SEO協会)は、Google検索で“上位表示する方法”をGoogleの特許文書を読み解きながら分かりやすく解説する『Google特許リサーチカンファレンス2017』講演会を、2017年10月17日(火)に東京国際フォーラムで開催いたします。


Googleは100兆を超えるドメインをインデックスしたと発表してから数年が経過しました。
もはや情報過多という表現では収まらない情報が存在することは容易に推測出来ます。

誰もがSEOを施したコンテンツを大量に作り上げる中で、差をつけなければならないのです。
大変な時代になりましたが、いったい何をどうすれば良いのでしょうか? 

Googleは、「利用可能な最も信頼できるソースにもとづく、関連性の高い情報にユーザーがアクセスできるようにする」ことを検索エンジンのテーマに掲げています。 

したがって、私たちが発信する情報は、信頼できるソースに基づいていなければなりません。そして検索クエリとの関連性がなければならないのです。 

では、信頼出来るソースに基づいていると認定されるためには何が必要なのでしょうか。
関連性があると認定されるためには何が必要なのでしょうか。 

Googleは公式サイトでこのように述べています。
「サイトとページの品質情報源がどのくらい信用できるか、評判が良いか、権威があるかなどを、何らかのシグナルで判断できるようにする(このようなシグナルの 1 つが PageRank です。PageRank は Google の当初からのアルゴリズムの 1 つで、ページ間のリンクを見てその関連性を識別するものです)。」 

「信用」「評判」「権威」の3つのシグナルを獲得しなければ上位表示はありえません。
では、シグナルを獲得するためには何が必要なのでしょうか。 

それは、特許文書の中に隠されています。 

今年のプログラムは、

1. 検索順位決定要因の変遷を振り返る。
2. 最新の特許文書から見た検索ランキング決定のポイント
3. Googleに評価されやすいコンテンツの作り方 

を中心にレポートする内容になっています。 

【講師】
一般社団法人全日本SEO協会特別研究員
SEO検定審査委員会 技術委員
一般社団法人人工知能学会会員

郡司 武

【司会】
一般社団法人全日本SEO協会
代表理事

鈴木 将司

【開催日】
2017年10月17日(火)18:00 ~20:00

【開催場所】
東京 丸の内 東京国際フォーラム G405会議室 

<アクセス>
〒100-0004 東京都千代田区丸の内3丁目5番1号
http://www.web-planners.net/webplanners_semi_tokyo_chizu.html

・JR有楽町駅 :有楽町駅より徒歩1分
・JR東京駅 :東京駅より徒歩5分 (京葉線東京駅とB1F地下コンコースにて連絡)
・地下鉄 有楽町線 : 有楽町駅とB1F地下コンコースにて連絡
・地下鉄 日比谷線 : 銀座駅より徒歩5分/日比谷駅より徒歩5分
・地下鉄 千代田線 : 二重橋前駅より徒歩5分/日比谷駅より徒歩7分
・地下鉄 丸ノ内線 : 銀座駅より徒歩5分
・地下鉄 銀座線 : 銀座駅より徒歩7分/京橋駅より徒歩7分
・地下鉄 三田線 : 日比谷駅より徒歩5分

【参加費】
1社5名様まで無料

【参加資格】
全日本SEO協会の全ての会員様

【定員】
50名

【主催者】
一般社団法人全日本SEO協会

【詳細・お申込みページ】
https://www.zennihon-seo.org/research-conference2017.html
 

東京国際フォーラム東京国際フォーラム

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人全日本SEO協会 >
  3. Google特許リサーチカンファレンス2017【東京国際フォーラム】