メディカルデータカード、MeDaCa アプリのサービス利用契約を慶應義塾大学病院と締結

メディカルデータカード株式会社(東京都新宿区、代表取締役:西村 邦裕、以下 当社)はこのたび、慶應義塾大学病院(東京都新宿区)と、スマートフォンアプリMeDaCa®を使った実証研究を共同で行うためのシステム利用契約を締結いたしましたのでお知らせいたします。
本事業は、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)未来社会創造事業の重点公募テーマの一つである「ヒューメインなサービスインダストリーの創出」の研究開発課題として、当社代表取締役西村が課題名「セルフデータ収集によるヘルス・セントリック社会の創出」の研究で、慶應義塾大学の分担研究機関として受託している研究課題です。
当社は、個人が自分自身の医療情報管理の主体となることを目指して自社で開発したスマートフォンアプリ
MeDaCa を利用し、個人と病院をつなぐプラットフォーム作りを担当いたします。当社は本事業を通じて、よりよい医療サービスを受けられる社会創造に貢献してまいります。

■MeDaCa とは
個人が自分自身の医療情報を管理すること、医療機関と連携することが可能なサービスです。
(1) 血液検査報告書や薬剤情報提供書、健康診断結果など紙で入手したデータを、自分のスマートフォンのカメラで撮影し保存することにより、スマートフォンやパソコンで、いつでもどこでも検査データを閲覧し、管理・蓄積をすることができます。
(2) 個人がMeDaCa に保存した検査データを、診察している医師に見てもらうことや、医療機関や検査センターからデジタルデータで検査結果を受け取ることも可能となります。



 個人向けスマートフォンアプリ「MeDaCa」(対応OS:Android、iOS)
 ブラウザ版URL:https://medaca.co/




■当社について
文部科学省・JST の研究プログラム、革新的イノベーション創出プログラム(COI-STREAM)の「健康長寿の世界標準を創出するシステム医学・医療拠点」(中核機関:慶應義塾大学)の活動から生まれたCOI 発・慶應義塾大学発スタートアップです。2017 年7 月と2018 年4月の2 回、JST の出資型新事業創出支援プログラム(SUCCESS)からの出資を受けています。

■会社概要
会社名 : メディカルデータカード株式会社
所在地 : 東京都新宿区荒木町1-22 四谷マンション203
代表 : 代表取締役社長 西村 邦裕
設立 : 2014 年10 月30 日
事業内容: 健康・医療情報を一元的に管理するためのインターネット・モバイル・クラウドサービスの企画・開発・提供
URL : https://www.medaca.co.jp/

■本件お問合わせ先
カスタマーサポート部:佐藤、メール:press@medaca.co.jp 電話:03-3226-0303
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. メディカルデータカード株式会社 >
  3. メディカルデータカード、MeDaCa アプリのサービス利用契約を慶應義塾大学病院と締結