D2CやサブスクなどtoCビジネスを展開するスタートアップのPR・広報、マーケティングを支援する「朝日メディアアクセラレータープログラム」第7期の募集を開始

本日10月29日募集を開始し、締め切りは11月13日23時まで。

「朝日メディアラボベンチャーズ株式会社」(代表取締役社長:野澤博)は、昨年に引き続きベンチャー支援プログラム『朝日メディアアクセラレータープログラム』を開始します。今期の約2か月のプログラムでは、Crucnch Styleの武井亮太代表、Snaq.me の服部慎太郎代表など、現役のスタートアップ経営者をアドバイザーとして迎え、toCビジネスに特化したマーケティングやPR広報の支援を行います。


▼朝日メディアアクセラレータープログラムとは?

『朝日新聞アクセラレータープログラム」から数えて7期目の実施となります。過去6回のプログラムでは、国内採択企業31社中23社がエンジェル投資家、ベンチャーキャピタル、朝日新聞社を含む事業会社、朝日メディアラボベンチャーズから資金調達を行いました。

本プログラムは、メディア企業の特徴を活かし、専門家からのアドバイスや、関連・協力企業による支援を行う約2か月間のプログラムです。PR・広報支援では、勉強会やメディア向けのプレゼン資料作成の支援。プログラムのゴールとして、複数のメディア企業へ1社ごとにプレゼンを行う「メディアキャラバン(2021年2月予定)」を実施します。

書類・面談による審査により約5社を採択し、11月23日に支援プログラムを開始します。また支援プログラムは、オンラインを基本としますが、一部オフラインでも実施する予定です。

*詳細については下記URLをご参照ください
  https://accelerator.asahimedialab.vc

▼プログラム内容


▼スケジュール
 2020年10月29日      募集開始
      11月13日        募集締め切り
      11月14日      書類審査
      11月16~19日     オンライン面談審査
      11月23日      支援プログラムスタート
 2021年2月上旬           オンライン メディアキャラバン

▼募集概要
 対象:
  1)サブスク/D2Cなど、toC向けサービスを展開するシードステージのスタートアップ
  2)経営者含め最低2人以上のフルコミットできるメンバーがいる法人登記された企業

  参加条件:
  1)ユーザーに提供できる最低限のプロダクト/サービスがあること
  2)代表が毎週1時間程度、オンラインで行う定例MTGに必ず参加できること
  3)2~3回/月程度の勉強会、ワークショップに積極的に参加すること

▼アドバイザー

 

株式会社Crunch Style / 代表取締役 武井亮太氏

1987年生まれ。宇都宮大学教育学部卒業。店舗運営、IT企業勤務を経て、2014年に株式会社Crunch Styleを起業。起業2カ月目に、ギフト用の花を扱った「Bloomee」をリリース。2016年より花の定期便サービス「Bloomee LIFE」を開始。

 

株式会社スナックミー / 代表取締役  服部 慎太郎氏
1981年生まれ。慶応義塾大学大学院修了後、日本総合研究所、ボストン・コンサルティング・グループにてコンサルティング業務に従事。その後、スタートアップを経て、ディー・エヌ・エーにてベンチャー投資業務を約2年間行う。2015年9月に独立し、株式会社スナックミーを設立。

▼朝日メディアラボベンチャーズ株式会社
 URL:https://asahimedialab.vc
 所在地:東京都中央区築地5-3-3
 資本金:1億円
 代表者:代表取締役社長 野澤博
 株主:株式会社朝日新聞社(100%)
 運営ファンド:朝日メディアグループ1号投資事業有限責任組合
                     (朝日新聞社、および系列テレビ局等のグループ企業等が出資するベンチャーファンド)

 投資領域:

 

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 朝日メディアラボベンチャーズ株式会社 >
  3. D2CやサブスクなどtoCビジネスを展開するスタートアップのPR・広報、マーケティングを支援する「朝日メディアアクセラレータープログラム」第7期の募集を開始