日本初のプロスポーツ選手によるルテイン摂取トライアルを実施!! スポーツに重要な視覚機能をつかさどる成分の増加を確認!

57.1%の選手でスポーツビジョン(スポーツに重要な視覚機能)の1つ「コントラスト感度」が向上

ウェブ媒体「目カニズム」(運営元:DSM株式会社)と特定非営利活動法人スフィーダ(以下以下スフィーダ世田谷FC)は、選手がDSM株式会社協賛のFloraGLO®ルテイン(フローラグロー ルテイン)を摂取し、その効果を測定するマーケティングテストを、4月から6月にかけて実施いたしました。その結果、FloraGLO®ルテインを継続摂取することで、選手の57.1%が、スポーツのパフォーマンスに影響する「コントラスト感度」と「視覚処理速度」を司る黄斑の濃度を向上させたことが確認されました。

黄斑色素濃度測定の様子黄斑色素濃度測定の様子

「コントラスト感度」とは、色と色の違いを識別し、物をくっきり見るための機能です。8種類あるスポーツビジョン(スポーツに重要な視覚機能)の1つで、ボールやその回転をしっかり視認する上で重要になります。また、「視覚処理速度」とは、目で見た情報を脳に伝達する速度です。この2つの機能は、「黄斑」という組織が司っており、目の中に黄斑が多く存在するほど機能が高くなります。この黄斑をつくる唯一の栄養素がルテインで、米国では、プロ野球チームの大半が摂取するなど、アスリートケアの最先端のアイテムとして活躍しています。

 

締結式の様子締結式の様子

今回のテストは、女子サッカー「なでしこリーグ」での躍進を目指すスフィーダ世田谷FCが、日本ではまだ珍しい最先端のアスリートケアを体験するため行われました。ルテインの摂取が日本人プロスポーツ選手にも有効であることを確認しようと、サプリメントや健康食品の素材として広く使われ、臨床試験や研究論文の世界的なスタンダードになっているFloraGLO®ルテインを使用しました。

 

テストにはトップチーム選手28人が参加し、医療用の測定器を用いて目の中の黄斑の量(黄斑色素濃度)を測定した結果、摂取前後で数値比較が可能な21人のうち、57.1%にあたる12人の選手で黄斑の濃度が向上したことが確認されました。スフィーダ世田谷FCの選手は平均年齢22.1才と若く、また、スポーツ選手として日ごろから食生活に気を配っているため、摂取前から日本人の平均数値よりも高い数値を示していました。そうした状況の中でも数値が向上したことは、ルテイン摂取の有用性を改めて示していると受け止めています。

最終測定後にアンケートを実施した結果、15人からご返答いただき、93.3%の選手から「ルテイン摂取を継続したい」「ルテインはアスリートにとって重要な栄養素だと思う」とのご感想をいただきました。物をくっきり見るためのコントラスト感度は、スポーツ選手はもちろん、日常生活においても重要です。そして、今回のテストで、若い人や日頃から健康を気にしている方にも有効であることが示されました。目カニズムでは、この度の結果を参考に、目のパフォーマンスを向上させる栄養素として、また、目の健康をサポートしてヘルシーエイジングに貢献する栄養素として、今後もルテイン摂取の重要性を啓蒙していきます。

 

 



調査結果

表:測定結果表:測定結果





トップチーム監督川邊 健一のコメント
「日本女子サッカー界の発展に役立つ可能性の秘めたパフォーマンス向上の栄養素としてのルテインに今後もクラブ一同注目しています!」


選手のコメント
・伊藤千梅選手
「毎日サプリメントを飲むだけで良いのが簡単で続けやすいと思います。サッカーをする上で、目は大切な部位なのでこれからもルテインを取り入れます!」

・柏原美羽選手
「アスリートとして視覚からの情報はとても重要なものであるため、競技力向上のためにも今後積極的に活用させていただきたいです。」

・原志帆選手
「社会人としても生活している上で、デスクワークによる目の疲労は避けて通れません。ルテインのサプリメントを通じて健康維持や改善に役立つ効果を身をもって実感しています。」

 

 

 

目カニズム
ケミン社が管理、DSMが運営する目に関するウェブ媒体です。Facebookにて、お役立ち情報やゆるいサイエンス、海外情報を発信しています。ルテインやアイケアの啓蒙を目指しています。
https://www.facebook.com/eyechanism.jp


 

 

FloraGLO®ルテインFloraGLO®ルテイン

FloraGLO®ルテイン
ケミン・ヒューマンヘルス・ニュートリション(ケミン社)が製造する FloraGLO®ルテイン(フローラグロー ルテイン)は、マリーゴールドの花から抽出された天然のサプリメント成分です。視覚、脳、皮膚への健康効果が最もヒト試験で研究されている唯一のルテインのブランドです。

 

ルテインには目の黄斑色素密度を向上させる機能があり、ブルーライトなどの光による刺激を軽減し、色の濃淡を判別する「コントラスト感度」や視覚的認識力が向上します。動体視力に並ぶスポーツ視力の1つ「コントラスト感度」の改善効果や球技における反応速度の向上を示す科学的な調査結果から、アイケアだけでなくハイパフォーマンス目的でも注目されている成分です。


 

 

DSMDSM

DSM – Bright Science. Brighter Living.TM
Royal DSMは、栄養、健康、持続可能な暮らしの分野において事業を展開する「purpose-led」(目的主導型)のグローバル企業です。経済的繁栄、環境問題への取り組み、そして社会の発展を促進し、DSMと関わる全ての人々にとって持続可能な価値を創造します。DSMは、食品や栄養補助食品、飼料、パーソナルケアおよびアロマ、医療機器、環境に配慮した製品および用途、新たなモビリティとコネクティビティの分野において革新的なビジネスソリューションを提供します。DSMおよび関連会社の年間の純売上高はおよそ100億ユーロで、社員数は約2万3,000名、Euronext Amsterdamに上場しています。

詳細については https://www.dsm.com/countrysites/japan/ja_JP/home.html をご覧ください。

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. DSM株式会社 >
  3. 日本初のプロスポーツ選手によるルテイン摂取トライアルを実施!! スポーツに重要な視覚機能をつかさどる成分の増加を確認!