人と組織のミスマッチを解消する「ミツカリ」を運営する株式会社ミライセルフが「株式会社ミツカリ」へ社名変更

人と企業のミスマッチをなくして、仕事で不幸に感じている人をなくす。

人と組織のミスマッチを解消するサービス「ミツカリ」を運営する株式会社ミライセルフは、2019年8月1日より「株式会社ミツカリ」に社名を変更致します。
当社は、ミッションである「社会全体の適材適所」を目指し、個人の価値観と社風のミスマッチによる不幸な離職の解消に取り組んでいます。 ミツカリをリリースして3年、2,300社11万人以上にご利用頂いております。長く使ってくださっているお客様から離職率が劇的に下がったなどの声を頂き、ミツカリが生み出す価値についてより深い確信を持っています。今後もお客様の声を真摯に受け止めながら、人と組織のミスマッチを防ぐミツカリを磨いていく想いから、社名を「株式会社ミツカリ」に変更することと致しました。
 

 


採用時の適性検査から始まったミツカリですが、本年5月には社内人事分析に使えるプラン(https://mitsucari.com/people_analytics)もスタートし、入社後の配属や人事戦略にも活用しやすくなりました。価値観や社風を含めて判断することが人事のスタンダードとなるよう、それにより社会全体の適材適所が実現できるよう、これからも新機能開発・運用を行って参ります。

■事業概要
当社の提供するミツカリは、ウェブ上で10分間72問の質問に答えることで即座に「仕事をする上で重要となる価値観」が定量化・可視化されるサービスです。

近代心理学においてメジャーな「ビッグ・ファイブ理論」をベースに、社会心理学の権威であるカリフォルニア大学バークレー校のキャメロン・アンダーソン教授、および、AI技術に詳しい京都大学大学院の田島敬史教授に監修を頂き、仕事をするうえで重要となる価値観に絞り、精度を担保しながら設問数を最小限に抑えました。
 
  • 採用シーンでの活用
採用シーンでは、採用面接での人材の見極めだけでなく、定着人材・活躍人材の特徴を可視化する採用要件定義や、企業と求職者との相互理解を行う内定者フォローにも活用頂いています。

各社に適したモデル作成には、社内(もしくは採用対象部署)の全員にミツカリを無料で受検して頂きます。独自の適性検査は1人10分で受検可能で、現場社員の方の受検も大きな負担にはなりません。社員の価値観を定量化することで、その集合体である会社や部署の特徴を定量化できます。

その後、採用候補者にミツカリを有料で受検して頂くことで、人工知能が会社や配属予定のグループとの相性を即座に算出し、結果をすぐに確認できます。採用前に価値観と社風の相性を確認することで、入社後のミスマッチを事前に予測し、早期離職が改善に繋げられます。早期離職が改善されることで、採用目標人数も減少し、人事担当者の課題である「採用に対するマンパワー不足」も解消できます。
 
  • 人事戦略での活用
人事戦略では、相性の良い部署や上司への配属だけでなく、性格や価値観の違いから適したコミュニケーションを行うマネジメント、各部署で活躍している社員の特徴が可視化されることでの人材発掘などにもご活用頂いています。

社内人材のデータが気軽に取得でき、分析しやすい形で出力されるミツカリを活用すれば、データに基づいた根拠のある人事戦略が可能になります。例えば、相性の良いチームに配属することで、人間関係のトラブルを回避し、働きやすい環境をつくります。また、新規事業で成果を上げた社員の傾向を分析し、その傾向に似た社員を探すことで、新規事業を任せられる社員の候補を見つけられます。

■会社概要
会社名:株式会社ミツカリ
代表取締役:井上 真大/表 孝憲(二代表制)
URL:https://mitsucari.com
設立 :2015年5月25日
資本金:100,000,000円
本社所在地:東京都品川区東五反田2丁目3番3号 東五反田AMビル5階
受賞歴:
・第1回HRテクノロジー大賞 注目スタートアップ賞
・第5期富士通アクセラレータープログラム 優秀賞
・第5回Rise Up Festa 情報・ネットサービス部門最優秀賞
・HR Tech GP2018 人事賞
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ミツカリ >
  3. 人と組織のミスマッチを解消する「ミツカリ」を運営する株式会社ミライセルフが「株式会社ミツカリ」へ社名変更