アプライド マテリアルズ 2018年サプライヤーエクセレンス賞を発表

アプライド マテリアルズ(Applied Materials, Inc., Nasdaq:AMAT、本社:米国カリフォルニア州サンタクララ、社長兼CEO ゲイリー・E・ディッカーソン)は11月29日(現地時間)、この1年間を通してアプライド マテリアルズの事業に寄与したサプライヤー9社にサプライヤーエクセレンス賞を授与したことを発表しました。
この賞は、品質、サービス、リードタイム短縮、納期遵守、コスト、持続可能性などの分野で抜群の業績を収めた企業を表彰するものです。表彰式はエグゼクティブ サプライヤー フォーラムの場で行われました。このイベントは、サプライヤーとの緊密な関係構築、優先課題と重点分野の共有、サプライヤーの参加意識向上を目指して毎年アプライド マテリアルズが主催するものです。

アプライド マテリアルズのエンジニアリング・オペレーション・品質担当シニアバイスプレジデント、ジーノ・アディエゴは次のように述べています。「アプライド マテリアルズはイノベーションリーダーとして、サプライチェーン全体に対し技術と運用の両面で高い基準を設けています。2018年サプライヤーエクセレンス賞を受賞された各社の皆様には、当社がお客様の重要な技術転換を可能にする新製品投入にあたって多大な貢献をいただき、感謝いたします」

この1年間、各カテゴリーでアプライド マテリアルズが掲げる業績目標を一貫して達成、ないしそれ以上の成績を収めた受賞企業は以下のとおりです。

先進的材料
トーカロ株式会社

アフターマーケット
河北ライティングソリューションズ株式会社

ビルドトゥープリント
Cortec Precision Sheetmetal Inc.

協業・イノベーション
株式会社フジキン

製造委託
FoxSemicon Integrated Technology Inc.

情報技術
Dell Inc.
SOAIS

OEMサプライヤー
株式会社島津製作所

特殊プロセス
Pentagon Technologies, Inc.

アプライド マテリアルズ(Nasdaq: AMAT)は、マテリアルズ エンジニアリングのソリューションを提供するリーダーとして、世界中のほぼ全ての半導体チップや先進ディスプレイの製造に寄与します。原子レベルの材料制御を産業規模で実現する専門知識により、お客様が可能性を現実に変えるのを支援します。アプライド マテリアルズはイノベーションを通じて未来をひらく技術を可能にします。

詳しい情報はホームページ:http://www.appliedmaterials.com でもご覧いただけます。
********************************************************************************
このリリースは11月29日米国においてアプライド マテリアルズが行った英文プレスリリースをアプライド  マテリアルズ ジャパン株式会社が翻訳の上、発表するものです。

アプライド マテリアルズ ジャパン株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:中尾 均)は1979年10月に設立。大阪支店のほか14のサービスセンターを置き、日本の顧客へのサポート体制を整えています。

このリリースに関する詳しいお問い合わせは下記へ
アプライド マテリアルズ ジャパン株式会社 (Tel: 03-6812-6801)
ホームページ: http://www.appliedmaterials.com
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アプライド マテリアルズ ジャパン 株式会社 >
  3. アプライド マテリアルズ 2018年サプライヤーエクセレンス賞を発表